猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する仙台ホテルのデラックスシングル

SAPPORO&SENDAI



仙台ホテル@仙台にて。
昨年12月に1泊しました。


泊まったのはデラックスシングル。
ソファベッドになるらしい、大きなソファがありました。



さすがデラックス、という感じで、
ひとりには何だかもったいないほどの広さ。
……って、自分でこの部屋を選んでおきながらやっぱり貧乏性ー。



上の写真で中途半端にカーテンが開いているのは、
部屋から中庭をのぞきこんで撮影した時に開けて、
そのまま閉めないで部屋の写真撮影を続行していたからでした。
後で上の写真を見て、カーテンの開き具合が自分でも気になりまくり・汗。



ベッドは一般的なシングルサイズ。
寝心地がよかったなり。



そしてブラウン管のテレビにほっとしたなり。
最新型のテレビって使い方がよくわからない
(別のホテルのハイテクテレビにはうんと難儀した)。



室内履きのスリッパが用意されているのって、
日本のホテルでは普通のことではありますが、
それって案外スゴイことだわーと思います。ビバジャパン。
海外に行く時は持参するものメモに「スリッパ」って書いておかないと
つい忘れちゃいがちで@忘れたがために意外と困ったUSAとか。



創業155年の老舗ホテル。
95年に全館リノベーションしたようですが、
しかし老舗好きではありながらも、ある種の古びた感が
やや気になる部分はありました(個人的に)。
でも駅前の便利なロケーションにあって、
これだけ広々したシングルルームがあり、
それもわりとお手頃な料金で宿泊できるというのは、
ライブ遠征の旅などにおいてはありがたいことであります(個人的に)。
各地のシングルルームコレクション(?)も、また追々アップします。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

ライブ遠征でも、大人になったらこんなちゃんとしたホテルに泊まってるものなのねーって
なんだか感心してしまいました。

そういや最近、宮本(覚えてらっしゃる?)が東京出張いくからーって
うちで新幹線&ホテルプランでネット検索してたんですが、都会のホテルのシングルルームって
12平方mとかが普通なのでびっくりしちゃった。

No titleNo title

Pちゃん
こんばんは~!
そうなんです…年齢とともに、ライブ遠征でも普通のビジネスホテルじゃないところに
泊まりたい欲は強くなってきてますねぇ…。
ライブで行く時って基本的に寝るだけだから、もったいない部分は
かなりあるんだけどね…。微妙に贅沢な私(爆)。
そしてそうなのよん、都会のホテルのシングルルームは全般的に狭い~~~!
(宮本さん、もちろん覚えております♪お元気ですかー??)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)