FC2ブログ
猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するTerima kasih banyak

LIFE

IMG_6382_convert_20201231152749.jpg

若き日の父と、ギャン泣きしている赤子の自分の写真。

結局、今年は一度も帰省できなかったな。
夏に旅立った父を見送ることすらできなかったのだから、今のこの状況で帰省できるわけがないのは当然といえば当然の年末年始でございます(本日発表された東京の感染者数は1300人超え……自分が感染するのも怖いが、もし人に感染させてしまったらと思うとそれも怖すぎなので帰省しなくてまじでよかった……)

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きてから、何か事あるごとに「それが起きたのは2011年3月11日より前なのか後なのか」と考えるようになっていましたが、これからは「2020年以前か以降か」という基準も自分の中に加わりそう。
世界的に大変な一年だったことはいうまでもありませんが、個人的にもある意味、人生の節目的な一年でありました。

でもとにかくよかったことは、あの日仕事のために外に出て、ああこれは苦しすぎて本当にもう無理、と自分の身体の異常さを自覚し、その足で近所の個人医院に向かって診察を受け、医師が「大きな病院できちんと診てもらって」と紹介状をすぐに書いてくださり、紹介先の病院で良い主治医に巡り会うことができ、以後、順調に治療が続いていること。
根治することはなく、今後もゆっくり進行し続けていく病気だといわれてはいるけれど、治療のおかげで今はまったく身体的な苦しさはなく、心身ともにとても穏やかな状態でパチパチとPCのキーボードを叩いている2020年大晦日。
ありがたいことです。。。

自分的に大きな出来事があるとブログに書き残しておきたくなるため、あれこれ思いのままに書きなぐっては読んでくださる方にご心配をおかけしてしまっていましたが、やさしいお言葉や温かいお気持ちをいただいて、本当に本当にうれしかったです。とても励みになっております。
言葉では全然言い尽くせませんが、この場を借りて心から感謝申し上げます。
どうもありがとうございます。

来年(つまり明日から)はブログももっと更新したいものだと思っておりまするー
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この記事のみを表示する東京も秋色

TOKYO

IMG_6031_convert_20201117194725.jpg

なんだかただひたすらにバタバタで余裕のない日々。
きれいな景色を眺めにどこかへ出かけたいけれど、それどころではないかなしさよ。
しかし通院の帰り道、色づく木々に出会えてうれしい。

IMG_6036_convert_20201117194648.jpg

大家さん都合による退去を言い渡されてから早2カ月。
引っ越し先は今住んでいるところから徒歩5分くらいのところに決定。
近場で移動できるのはとてもありがたいしこの街に住み続けることができるのもうれしいのだけれど、今より部屋は狭くなり、家賃は高くなる現実(今住んでいるところが部屋が広くて家賃が安いという特殊物件ではあるのだが)。
かなり物を処分しないと入りきらないよーでも物が多すぎてもはや何も考えたくないー手がつけられないー
早く落ち着きたい。

この記事のみを表示する本店で松花堂弁当

FOODS

IMG_5837_convert_20201029023441.jpg

神楽坂は毘沙門天の真向かいにある鳥茶屋本店。

IMG_5841_convert_20201029023424.jpg

今月末で閉店とのこと。

しばらく訪れていなかったけれど、よい思い出がたくさんあるお店。
ずーっと前に両親が上京したときに、ここでうどんすきをいただいた。
おいしい、おいしい、と上機嫌だった父の笑顔が記憶の中でよみがえる。
お店がなくなっても忘れません。

IMG_5827_convert_20201029023526.jpg

しかしこちらでのわたしのラストランチは思い出深いうどんすきではなく、初めての松花堂弁当にしたのであった。
一品一品、どれもおいしくて素晴らしかったな。
うどんすきをはじめ、鳥茶屋のお料理は今後も別亭でいただくことができる。


この記事のみを表示する散歩記20201025

TOKYO

IMG_5789_convert_20201026074131.jpg

住宅街を散歩をしているとハロウィーンの飾り付けをしているおうちが目につく。
そんな中で「うわっ、かっこいいー」と思わず足を止めたのがこちらのゴーストさん。
これを作って飾る人のセンスがとても好きだな。

IMG_5793_convert_20201026074113.jpg

ネコさんにも会えた。
近隣のおうちの人にごはんをもらっているようだった。
元気でね。

この記事のみを表示するまぼろしの

JOY-POPS

IMG_5617_convert_20201005193756.jpg

夕方の散歩から戻ってメールチェックをしたら、JOY-POPS「TOUR 2020 NEXT DOOR」全公演中止のお知らせが。
わたしは札幌、広島、渋谷のチケットを取っていた。

