猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する本日バリから届いた画像・第3弾

BALI―ひとやくらし



Photo by Pak SUNIO.

バリの友達が個人的にメールで送ってきてくれた画像を
勝手に自分のブログにアップするという超他力本願すぎシリーズ、
久しぶりに画像が届き第3弾目となりました…。

↑こちらはシガラジャ北部のバンジャール。
Air Panas Banjarという大きな温泉施設があるところ。
この写真のドッカル(馬車)はバンジャールのメインロードから
その温泉まで連れて行ってくれるらしいです。
基本的にはチャーターで、別にどこで降ろしてもらっても
構わないそうな。
この日はパサールまで約4kmの距離を乗って
Rp.40,000だったとのこと。
一人で4万ルピアもの運賃を払うとしたら高いのかなという気もするけど、
だいたい相乗りで割り勘にするので一人一人で考えたら
それなりにおトクなのよーという話。
この辺りには競合ドッカルがほとんどいないので
ドッカルおじさんも強気な?商売をしており、
地元の人が値切り交渉しても全然ダメなんだって。
ま、それはさておき、楽しそうだな、子どもたち。



そして友達がやたらと見せたがっていた画像がこれ。
生のクローブ(cengkeh)の実。
確かに私そういえば、クローブってすでに乾燥した状態のものしか
見たことがありませんでした。
これから洗って乾燥させて、外国に輸出するのだそう。
ちなみに1kg4万ルピア前後が現在の相場とのこと。
輸出先ではやはりスパイスとして使われることが多いのでしょうが、
個人的にはマイラブ☆グダン・ガラム(rokok kretek)の香料として
日々お世話になっているクローブ。ありがたき存在です。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

他力本願すぎシリーズ というネーミング、面白すぎ(爆)
ピンクとグリーンの怪しいドラッグか!と思ったらクローブだったんですね(苦)
はじめてみました。このままだとどんな香りや味なのか興味ありますね。

No titleNo title

b_nomadさん
他力本願すぎシリーズ、他力本願人間にとってはついクセに
なってしまいそうでヤバイです…(キケーン・爆)。
そしてほんと、一見なにやら怪しいブツっぽいですよね、この写真(笑)。
送られてきたサイズも大きかったので、ファイルを開いた瞬間は
何これーっと、ちょっとぎょっとしましたわー。
私もうん、生クローブの香りや味に興味津々です~!
いつか自力で見に行かなくては…(笑)。

No titleNo title

カギコメちゃん
あらーっ、コメントありがとう!
しかもそんなうれしいお話!!きゃー感激よっ☆
では後ほどメールさせていただきますー。本当にありがとう!

No titleNo title

こんばんは!
日本では今、お馬さん大変みたいだけど、ドッカルって乗ってみたいなぁ。
なんだか楽しそう。
そして、私も生クローブの写真、カラフルな薬の山だと思ってしまいました^^;

No titleNo title

これまた勉強になりました!
生のクローブ初めて見ました♪♪
ご友人が見せたがるわけですよ、ちょっとした衝撃です。
最初グロテスクなお菓子か何かかと思いましたが・・・^^;
こんなキレイなのに、ただの茶色になっちゃうなんてモッタイナイな。

No titleNo title

ひなたさん
こんばんは!
返信の順番を間違えちゃってゴメンなさい。
ドッカル、楽しそうですよね~!クタ辺りではよく見かけるけど、
なかなか乗る機会ってないですもんね。
むかーし別の島でロバのドッカルに乗ったことはあるのですが、
独特の揺れ感がたまらなかったです~。
そしてあは、この写真、やっぱりそういう風に見えちゃいますよね(笑)。

No titleNo title

nyaoko_surfさん
こんばんは!
あはは、よく書いて下さいました「グロテスク」(笑)!
パッと見、ホントそうですよね~。
これだけ集まると壮観というかなんというか、私にとっても衝撃的な
画像でした(笑)。
そしてクローブとわかって見ると、確かにキレイなんですよね♪
乾燥させたほうが香りも味も強く出るということみたいだけど、
このままだとどうなのかも気になるところですねー!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)