猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するティンクリックとジェゴグ。そして真の?ツーリスト的顛末

BALI―ひとやくらし



『SUWASTIKA LODGE』@Tebesayaにて。
前回、かつてティンクリックを習った先生を訪ねた時のことを
書いたのですが、バリ好きの方々の間ではおなじみの
そのティンクリック(リンディック)とはこの楽器↑。
ティンクリックは五音音階。
そこでセンセのティンクリックにはそれぞれの音を示す
1~5までの番号が振ってあります。
これが初めてこの楽器を習った時に
非常にわかりやすかったんですよねー。
というか私は今でもこの番号なしには何ひとつできませぬ。



もちろんセンセにとっては番号など無意味です(当たり前過ぎ)。
演奏中のセンセの目にはほとんど何も映っていないようで、
ひたすら音だけに意識を集中している感じ。
体のどこにも力が入っていなくて、手首のその先だけで
軽やかに音を奏で続けます。
この時はひとりで聴かせてもらっていたのですが、
いいのかなーとふと思いました。
こんな素晴らしい演奏を独り占めしていいのだろうかと。しかもただで。



すると学校から帰宅した娘ちゃんが登場。
「AYUも一緒に演奏しなさい」と娘に言うセンセ。
そして合奏の始まり。
最低でも2台、それぞれに違う旋律を奏でて
互いに重なり合うハーモニーがティンクリックの醍醐味
(うまく表現できなくてすみませんー)。
ますます独り占めしていいの? という気持ちになりました。
娘のAYUもめちゃ上手!!
別に父親からレッスンを受けたというわけではなくて、
小さい頃からその音を耳で聴いて、ティンクリックをずーっと
おもちゃと同じような感覚で触って親しんできたから
自然と身についたものらしい。
父親譲りで、耳がものすごくいいんだろうな。
しかしAYUがほんの少し演奏をミスったら、センセはちとカンカンに。
き、きびしいー。
「gunungも一緒に演奏する? ちょっとやってみてよ」と
センセにはもちろん言われましたが、無理、絶対に無理~!!
情けないけど逃げました(爆)。

ところでウブドに滞在したらぜひ観たいと思っていたショーがありました。
楽しい、おもしろい、素晴らしいと大絶賛されている
『SUARA SAKTI』の公演です!
でも結局公演のスケジュールと自分の予定とが合わず、
鑑賞するのは断念。



しかしある日、公演会場のそばをたまたま車で通りかかったので、
ひとり車から降りて、会場に置かれている
ジェゴグなどの写真を記念に撮っていました。



するとどこからかバリ人のイブがすーっと現れて、
「中に入っていいですよ」と門を開けてくれました。
中に入っていいですよ、というのはイブの身振り手振りで判断。
どうも口がきけない方のようでした。
中に入ってからも「楽器を叩いていいですよ」とか
「あなたが演奏しているところをあなたのカメラで撮りましょうか?」とか
すべてジェスチャーで親切に言ってくれるイブ。



↑上の写真のSUARA SAKTIのロゴ入りの幕もイブがさっとめくって、
「これも叩いていいわよー」と。まじっすか。



途中で通りがかりの白人のおとっつぁんも入ってきて、
やはりイブに「写真を撮ってあげる」とか
「好きに演奏していいわよ」とか身振り手振りで言われて
大喜びのご様子。
↑の写真はおとっつぁんのデジカメの使い方を研究中のイブ。



ノリノリです!
私も最初はノリノリでしたが、
だんだんとおとっつぁんの独壇場と化してきて、
しらけてきたというか我に返った私はとっとと退散することに(ずる)。
なので「イブ、ありがとう~」とお礼を言ってそそくさと帰ろうとしたら、
それまでのにこやかな表情をちょっと硬化させたイブ。
そして私にぐぐっと近寄り、親指と人差し指&中指を
合わせてすりすりする仕草。
うわ、そういうことでしたか! 気づくの遅すぎ!
全然関係ないけど、観光地などによくある、
自分の顔を出せるよう顔の形がくりぬかれた
民族衣装とかの絵が描かれたボードではしゃいで
記念写真を撮ったら、後で高額なお代を請求されて「え」と思った…
という過去の体験をふと思い出しました。
別にこのイブには商売というつもりはないのだろうと思うけど
(でもなんだかよくわかりません)、
そして私もほんの少しのチップを渡しただけなのですが、
でも妙に後味が悪いものはあったな。自業自得だけど、なんか。

車に戻り、待っていてくれていた友達ドライバーに
事の顛末を話すと、何やらバカにしきった感じでこう言われました。
「You are really really tourist」
………ええ、そうですけど、それが何か?(ピキッ)
というかそうなのよ、はい。

次こそはちゃんと公演を観たいです。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

あ~ん!やっと見れた~。昨日から、ページは開けるのにここの写真が
全部×マークだったのよ~!(今は大丈夫っす)

欽劇・控え室拝見のオチ・・・さすがバリやね。
ワシもよく「you are really really tourist」発言をされるけど
(かつてドリフ関係の大工や配線係にメンテナンスの文句言うと
ぼそっと「tourist complain」って言われて軽くイラっときたこと多し)
ツーリストという立場を(一応礼儀をもって)楽しむほうがよーっぽどラクよね:笑:

おとっつぁん、めっちゃ嬉しそうやね。彼もチップあげたのかにゃ~?

No titleNo title

viajeraちゃん
いやはや失礼しました~!
昨日アップした直後には自分のPCでは画像も見えてたんだけど、
今日見てみたら自分でもまったく見えなくて(汗)。編集画面を確認したら
アップロードしたはずの画像データが全部消えてたの…(エキブロ~~!!笑)。
なのでアップロードし直したついでに文章も少し直してしまいました(笑)。

うん、でもホント、ツーリストとして楽しませてもらえることは、おおいに
楽しみたいものですわん(笑)。(しかしその、大工さんとかがそんな風に
言うのは仕事人としていかがなものかと、客観的にどしても思っちゃう
んだけど…)
そしておとっつぁんはあれだけノリノリに叩きまくってたんだから、
きっとチップをめちゃはずんだはず!というか、そうであってほしい
ですわ(と非常に他力本願なツーリストの私・笑)。

No titleNo title

カギカギ2さん
こんにちは!すみません、またそのフリ(というのかあれですが)の
一言で爆笑させていただきました(笑)。
土曜日は本当に楽しかったです!ありがとうございました!
かなーり、また早くお会いしたいです~。その日を今から楽しみにしてます!
そしてTシャツ、そうだったんですね!ずいぶんかわいいTシャツを
着てるのねーとこの時ちょっと思ってました(笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)