猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する熱く、Bebek@DENPASAR

BALI―バリごはん



いきなりですが、Bebek(=あひる)は発音的にはベベッ。
でもカタカナ表記する時には「べべ」と書きたくなる私です。
同じくSalak(=スネークフルーツ)とかJeruk(=みかんなどの柑橘類)も
発音としてはサラッ、ジュルッ、になると思うのですが
文中にカタカナで入れる時には「サラック」「ジュルック」と書きたい気分。
(でも「ベベック」はないなーという感じなんだけど、なぜか。
Bapak(=お父さん、Mr.、Sir)もバパかバパッでバパックではないかなと)

ついでに地名でもUBUDはウブッ(ド)、AMEDもアメッ(ド)←(ドは限りなく弱めに発音)と
多くのバリニーズが発音しているように聞こえるのですが
これもやっぱり書く時は「ウブド」「アメド」のほうがしっくりきたり…。

さらに発音の問題としては、インドネシア語はたいていは
そのままローマ字式に読めばいい、と本などにも書いてありますが、
個人的にややこしいなと思うのは「e」。
BebekやMerah(=赤)とかはべべッ、メラーと普通にローマ字読みだけど、
Beras(=米)やSenang(=楽しいetc)などはブラス、スナンと、
エとウの中間の発音になるわけですなー
(「エ」の口で「ウ」を曖昧に弱く発音。こういう発音、ものすごく苦手です)。
ただ、もしこれらをベラス、セナンと発音したら通じにくいのは確かではと思います。

そもそも耳があまりよくないもので、聞いた発音通りに表記すること自体が
無理なのですが、このブログにインドネシア語でとくに名詞などを書く時は
今後も基本的に(自分がしっくりくる)ローマ字読みのカタカナで記したいと
思いますので、正しい発音とは違っていてもご了承くださいませ
(カタカナでも書きにくい曖昧なものはローマ字で書くことに
しようと思いますが、でも結局気分優先につき統一感はないかも。
日本語の漢字の統一とかもだけど・汗)。

なんだかうだうだと前ふり(なのか?)が長くなり過ぎてしまいましたが、
今日はデンパサールのべべ料理屋さんのことをアップします。
どうでもいいけど以前にも書いたことのあるお店なのですが、
多分個人的にバリで一番多くリピートしているワルンでありまして、
今年もそのおいしさは健在でありました。


このワルンのメニューはべべ・ゴレンのみ。
オーダー後に人数分のべべを揚げてくれます。



お肉自体に辛うまソースの下味がしっかりつけられているので、
このまま食べてもほんっとじゅわーっとおいしさが
口の中へと滲み出してくる感じ。
でも一番上の写真の自家製サンバルをつけて、もっと辛くしてもうま!
そして揚げたてなので、もちろん最初はものすごーく熱いのですが、
その熱いうちに手でお肉を割いて、ご飯にのせて食べるのがうま!



以前は普通の白いご飯でしたが、今回は特製ソースかけご飯に
バージョンアップされていました。
このご飯を出された瞬間は少々びっくりしたので「どうしちゃったの、これ?」と
思わずお店の人に聞いたら「ニュースタイル(にやり)」みたいな答えが返ってきて、
ちょっと笑わしてもらいました。



店内は広めです。そしてこの日は時間帯的にすいていたけど、
基本的にはいつも混んでいるお店。
1日いったい何羽のベベをさばいているんだろうか…。

お店の名前は『WARUNG YEMILLA AP』。
店名よりもナシ・ベベのワルンといったほうが伝わりやすいはず。
場所はJl.Sutomo沿い
<訂正>Jl.Dr.Wahidin No.43です!
クンバサリ市場などがあるガジャマダ通りにも近いです。
市場やデンパのショッピングセンターなどにおでかけの際の
食事先候補リストのひとつにぜひ入れてくださいなーと
誰にも彼にも押しつけがましく言いたくなるくらい、ここのベベはおいしいです!
(あ、でもこのワルンにビールは置いてませんが)

