猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する激うま東十条食い倒れの夜・3軒目―大衆酒場

FOODS


東十条(というより今回は埼京線・十条駅近く)。
その街にある大衆酒場には電気ブランがありました。

お酒の味を覚え始めた20代前半、仲間内でおもしろがって
ボトルを買ってきて飲んだ思い出のある電気ブラン。
当時はそのおいしさがまったくわからないままただ飲んでおりましたが、
この度かなり久しぶりに飲んでみたら「あらイケるじゃん」とか思ったりして…。
年をとるのも悪くないですねー、ほんと(ってなんのこっちゃ!)。

食い倒れの夜ではあったのですが、
さすがに3軒目ともなるとお腹はすでにいっぱい。
また、閉店まであと30分くらいというタイミングで入店したもので、
「わりにすぐに用意できるおつまみ」としてお店の方が勧めてくださった
↑くらげの刺身と、
↑長芋の千切りを軽くいただきました。

ここで飲んだのはわずかな時間ではありましたが、まさに本物の
ザ・大衆酒場的世界にすっかり魅了されてしまった私でありました。
なんといっても安い!
清酒160円って!! にごり酒と焼酎も180円だし!!
いずれもすべて、酒飲みにとってはなんとありがたき価格設定なことよ。
そしてこの超明朗会計伝票にも感動!気取りのない調味料セットに、かわいいお花の心意気。こんな徳用マッチもまだあるんですね。
もともとは昭和3年に酒屋として創業したお店だそうです。
間違っても昨今流行りの懐古趣味ではなく、
今もここに息づいているリアル昭和、な趣。
懐かしいっていうよりも、戻ってきたという感覚を味わえるというか。
気持ちも体もしっくりおさまる、実に居心地のいい空間でありました。
暖簾がもう仕舞われていて字が裏返しになっておりますが、
この界隈ではとても有名なお店であるという『斎藤酒場』。
検索すると数多くのブログやサイトで取り上げられているので、
ご興味のある方はぜひググってみてくださいませ~。

実はこの大衆酒場を出た後、某カフェでケーキを食べるというさらなる暴挙にでた
ワタクシですが(爆)、そちらのレポは省略させていただきます(汗)。
今度は大衆酒場でゆっくり飲みたいな~、など、胸の内で夢が広がりまくる東十条。
今年中にさらに4軒目、5軒目……と東十条レポをもっとアップできるといいなとか、
新年の野望を心に抱いてみたりするのでありました。
以上、東十条シリーズ・シーズン1終了!?(@当ブログ)でした。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

 こんばんは~。
 
 なんだかホッと出来るお店ですね~。
 昭和をイメージしたワケじゃなくて、最初からそうだったなんて・・素敵?
 BALIも好きですが、昭和も好きです(生まれが昭和だから?)
 
 お値段の方も素敵ですね~。あまり飲めないんですが、この値段
 だと飲んでしましそう~ガブガブと・
 電気ブラン・・ってどんな飲み物なんでしょうか・・。
 
 私はその後のケーキレポを是非とも読みたいであります~。
 
 あああああ、関東地方に引越ししたい~☆
 

No titleNo title

下のお蕎麦屋さんにコメント入れる間もなく次がきちゃいました!
こちらもいいですね~。昭和というより、もうちょっと前みたい。
電気ブランって名前しかしりませんよ(渋)
確かにこの値段は魅力的を通り越してますね(笑)
蕎麦屋も気になるし、長いもの千切りは大好きだし、
今夜のおかずに食べた~い♪

No titleNo title

メニューに「冷やしビール」ってありますが、そうでないビールもあるってこと
でしょうか?。^^
そ、それにしても安いッす!?。

No titleNo title

pipiちゃん
こんばんは~!
そうなんですよね、「最初からそうだった」というところがほんとに素敵!
昭和、いいよねー。いい時代だったんだねー、なんて今になって思うことが多いです。

電気ブランのブランはブランデーのブランらしいですよん。アルコール度数が
高いので、これはチビチビとしか飲めませぬ。
でも少量でもいい具合に酔えるのでやっぱり経済的(笑)!?

