猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する腹七分目@JAL機内食

BALI―空の旅



2008年2月28日(木)。
15時50分発のJL729便、前方A席の窓より。
成田空港第2ターミナルよ、さようなら~の瞬間。



渡バリでは初めてのJAL。
というだけでなく、国際線のJALに乗ること自体が思えば初めてでした。
JALもGAと同じく、エコノミー席はパーソナルモニター付きじゃないんですね。。。


今回は往復の機内食のことを中心にアップします。


まず最初のドリンクサービスで赤ワイン。
おつまみはJALオリジナルのプチおかき等の詰め合わせ。
本当はビールもいきたかったけど、ワゴン上にはスーパードライしか
見えなかったのでなんとなく躊躇。
バリバリさんのこちらの記事にて
ビールはエビスやプレミアムがあることがご紹介されています!
↓で触れている梅酒も美味しいとのこと!要チェックです!




各シートにドリンクのメニューが用意されていました。
柚子ドリンクがあるのはうれしいな……結局飲まなかったけど。
アルコールメニューに梅酒があるのもいいなと思ったな……結局飲まなかったけど。



多分17時頃の空。雲の上はまだまだ明るいです。
そして確か17時半くらいから機内食のサービス開始。



魚料理と鶏肉料理が用意されていて、私は魚を選択。
白身魚のスパイシーソース煮込みとか、そういうようなメニュー名でした。
スパイシーソースにちょっと期待したんだけど、辛さはほとんどなくて残念。



中華風シーフード春雨サラダ、という感じの一品。
美味しかったです。



サラダの生野菜もしゃきっと新鮮。
JALオリジナルの柚子ドレッシングもさっぱりと美味でした。



デザートのプチシューも甘さ控えめで上品なお味。



さすがに日本人の舌に合う味ばかりですなぁ…と思いました。
きっと量なども、体に負担がかからないよう日本人向けに考慮されているのかもしれません。
ご飯とパンという非日常的ダブル炭水化物コンビは、機内食のお約束ということで!?
しっかりトレー上に存在していますが。
でもって、私はご飯もパンもおかずもデザートも、すべて完食しました。
それなのに満腹感には程遠かったのはなぜなのか……。
思うにご飯の量も少なめだし、サイドメニューもどっちもサラダ系であっさりめ。
私の胃袋には腹七分目な感じだったのでした。



夕食を終えても、まだ外は明るいなりー。



食後にお水のペットボトルが配られました。
JALにはビンタンビールはないけどアクアはあるのね~!
バリ気分がちょっとだけ上がりました。



夕食をすっかり消化してしまう頃に(@マイ胃袋の話です…消化、早ッ)
ようやく日が暮れてきました。



そして機内の乾燥極まれり……、で喉がカラカラになってきた頃に
タイミングよくアイスクリームのサービスが。
これもまたJALオリジナルですのね…。

JL729便は確かほぼ定刻通りの22時30分頃にングラ・ライ空港に到着。
(ちょっと時間が早まったんだったかな?)
機内ではまったく動かずほとんど寝ていただけだし、
普段の生活ではいつも19時頃には夕食を済ませていることを考えれば、
この時間にそんなにお腹がすくことはないはずなんだけど、
なんといってもあの機内食は腹七分目でありました……。
バリに着いてまず思ったことは、「お腹がすいた……」



ウブドから空港に迎えにきてくれていた友達ドライバーにも、
「アパカバール?(元気だったー?)」とかの挨拶はそこそこに、
「ラパール!!(お腹がすいた)」と会うなり訴えまくり。
我ながらひどすぎです。
そしてこの後は当然、深夜の夜食へと走ったわけですが、
それはまた改めてアップします。

引き続き帰国便のことを(ほんと長くてスミマセン)。



3月2日(日)、23時55分発のJL720便。
帰りは2階席の窓側のシートになりました。
向こうに見えるのは上海航空。

雷雨のために出発時間が少し遅れたのですが、
離陸前から爆睡していたので、いつ飛び立ったのか不明……。



爆睡していたのに夜食タイムにはしっかり起床。
夜食のサービスは午前2時くらいだったのかな。
時間を考えればマドレーヌ1個でも十分なのですが、
これだけなんだーと寝ぼけながらも厚かましく思った私でした。
そしてまたまたJALオリジナル……。
同じオリジナルならそばですかいとかがよかったな~とか
勝手に期待しすぎですかい。



