猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する台湾鉄道弁当@劉の店

FOODS



先日錦糸町に行った真の?目的は、
『アジア台湾厨房 劉の店』の鉄道弁当でありました。

アルミ製のお弁当箱を開けると……↓



上の段にはアツアツの排骨肉、味つけ玉子、高菜炒めと沢庵。



下の段にはほかほかご飯、その上にのったキャベツ&にんじん炒めの
ホイコーローっぽいたれがしみこんでいて食が進む~。



鉄道弁当の全貌?です。
このお弁当箱がなんともいえずいいのよね。
ご飯もおかずもますます美味しく感じます。

この鉄道弁当、台湾ではメジャーなものらしいですが、
都内では錦糸町のこのお店と、同じく錦糸町にある
姉妹店の『梅園』が有名なようです。

鉄道弁当は↓この本の表紙にもなっています。



この本を読んでいると、とっても幸せな気分になれる今日この頃。
もちろんインドネシアのお弁当は、みんなの大好きなあれですよ~!
各国のお弁当のおかずのレシピなども紹介されていて、
久しぶりに私の料理欲を高めてくれる!?一冊でもあります♪
もちろん最近はちゃんと仕事に手作り弁当持って行ってるもんね(←なんの自慢だ・爆)。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

おはようございます。
ほんとアルミ製のお弁当箱が素敵ですねー。
味付け卵がたまりません、お肉もおいしそう・・・
インドネシアのお弁当はあれですか?こんど本屋さんで正解見てみよっと。

No titleNo title

あ~~、これはいい!! 初めて知りました、弁当&本も。
アルミの弁当箱にしろ、盛りつけにしろ
一見そっけないけど、実はすんごいうまいっていう
感じがよい~~。なんか、米のおかずにピッタリって
思えるよねえ。シンプルイズベスト、ビバ弁当!

No titleNo title

ごきげんさ~ん。
おいしそうなお弁当だわ~。台湾にも行きたくなっちゃうにゃ。
今回はハンガリーからチェコのプラハに列車で移動するから、列車弁当食べれるかも!
そうそう~無事にスーツケース届きました!!
やまさまに根拠のない安心感を頂いているだけあります。笑
ウ子を見守ってくださる皆様が口をそろえる【ウ子ちゃんは大丈夫】って何なんでしょうね?
ありがたや~~。
ついでに、うちの母にも「ウ子ちゃんは大丈夫ですよ~」って伝えてください★
そんなこんなで、行ってきます!!

No titleNo title

∵ひなたさん
こんばんは!
このお弁当箱、いいですよね~♪
味付け卵ももともと大好きなのですが、これは八角がきいた台湾風味?で
とてもおいしゅうございました~。
インドネシアのお弁当、そう、あれです(笑)。
厳密にはお弁当ではない、という説明も本の中ではされているのですが、
以前バリで日本語勉強中のバリニーズがあれのことを
「日本でいうと幕の内ベント」と説明してくれたこともありました(笑)。

No titleNo title

∵yasupinちゃん
こんばんは!
んねっ、これはいいっしょ~!?
まさにお米にぴったりのおかずがドドーン!で満足&満腹でした。
旅先で列車に乗りながら食べたらまた格別でしょうなぁ♪
ほんと、ビバ弁当!! だね~☆
この本にのっているいろんなお弁当ストーリーもよいのです。
母のお弁当を思い出したりもしましたよん。ビバです~。

No titleNo title

∵ウ子ちゃん
こんばんは!
うん、私も台湾に行きたくなっちゃったんだにゃ(笑)。
ハンガリーからプラハまでは列車の旅なんだ~!楽しそう~!
どんな列車弁当があるんだろー。
ぜひともご帰国されたらいろいろ教えてほしいわん♪

スーツケース、よかった!!
やっぱりウ子ちゃんは大丈夫だ(笑)。
そういうところがウ子ちゃんの素晴らしさであり魅力ですもの。
ウ子ちゃんのお母様! ウ子ちゃんはぜーったい大丈夫ですよ~
(ってここで書いてもだよね・爆)。

楽しく素敵な旅でありますように。行ってらっしゃ~い!!

No titleNo title

お弁当の本,たまたま本屋で見かけて
購入した後,この記事を見たので
その偶然にびっくり&嬉しくなっちゃった鯔です~.
日本で台湾駅弁が食べられるお店があるんだね~.
お弁当箱は…さすがにくれないよね(笑)

No titleNo title

∵鯔ちゃん
こちらにもありがとう~!
おっ、鯔ちゃんも購入されてましたか!
実はこの本を読みながら何度も鯔ちゃんの男前弁当のことを
思い出してたのでした。
鯔ちゃんなら全部上手に作れそうだわぁ、と。

このお弁当、要予約&1日5個限定でお弁当箱&お弁当箱入れ付きで
売ってくれるらしいんだけど、そうなると1個3000円とかで……
(お店で食べれば997円)。
さすがにくれはしないんだね(笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)