猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するあっちの夕陽とこっちの夕暮れ

BALI―バリの空



初めてバリ島の地に立ったのは、1990年11月初旬のある夜。
コンチネンタル航空のタラップを降りて、
国際空港にしてはやけに素朴に感じる建物のエントランスへと、
他の乗客たちとともに向かう。
湿った夜の匂い。一気に上がる体感温度。
熱帯の濃密な空気に覆われた駐機場を、
興奮に胸を躍らせながらずんずん歩き進む。
機内で席が隣り同士だった同年代の男子が、
「月だよ」とバリの夜空を見上げて教えてくれた。
満月に近い、きれいな月。
それまで日本でしか見たことのなかった月が、
ここでも同じように輝いている。
異国の地で、初めて遠く離れた日本を想った瞬間だった。


そしてその旅以来、日本で月を見る時には、バリの夜を想うようになった。


つい先日、ちょっとした野暮用があって、バリの友達の携帯に電話をかけた。
友達はその時ちょうどたまたま、
西のプラキ寺院近くの海岸を歩いているところだったらしい。
話の途中で突然、「うおっ、バグースっ!」と電話の向こうで声をあげる友。
「バグースって、何が?」
「夕陽がぁ~~~! きれいだぁ~~~!」
自分の時計を見てみると、18時半を回ったところだった。
ということはあっちは17時半過ぎくらいかー。
こっちはもうすっかり日が暮れているけれど、
あっちは今、サンセットのショータイムが始まったところなのかー。

その時間帯のバリの匂いや風や温度までもが
不意によみがえってきて、心がぐらぐらに揺れた。揺さぶられた。



だけど、日常の中で見慣れた東京の夕景もやっぱり美しく、
この空の下であっちもこっちもつながっていることを教えてくれる。

日本の夕暮れ時には、バリの夕陽を想う。

心の中にそういう場所ができてよかった。
そんな時、ちょっとだけそう思う。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

>日本の夕暮れ時には、バリの夕陽を想う。

心の中にそういう場所ができてよかった。
そんな時、ちょっとだけそう思う。

 激しく同意です!!
 バリに行くまで空を見上げて何かを思うとか、そう無かったんです。
 バリに行って「空が青い」「★がきれい」
 「緑がきれい」「夕陽がきれい」って自然を見る事ができました。
 それからです日本でも「今日の夕陽はきれいな、ウブドみたい」と
 空を見上げるようになったのは・
 
 疲れて帰るときにバリと似た夕陽や★を見ると疲れがふっとびます。
 
 バリと出会えてよかった~って思う瞬間です。
 
 そんなバリと出会ってもうすぐ5年目。
 
 バリと日本、遠く離れてるケド、空はつながってるんですね。
 電話で「バグース」とか言われると見たくてたまらなくなりますね。

No titleNo title

pipiちゃん
おはよう~!
ほんとにバリと出会えてよかったよね♪
遠く離れていてもいつでも思い出せたり、いろんな想像ができたりするおかげで、
ほんとに疲れがふっとんだり、あったかい気持ちになれたりすることがあるもんねー。
しかしそうなのよ、電話で今まさに「バグース」なんだって言われちゃうとねぇ…。
やっぱり、「どこでもドア」ください(笑)。

No titleNo title

こんにちは~~!!
すっごぃ分かります~~。今まで同じコトを感じてぃたけど,こぅも明確に表現してる文章に出会ったのは初めてです(o ̄∇ ̄)o
心がぐらぐら揺れる,とか分かりますょ~~ぉ!!

電話の向こぅでガムランゃトッケーの鳴き声が聞こぇたりすると…。もぅBALIのニォィまでしてくる…みたぃな感覚…。
私もそんな場所と出会ぇて本当にょかったと思ってぃます。

No titleNo title

gunungさん~こんばんは。
あっちの夕日とこっちの夕暮れ....
そっかぁ....場所が違っても、時間が少しずれただけで同じ夕日を見てるんですね^^
そう考えると、とぉっても不思議です~
ちょっとした、気象条件で同じ太陽が全く違って見えてるかもしれないなんて....考えただけでもジワジワと心が温まってきます~

そうそう、初バリの時....飛行機を降りた瞬間....ジワ~ッって熱帯の湿った匂いが感じられて、驚いたのを覚えてます~

No titleNo title

今年はベランダでゴーヤ君作ってたせいか夕陽をよく眺めました★
本当、バリの夕陽に想いを寄せてましたね♪

冬期、早朝から車で出張に行くときは朝日が後ろから追って来ますが
高速走っての朝日はバリを想うことはないですねぇ・・・

来年は私の渡バリ10周年です。

No titleNo title

もひょつさん
おはようございまーす!
分かってもらえてとってもうれしいです(涙)。どうもありがとう~!
そうなんですよね、バリに電話すると、電話の向こうから
日本ではまず聞かれないいろんな音が聞こえてきて、
それにもまたぐらぐら揺れちゃうんですよね……。
「なぜこんな時間に鶏の鳴き声が?」というような時とかも、
めっちゃバリだなぁ~と感じて、楽しいやらせつないやら(笑)。
でもほんと、出会えた喜びを感じますよね♪

No titleNo title

meroさん
おはようございま~す!
そうそう、同じ夕陽、同じ太陽なんだけど、気象条件によって全く違って
見えてるんですよねー。
こっちはこうだけど、あっちは今頃どんな風に見えてるんだろうとか考えると、
今すぐ行きたい恋しさももちろん募るけれど、やっぱり心が温まってくるんですよね。

初バリで飛行機を降りた瞬間のこと、meroさんもやはりそうでしたか!
今ではバリに着いてまずあの匂いを感じると、「還ってきた~」という
気持ちになれたりしますよね♪

No titleNo title

ぱうだーさん
おはようございま~す!
ぱうだーさんのゴーヤ君の記事にアップされていた夕陽の写真、
とってもきれいで印象的でした。
東京の夕陽もきれいなんだなぁ…とその時も改めて思っていたのです~。

高速から見る朝日…、確かにバリとはちょっと遠い感じかしらん…。
そしてそういえば私は日本ではほとんど朝日を拝む機会がないことに
気づきました。飲み明かした朝くらい!?(爆)
早くまたバリの朝日が拝みたいものでするー。

来年は祝!渡バリ10周年♪なのですね☆
どんな記念イベントが待っているのかしら~。私もなぜかワクワク!?(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)