ところで2階席のほうがゆったりしていて快適でした、JAL。



朝食は5時~6時の間くらいだったかな。
2階席は全員おかゆでした。1階には洋食もあったのかどうかは不明。
おかゆはあっさり、美味しかったです。



お蕎麦があって、ちょっとうれしかった。
昆布巻き、焼き鮭、玉子焼き、もそれぞれ普通に日本の味。



フルーツとヨーグルトもありました。
しかしこれがまた量的には、私にとっては腹七分目以下な感じで……。
いつもそういうわけではないのですが、この日はとにかく朝から食欲全開。



すでに日本上空。
遠くに富士山の頭が見えたので撮ったはずなのですが、
この写真ではどこにも見えませんよね、富士山……(汗)。
バリからの出発は予定より遅れたものの、日本着は予定よりも確かちょっと早かったはず。
朝7時半くらいには成田空港に着陸していたと思います(予定時刻は7時45分)。
成田に着いてまず思ったことはやはり……。
「お腹がすいた」ということでした。

自分の胃袋のキャパのことはさておき、JALの機内食を振り返ってみると、
全体的に洗練されていて、健康的といえるメニューだったのではないかと思います。
でも個人的には、実は機内食にはちょっとジャンクな要素を求めているのだな…と
いうことにも気づかされました。
「何じゃこりゃ~」とか「もうこんなに入らないよぉ~」とか
そういうサプライズと、いろんな意味でのお腹いっぱい感が自分は欲しいのだなと……。
まったく客というのは勝手なものですね!?
(いえ、単に私が勝手なだけでした・爆)


baik2さんのこちらの記事では
GAのベジタリアンミールがアップされています!
これって私の胃袋にはいったい何分目…? な超健康的機内食も必見です!


コメントの投稿

secret

No titleNo title

こんばんは。
 なんか豪華です・・JAL。お粥もしいたけ入ってないし~。梅そばですかな?
 せっかく爆睡してて起きたのに、このパン1個は辛いナ。
 関空発に乗ってください!テレビあるから(笑)
 
  私も一度でいいから「もう無理」て残してみたいです。
  今も残すケド・・・(嫌いな物とか)
 到着後に食べた物も気になります~。
 (今回のGA食は当たりでしたよ 個人的に)

No titleNo title

こんばんはー!
今日私もgunungさんのこの記事に触発されて(笑)JALの機内食UPしてみました~。でTBさせてもらいましたわ!
というかgunungさんの記事読んで、何箇所も『そうそう。私もそうなのよね~』って思ったのがおかしたったな。
私偶然にも今回初梅酒もオーダーしておいしかったの!
でビールはエビスもプレミアムのちゃんとあるので、もし今後JAL利用のときは飲んじゃってね(笑)

No titleNo title

pipiちゃん
こんばんは~!
うん、やっぱり日本の航空会社なんだなぁーと感じる上品さがありましたわ、全体的に。
おそば、梅の風味までは感じなかったけど、色からするときっとそうなんだよネ。
でも総合的にはGAのほうがやっぱり好きだなぁと思ってしまいました、個人的には…。

関空発のJALはテレビ付きなんだー!ほんと、関空からも一度は乗ってみたいです(笑)。

「もう無理」状態はアメリカ行きとかもっと長距離の便に乗ると、確実になれると
思うわよん(笑)。一食が多いというよりも、何度も出てくるからだけど…。
そして米系エアはジャンク度もかなり高し(爆)。

到着後の夜食は次回アップしますね~♪

No titleNo title

バリバリさん
こんばんは~!
わーい!TBありがとうございます!
私も後ほどお返しさせてくださいね♪
そうなのね、梅酒はやっぱり美味しいんだあ~!
そしてビールもエビスもプレミアムもちゃんとあったのでつね…。
日系エアラインだもん、そうですよねー。ああ、ためらって損しましたー(爆)。
では後ほどおじゃましま~す!

No titleNo title

アラックです。
JALですね、大昔に乗りました、結構美味しそうですね。
エビが良いですね、もう最近はGAさんばかりなんですよ、ビンタンが
待っていてくれます。
でも、シャンペンばかり(多分機内で1本飲み干した後に、コニャックで映画を見ていますね。
昔は、JALでジャカルタで入国審査をして、団体さんの旗のもとにみんなで並んでGAの国内便に乗っていましたね。
アラック爺の頃はJALはジャカルタ便のみでした。
昔はいろいろありました。
なんて、新しい情報をいっぱい待っています、何時も楽しみにしています。

No titleNo title

こちらにも失礼します。
JALはたしか初海外のオーストラリアに行く時に乗りました。
機内食はさっぱり覚えてません^^;
中華風シーフード春雨サラダがおいしそう♪
そうですよね、そういえばいつも、何故ご飯なのにさらにパンをとりあえずつけるのか・・・って心の中でつぶやいてました(笑)
私の乗った数少ない飛行機の中では、もう無理ですから・・・ってくらい
食べさせてくれたのはエミレーツだったなぁ。
夕暮れの写真、綺麗ですねぇ^^