ケーキね、実はあっという間に食べちゃって、写真を撮り忘れちゃったの。
ごめんちゃーい。
私は関西の食文化にも興味津々&好きなものもいっぱいありまする。
あああああ、どこでもドアがあればな~とつい思ってしまうのでした(笑)。

No titleNo title

b_nomadさん
こんばんは~!
うふふ、そうですよね~、魅力的を通り越してますよねー。
近所に住んでたら、絶対に毎晩通っちゃいます(爆)。
電気ブランは、ほんと、その名前のインパクトに若い頃はとりつかれたものでした…。
今はあの味にとりつかれそうでちとコワイ……(笑)。
長いもの千切り、私も明日の晩のおかずにしようかな。おいしいですよね~♪

No titleNo title

baik2さん
こんばんは~!
冷やしビールの謎、次回突入できた暁にはこの舌で確かめてみたいと思います(笑)。
きっとものすごーくキンキンに冷えているのではないかと期待…(爆)。
それにしてもほんっと安いですよね~!

No titleNo title

おはようございます!
ほんとに味のある素敵なお店ですね~。無理やり作った昭和な
感じじゃなくってほんとに時を積み重ねてきた感じがしますね。
お値段も素敵ですね~、安い!
gunungさん、やっぱり接写うますぎですよー!
アニキもすごいなぁ・・・って思うし、食べ物のお写真はおいしそうで
食べてみたい~って思います。
↓の出し巻き卵もいいなぁ・・・

No titleNo title

ひなたさん
おはようございます~!
ほんと、作られたものとはまったく違う味がありますよね。
まさに「時を積み重ねてきた感じ」で、ひなたさんの表現、素敵だわーと
思いました。
拙者の接写について(←出た・爆)お褒めの言葉もありがとうですー。
どうも年のせいか手ぶれがひどい今日この頃なのですが(苦)、
前にひなたさんとPちゃんが「接写のやまさん」って呼んでくれていると
聞いてから、もっとがんばるべ!と励みになっています。ありがとう♪
↓の出し巻き卵、ほんとおいしかったのよーん(笑)。

No titleNo title

おお、三軒茶屋にありそうなお店ですねー。
まだまだ探せばあるんですよね、東京にもこういうお店。
でも、なかなか生花が飾ってあるお店って少ないかも。
スバラシイ!
シークワーサーサワー(ですよね?)の隣の張り紙の赤白はワインですか?
「生・・・」って、なんて書いてあるのかな??

No titleNo title

hiyokoさん
こんばんはー!
うんうん、三茶にもありそうですね~!今年はゆっくり三茶探検もしてみたいなー。
昨年のhiyokoさんたちの三茶レポには本当にかなりそそられました!
そして確かに生花っていうのは素晴らしいですよね。素敵♪
「生・・・」は「生葡萄酒」だったかな、と思うのですが、この写真の撮り方では
さっぱりわかりませんよね(自分でも見てもはっきり思い出せないという…汗)。
やっぱりまたこのお店に行って確かめなくちゃと思います(笑)。
そして今度はできればもっと引きで、ブレないように撮ってきたいと思いますっ!(志)

No titleNo title

いいですねぇ,ここ.
お会計もわかりやすいし,鯔のような酒飲みは
別々会計にしてもらえれば遠慮せずに【酒ぇ】を楽しむことができます♪
たまにはこういう素朴な肴もいいものですわ.

No titleNo title

鯔ちゃん
こちらにもコメントありがとう!
そうそう、このお会計のわかりやすさはいいですよねー。
まさに遠慮せずに心おきなく飲める感じで(いつも遠慮しないでガンガン飲んでいる
私なわけではありますが・汗)。
そしてそうなんですよ、素朴な肴も、私も逆に新鮮に感じておりました。
あーやっぱりできればこのお店の近所に住みたいものだわ~(そして入り浸りたい・笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)