IMG_5618_convert_20201005193441.jpg

札幌はなんと最前列だったのだ。
このチケットを手にしたとき、まず思ったことは「やせなくちゃ」だったな。そこかよ~
2021年1月15日に振替公演が行われる予定だった。

IMG_5619_convert_20201005193846.jpg

広島は3列目。やはりやせないと、と思いましたね。なんのこっちゃよ。
振替公演は2020年11月27日の予定だった。

IMG_5620_convert_20201005193458.jpg

渋谷は14列目。自意識過剰になることなく、落ち着いて観ることができそうな席だったな。
振替公演予定日は2021年1月22日だった。

渋谷のみ、12月5日に有観客と生配信で公演が行われるそう。

チケットを取ったのは2月下旬頃で、すでにいろいろと不穏な状況ではあったはずだが、自分としてはまだ楽観的に考えていた。
あっという間にいろんなことがものすごく変わってしまったなと改めて感じてしまう。

しかしどんな形であれ、またどこかの会場でステージに立つ彼らを観ることができる日はくる。
それまでしっかり生きるとしよう。
あと、運よく最前列がまた取れたときに焦らなくてすむよう、ちゃんとやせておこう。




この記事のみを表示する10月だ

DAILY

IMG_5546_convert_20201001220139.jpg

9月中はほとんど廃人状態でありました。
10月はもうちょっと活動的な人間になりたい。

今年は本当に次から次へといろんなことが起こる年でありますが、
今度は大家さんの都合で急遽、今の住まいを退去しなくてはならない事態に。
転居先は未定ですが、どこに引っ越しても今より生活が改善する部分はかなり多いと思われるので、その点は万々歳。
しかし今の住まいはいろいろと悪条件ながら、内見したときに「ここに住みたい!」と瞬時に思った大きなポイントがありました。
それは窓からの景色。グリーングリーン。
風通しもよく、湿度の低い春と秋は窓を開けて過ごしていると最高に気持ちよくてね。ああ、離れ難し。

何はともあれ心機一転、新しい生活に向けて進むのだー


この記事のみを表示する黒猫白猫

TOKYO

IMG_5180_convert_20200903182658.jpg

都内某所の住宅街を歩いていたら黒猫さんと白猫さんに遭遇。

IMG_5185_convert_20200903182732.jpg

黒猫さんに近づいたら、自転車の車輪の向こうに移動されてしまった。
近づかれるのはいやなんだねーじゃましてごめんねーと思っていたら

IMG_5187_convert_20200903182715.jpg

なぜかネコチャンのほうから近寄ってきてくれた。

IMG_5188_convert_20200903182634.jpg

久しぶりに猫を撫でさせていただいたー
なんと心の安らぐことか。
ありがとうね。

IMG_5189_convert_20200903182620.jpg

その後、黒猫さんは白猫さんのもとへ。
爆睡中の白猫さんも一瞬起きて、黒猫さんを歓迎していた。仲良しなんだね。

IMG_5192_convert_20200903182601.jpg

絶妙な寝顔でわたしを見送ってくれた白猫さん。
ふたりとも熱中症に気をつけて。元気でねー。

楽しいけれど密度の濃すぎる仕事でヘトヘト、しかもあり得ないうっかりミスをしでかしてしまった一日。
でも猫に触れた余韻がずっと残っていて、ああなんだかいい日だったなと幸せを感じている。
やっぱり猫は偉大。

この記事のみを表示する父のカメラの中から

LIFE

P4120041_convert_20200901215306.jpg

南相馬市原町区・雲雀ヶ原

P5140017_convert_20200901220121.jpg

実家の庭

P2160032_convert_20200901215450.jpg

実家の庭

P8160008_convert_20200901215518.jpg

近所の畑

P4150068_convert_20200901220549.jpg

実家の玄関

PB270010_convert_20200901215619.jpg

南相馬市原町区・ご本陣山

形見にもらった父のコンパクトデジタルカメラの中には、花や草木の写真がたくさん残されていた。
わたしの画像フォルダは食べ物の写真であふれているけれど、花や草木もそれなりに多い。
親子だな~などと今さらながら思った次第でした。

この記事のみを表示するありがとうだけは言いたかった

LIFE

父の日の贈り物の通販の手配は、5月の早い時期にすでにしていたのだった。
父の好きな日本酒を。
注文したとき父は入院していたが、当初医師から伝えられていた入院予定期間から考えて、父の日までには退院できるのだろうと信じ込んでいた。

