猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する花を。

ROLLING STONES



久しぶりにちょっと頭を使ったらひどく疲れてしまった……。
それでもちょっとだけしか使っていないというのに。
なので今夜は花でも愛でて疲れを癒したい気分になりました
(↑これはずいぶん前に撮った写真です。名前は失念)

花、で最近ちょっといいなと思った話が、
ストーンズ関係の記事をネットで徘徊している時に見つけた
こちらのcontactmusic.comの記事。
英文をそのままコピペします。

The ROLLING STONES have demanded sedate flower arrangements
and fitness facilities in their dressing rooms during their world tour,
according to a leaked ドキュメント. (←ちょっと!!ドキュメントって単語、
セキュリティなんたらで送信できないって何!?)

The veteran rockers have all asked for separate dressing rooms during
their A Bigger Bang Tour and Ronnie Wood, Keith Richards,
Charlie Watts have requested lilies and weeping eucalyptus inside.
Sir Mick Jagger has asked for a private running area and high-speed
internet - and has even named his dressing room the Work Out Room.
Earlier this year (07), it was revealed the frontman also likes an oxygen
tank backstage to help him cope with the exhausting performances.


ニュアンスとしてはだいたい理解はしているつもりだけど、
ここに自己流すぎる意訳を書くのもどうかと思い(文章化が超苦手)、
エキサイト翻訳に頼りました。
またコピペします。

ローリングストーンズは彼らのワールドツアーの間、それらの楽屋の居然とした生け花と
運動施設を要求しています、漏らされたドキュメントによると。
ベテランのロッカーで、それらのA Bigger Bangツアーの間に別々の楽屋に尋ねられた
すべてとロニー・ウッド、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツは中に要求されたユリと
涙しているユーカリを持っています。
ミック・ジャガー卿は個人的な走行領域と高速インターネットを求めました
--そして、彼の楽屋をWork Out Roomと命名しさえしました。
(07) 今年初め、また、代表者が、酸素タンクが彼が消耗している性能を切り抜けるのを
助けるために舞台裏であることが好きであることが明らかにされました。



以前、他の翻訳ソフトを使った時に、ローリングストーンズが「圧延の石」とか
訳されていて、どういう意味?圧延の石って、とその意味自体がいまいち理解できず
ややボーゼンとしたことがあったのですが、
その点、ちゃんと「ローリングストーンズ」と固有名詞にしているエキサイト翻訳は
好感が持てます!?(←身のほど知らずな何様発言・爆)
しかし翻訳ってやっぱり人の手を介さないと成り立たない仕事なんだね…
と思ったら、ちょっと何やら元気が出てきた(←意味不明)。

でもとにかくなんかいいな~と思ったのは、
ユリとユーカリが飾られた、それぞれのメンバーの楽屋のイメージ。
とてもいい香りに包まれていて、目にもやさしい色合いで、
きっと空気もきれいなんだよ。
それが楽屋のしつらいにあたっての、キースとロニーとチャーリーからの
リクエストだったというのもいいなー。
静と動(ステージ)とのバランスがそこからちょっと見えてくるっていうか。
リラックスした(あるいはそうしようとしている)豊かな時間を感じるというか。
想像しただけでなんだかすごーくいい気分になれました。

うちも明日こそはきれいにしよ。
非常にブツブツつぶやきチックな記事(エキサイト的には
長文つぶろぐ?)で本日も失礼しましたー。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

涙するユーカリ!私も欲しいかも。
ミックはSirMicなんですよねー。何だか近寄りがたい??

それにしても、翻訳機って面白すぎです。
役に立つような立たないような・・・。
海外で見かける変な日本語ってこういうの使うのかな。

No titleNo title

hiyokoさん
こちらにもありがとうです♪
涙するユーカリ、欲しいですよね~。なんて詩的な名前なの…(笑)。
そうそう、そしてサー・ミック! 英語でも重みは十分に感じるのですが、
日本語にすると「ミック・ジャガー卿」って、あまりにも近寄りがたすぎですよね。

でもほんと、海外で見かける変な日本語って翻訳機を使ってそう!
変な日本語Tシャツとかは確信犯っぽいのも多いですけどねー(笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)