長くなりますが、あともうひとつ今回の旅で出会ったデンパのベベを。
これはおいしくても食事先候補には入れられないものなのですが、
デンパのオゴオゴチーム宅に夕方おじゃましていた時のこと。
突然、素っ頓狂というかとてもユニークな口上とともに
その人はやってきました。



自転車で自家製のBebek Betutu(Smoked Duck)と
野菜の煮込みなどを売り歩いているBapak。
写真が暗くなってしまいましたが、出来立てほやほやの
あったかい料理がビニール袋に詰められています。
最近シガラジャからデンパに移住してきたそうで、
奥さんが作った料理を、こうして旦那さんが夕飯時の民家を
1軒1軒回って売っているそうな…。
でもオゴオゴチームの奥様たちはほとんど買ったことがないというし、
ちゃんと売れてるのかしらんと、またもや大きなおせわで考えてしまったス。



とか考えながらも、そういう自分も完全なひやかしモードで
写真だけ撮らせてもらおうとしていたんだけど、
当たり前ですがそういうわけにもいかなくなり、購入。
ベベがRp.5000で野菜がRp.1000くらい。
そしてオゴオゴチーム宅で図々しくも白いご飯を分けていただいて
あったかいうちに食べてみたのですが、これがまたすっごいおいしくて。
普通にワルンとか屋台とか出店してほしいなと
つい思ってしまいました、Bapakよ。
そしてまたしてもローカルの人々の食卓というものが
つくづくうらやましくなったりするイヤシイアタシでした。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

ローカル飯シリーズ見てると、胃がギューンとなってきました・・・
あ~おなか減った。
さてバリ超初心者の私はこれらのワルンの一つにでも辿り着けるのか?!
健闘を祈っていてください^^;

No titleNo title

やまさーん、このべべおいしそう!ところで私も「べべ」表記派
そういえばチチャも決してチチャックとは書きたくないなぁ~(雰囲気的に)
日本語って全部母音で終るから最後が子音の単語の発音って
日本人は独特の発音しちゃうよね。
バリ人に「なんで日本人は”ホット”っていうの?”暑い”の英語は
”ハッ”でしょ?」って発音指摘されて、内心”あんたらに発音のこと
ゆわれたくないぜ”と思いながらそんな説明をした記憶あり・・・
イネ語には子音で終る単語があるから、英語とかでも子音で終る単語は
イネ人はちゃんと無音で発音できるんだよねー。
その代わりFとPとVはむちゃくちゃだけど(爆)言語っておもしろいねぇ。

No titleNo title

やまさんにコメ入れようと思ってたら↑が気になり先に書く(笑)
でもやつら、思いっきりアメリカ発音のmiyamotoの”ハッ”をいっつもマネして
笑ってるでー。

で、やまさーん! ベベッベトゥトゥてまだ食べたことないの。
食べてみたいなー。
Pちゃん、ベベッブンギル行ってるのにうっかりベベッ食べずに
アヤム食べて帰ってきた大バカもんなのよ。
次回のテーマは”ベベッ食べる”

そうそう発音のプルンプアン(女)も先に音で覚えてたから、なんか最近
勉強してスペルみて、びっくりしたのよ。
ペレンプアンやったのかー...ってね。

No titleNo title

nyaoko_surfさん
もちろん楽しい美味三昧の旅になりますよう祈っておりますわ~!
でもnyaokoさんはとくに前情報がなくても、美味しい穴場的お店を
自然と見つけて満喫できちゃいそうな予感もするんですよね。
逆に帰国後にいろいろ教えていただけることを楽しみにしてますー(って
祈るだけにとどまらず、プレッシャーをかけちゃったりして(笑)!?)。

No titleNo title

viajeraちゃん
そうなのよねー、子音の発音の壁は分厚いわー。
逆にバリ人に日本語の50音を教えてーとか言われてたまに教えると、
ほとんどの人が子音のついた状態?で発音する、とくに「たちつてと」。
「とぅ」じゃなくて「つ!」、「つぉ」じゃなくて「と!」とか熱く指導(!?)したことが
あるので(笑)、そりゃ彼らには「ホット」とは発音できないわよね~と
思いましたわ(別にそれはできなくていいんですけども、ええ・笑)。
しかしイネ語、バリ語は別だけど、バリ人のR強すぎ発音を基準に
英語の発音について指摘されると私もたまにムムッと思うのですが、
英語圏の人々と実際に話して耳で言葉を覚えている人が多いから、
やっぱり勉強になるところも多いのよね…。ホント、言語っておもしろいねー!