しかし病状は良くならず、父の入院は長引いた。
父の日、せめてもと病床の父と電話で話した。
「お酒を送ったから、早く良くなって飲んでね」
そのときはこんな呑気なこともまだ言えた。
父としては長期にわたる入院生活に対する不満や憂鬱さが積もりに積もっていたようだったけれど、きっと良くなるはずだと根拠のない希望をわたしは勝手に抱いていた。
電話を切るときに、父は「ありがとう」とわたしに言った。

結局、それが自分が聴いた、父の最後の言葉になってしまった。

父の病状はどんどん悪化し、7月の中旬に転院した大学病院では「もう手の施しようがない」「余命は長くてもあと2カ月程度だろう」と宣告された。

……といった話をわたしは母から聴くのみで、実際にどういう状況なのか自分では何ひとつ見ていないし、聴いていない。
地元の病院に戻り、終末期のケアを受けている父に一目でいいから会いたいと思った。
しかし病院では家族の短時間での面会はできるようになったものの、県外から訪れる人の面会は禁止されている。
夢の中では会いに行くことができたときもあったけれど、現実には叶わなかった。

8月3日の未明、ふと目を覚ましてスマートフォンを見たら母からショートメールが届いていた。
「お父さん今、危篤です
声を聴かせたいから目が覚めたら電話ください」

すぐに電話をかけた。
「大きな声で話しかけて」と母。
何を言えばいいのかわからなかった。
でもずっとこれだけは言いたかった。
「ありがとう」

スマートフォン越しに父の荒い息遣いが聞こえた。
お父さん、今まで本当にありがとうね。
わたしの声は聞こえたかな。
どうして生きていて元気なときにもっともっと伝えなかったのかな。

家族と相談し、納得したうえで通夜にも葬儀にもわたしは出席しなかった。
母を始め、身内は基礎疾患をもつ高齢者が多い。
今この時期に東京から移動することはできないと判断した。
葬儀屋さんはじめ地元の人々も、東京からは来てほしくないという思いがやはり強いようだった。

この状況では仕方がなかったと思うしかない。
でも、父を見送ることができなかった。
父の顔を見てお別れが言えなかった。
後からどんどん堪えてくるね、こういうことは。

今年の正月の帰省時、地元から東京に帰る日に実家の玄関先で見送ってくれたのが、わたしが見た最後の父の姿。
いつも「ありがとう」とか「体に気をつけて」とか言ってもらってばかりだった。
見送ってもらってばかりだった。
どういうことなんだろうな、これは。




この記事のみを表示する肉肉野菜テイクアウト

FOODS

IMG_4515_convert_20200724042803.jpg

ここ最近の神楽坂(主に6丁目界隈)でのテイクアウト記録を。
6月下旬~7月上旬はやたらと肉料理を欲しておりました(今はだいぶ落ち着いた)。

ラムダック東京のラムグリル&ドライカレー

IMG_4491_(1)_convert_20200724024124.jpg

ふたを開けるとたっぷりのパクチー。
パクチー好きとしてはこの瞬間に「わーい♪」となりますな。

IMG_4492_(1)_convert_20200724024143.jpg

ドライカレーの上にトマト、タマネギのグリル、ポテトフライ。
そしてその上にラムグリル、トッピングにパクチーという構造。
ラムグリルの香ばしさよ。
がっつり系を欲していた日だったので非常に満足しました。

カリーナ カリーナの牛タンの赤ワイン煮とパテ

IMG_4343_(2)_convert_20200724024318.jpg

ボリュームのある牛タン。
こちらのお店はほぼ常時、店頭でテイクアウト用の料理を販売しているのですが、
ある日お店の前を通りかかったら「出来立てですよー」との呼び声が。
買わずにいられましょうか。いられません。

IMG_4344_(1)_convert_20200724024305.jpg

そのうえさらに肉料理を購入。
しかしこのパテもおいしかったー

ダブル肉料理により、わたしの脳と胃袋はかなり満たされたのでありました。

バリスパのロティサリーチキン

IMG_4516_convert_20200724024340.jpg

スーパーマーケットのキムラヤの店頭に月1回ペースくらいで出店されている移動販売のローストチキン屋さん。
以前からちょくちょく購入しております。
ほどよい塩加減のチキンもさることながら、芋! 芋もとてもよい~

神楽坂アッカのアッカ・プランツォ(15種野菜のサラダ、旬野菜のグラタン、バケット)

IMG_4537_(2)_convert_20200724040946.jpg

野菜は契約農家直送のものらしい。
自宅で作るサラダってなかなかこういう味にできないんだよねー、さすがだなーなどと思いながらいただきました。
温野菜をしっかり温かい状態でセットしてくださったのもうれしかったな。

いずれのお店もぜひまたテイクアウトなりイートインなりしたい。
胃袋が足りません。