No titleNo title

あはは!会うなり”ラパール!”連呼のやまさんには、ドライバーさんも
びっくりですね~(笑)

No titleNo title

アラックさん
おはようございます!
JALって昔はジャカルタでGAの国内線に乗り換えだったんですかー。
今は往復とも直行なので、その点はかなり楽だなぁと思いました、JAL。
GAも好きなんですけど、意外と帰りのジャカルタトランジットで気分的に
疲れていたんだなーとちょっと思ったりしました。それも贅沢な話ですけどね(笑)。

アラックさんはGAではシャンペン→コニャックなんですね~!かっこいいー!
でもほんと、ビンタンが待っていてくれるのはうれしいですよね。
いつも楽しみにしてくださっているなんて、本当にありがとうございます!

No titleNo title

ひなたさん
こちらにもありがとうです!
ひなたさんの初海外はオーストラリアだったのですね♪
私はコンチネンタル航空のグアム経由でバリでした。
私も機内食に何が出たのかは覚えてないんだけど、マズかった…という
印象だけはいまだに残ってるんですよね(あまりにも薄情すぎる記憶力・爆)。

ご飯にパンにそば、というトリプル炭水化物の時もありますよね(笑)。
エミレーツの機内食も興味津々ですわ~!
そして夕方発のJALは、上空からの夕陽をばっちり拝めるのもいいところだなーと
思いましたです。ほんときれいでしたー!

No titleNo title

Pちゃん
おはよう~!
びっくり&同情して(笑)どこか近場の食事処に寄ってくれると私としては
ありがたかったのですが、「ウブドに着くまで我慢してよ」と軽くスルーされたので、
車中でもずーっと「ラパール、ラパール、ラパールスカリ、サンガットラパール~!」と
連呼するハメになった私でした…。じゃなくて、連呼されるハメになったドライバくんでした(笑)。

No titleNo title

ワタシのとこは貧相な話題ですが(健康的過ぎ?)、機内食繋がりってことで
Tバック穿かせて頂きました。

七分目でもいいので、JAL機内食、上空から一人前落ちてこないかしらん(^^;

No titleNo title

baik2さん
こんばんは!
Tバックお穿きいただきまして(笑)、ありがとうございます~!
後ほど裏返しに伺いまーす!

JAL機内食一人前、上空から落ちてくる間に三分目くらいまで目減りしちゃいそうな
気がして心配なのですが…。
って、心配なのは私の胃袋のほうでした。失礼しました、おほほほ…(爆)。

No titleNo title

こんにちは!
機内食がたっぷり食べられるやまさまが羨ましいー。
私は、普段はすごい沢山食べるのに、機上の人となった途端、お腹が膨れて
しまって(腸が持ち上がるから?)、あまり食べられません。
うっかりたっぷり食べてしまうと、後で腸がかなり苦しくなってしまいます・・・。
それにしても、機内食って数十年前に比べると飛躍的に美味しくなっていますよね。
以前、機内で温める匂いがしてきただけで、食欲が無くなったこともあります。
(あ、これは某米国系エアラインですが、今はかなり改善しました・・・)
JLのデンパサール線は、競争相手が強力でないためか、機材もかなり泣けますね。
初バリの時に、ラッキーにもアップグレードでビジネスに乗れたのですが、
これに50万近いお金を払う気はしないなーとしみじみ思いました。
2階席の方がいいですか!次回はJLの予定なので、シートリクエスト変更しようかな。
いつも1階席の前方にするんですが、帰国便だけでも2階席にしようかな!
明日、早速変更してみます!(って、自分でやるんですが・・・:笑)

No titleNo title

hiyokoさん
おはようございまーす!
機内食、たっぷり食べないほうが体にはいいと思いますよ~(笑)。
知り合いにも体のことを考えて機内食は絶対食べないようにしているという人も
いるくらいなので…(食事の内容ではなく、回数とか時間帯的な面で)。
そして私は2年前に乗った某米国系エアラインで、初めて機内食を温める
匂いで気持ちが悪くなるという経験をしました(苦)。
まあ、でも、その日の体調とかもありますよね。
私も一応、いつも完食できているわけではなかったりします~(笑)。

今回のJLはとれただけでもラッキーだったので感謝はしているのですが、
でもエコノミーでもやっぱり金額的には高いなぁ(額面だけでなくコスパフォ的にも)とは
正直思ってしまいました……。
でも往復ともに直行というのと、2階席のゆったり感(笑)は他のデンパ線にはない魅力ですね~。
2階席、座席が少ないこともあってか、とてもゆったりと感じたんですよね。
よかったですよん♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)