No titleNo title

Pちゃん
Bebek betutuはカタカナならベベッベトゥトゥのほうがしっくりきますね…。
「ッ」を取るとベベベトゥトゥとどこで区切っていいのかわからないような
表記になってしまうものね(もうどうでもいいかー、この話題・笑)。
ベトゥトゥ、レストランとかだと1日前にオーダーというところが多かったり
するよねー。あ、でもそういえばタンジュン・サリはグランドメニューに
ありましたわ(でもメニューがよく変わるのでビミョーだけど)。
ウブドだとプリアタンに安くてうまいBebek betutuブンクス専門店が
あるみたいよん。そういえばプリアタンも字で書くとペリアタンなんだよね(笑)。
でもホント、会話をする上では耳で聞いた発音が命だなーと思いますワ。
なんか話が支離滅裂になっちゃったけど、Pちゃんの次回のテーマ、
いいですねー♪ベベちゃんは文句なしに美味しいお肉なので、
それをより美味しくしてくれるベトゥトゥに出会えるといいねっ!

No titleNo title

ベベ、私も食べたことないの。ダック好きとしてはBebek betutuなんかは
とっても気になる料理ではあるのですが、やっぱり予約制というのが
ネックになってていつも機会を逸してます。
で、ベベゴレンは油っこいんじゃないかなとこれまたいつも敬遠しちゃって。
でも一度はチョバってみます。
オゴオゴチーム宅で出会ったというベベ売りというのがまたとっても
ローカルでいいわぁ。しかもおいしいなんて!
gunungさんラッキーだったね。
ところで、ベベッブンギルは香港にもあるんだよ、もちろんそっちも行った
ことないけど。

No titleNo title

ベッティーナさん
ダックがお好きならBebek betutuはきっとはまると思いますワー。
でもベベのお肉って筋っぽくて脂身が少ないという印象が私には
あるのですが、そのせいかゴレンもそんなに油っこく感じないんですよね。
といってもこれは個人的な味覚の問題なのであれだけど、でもぜひぜひ
一度チョバってみてくださいませ~!
そしてオゴオゴチーム宅でベベ売りに出会えたのはホント、ラッキーだった
んだけど、あのお宅ってほら、「うちでご飯食べていきなよ~」っていつも
手料理を勧めてくださるので、そこでいきなり買ったものをいただくという
のもちょっと失礼な行動ではあったかな…と後で反省しますた。
ところで香港のベベ・ブンギルも気になりますわ~。行ってみたいな。

No titleNo title

連コメ失礼しまーす!
実は私もベベッは食べたことないのですわー。
なんとなく苦手って先入観がー。でも↑のお店はおいしそうだなー。

No titleNo title

バリバリさん
連コメありがとうです~!
バリバリさんもベベ未体験でしたのねん。
ベベは日本でもよく食べられるお肉でいうと鴨に味が結構近い感じかな。
鴨がOKならベベちゃんもいけるのではと思うのですが、どうかしらん。
このお店は下味に使っているソースとかもとっても美味しくて、
今まで一緒に行った日本人の友達たちにもすごく好評だったのでした♪

No titleNo title

gunungさん、こんにちは!
今日初べベッを食べたトピUPしたのですが、ココを文中リンクさせてもらいました。いや~、べベッ、美味しかったですわ♪べベッに興味がわいたのもgunungさんのこのトピのお陰です。ありがと?

No titleNo title

バリバリさん
おはようー!
文中リンクありがとう~!やっぱりベベちゃんって美味しいですよねー♪
後ほどおじゃましまーす!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)