猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するパタル・キキアン@SIDEMEN④宿周辺のミニ情報

BALI―パタルキキアン



今日はパタル・キキアンのあるSIDEMEN周辺のことをちょっとまとめてみます。

パタル・キキアンを出て、道なりに北上していくと
わりとすぐにISEH(バリ人の発音的にはイサ)という村に出ます。
ここはバリの伝統芸能を語るうえで忘れてはならないドイツ人画家、
ウォルター・シュピースのアトリエがかつてあった村として知られているらしいのですが、
同時にバリ東部のビューポイントのひとつとしてガイドブック等に
ちょこっと取り上げられたりしているところ。
↑の写真は、そのISEHにて撮影しました。



どこまでも広がるライステラスに沿って続く道を
ドライブするのはサイコーに気持ちがいい~!
(私はここにはドライバーの友達と一緒に行ったのですが、
パタル・キキアンも『AVAILABLE TRANSPORT WITH DRIVER』とのこと。
料金等、詳しいことはわからないのですが…)

そしてISEHからMUNCAN方面へとさらに進んでいくと、
トラガワジャ川のラフティングポイントがあります。
この辺りにはSOBEKをはじめ、3社くらいのスタートポイントが点在しているのですが、
今回はSOBEKに前日に電話で予約を入れて行ってみました!
●パタル・キキアンから車で約20~30分―SOBEKのラフティング@Tukad Telagawaja



↑ラフティング前に「前こぎ」「後ろこぎ」「しゃがむ」「よける」など
ボートのこぎ方やとっさの時の身の処し方を
ガイドさんにしっかり指導を受けてからスタート。
私以外の参加者はみんな、南部からツアーできていた方々でした。
SOBEKにダイレクトに申し込むと68ドル(保険・ランチ込み)ですが、
もっとお得なツアーはいろいろありそうですよね。



↑全行程14km、2時間半というコースの中にも
こうした滝などのビューポイントが盛りだくさん!
(7km地点でいったん休憩した時に撮影しました)

それにしても、以前体験したアユン川でのラフティングとは比べものにならないほど、
トラガワジャってば超スリリングな川!!
激流だわ、水かさは多いわ、岩には乗り上げるわ、岩壁にはぶつかりまくるわで
最初はビビリまくりましたが、慣れるとこれがおもしろすぎ!!
エキサイティングなアクティビティをお探しの方には超オススメです!



SOBEKのレストランのバフェもなかなかうまかったです。



そしてこのレストランからの眺めがやっぱり何よりのごちそう!
いやー、結果的にかなり爽快なラフティング体験でした!

●パタル・キキアンから車で約5~6分―『ENAKS WARUNG』



宿からもっとも近いところにある食事処(ディープなローカルワルンは除く)。
オープンして9ヵ月(3月の時点で)という、新しいお店です。
店名は「ワルン」だけど、メニューや接客が観光客向けのレストランっぽく
きちんとしています。若くて可愛いスタッフの女の子たちはみんな英語がペラペラ!



お店としての意気込みをその接客ぶりからとても感じたのですが、
お客さんは常に少ないということでした。
場所柄それはムリもないかなって気もしましたが、ガンバレー。
しかもお客さんがあんまりこないというのに、毎晩23時くらいまでお店は
開けているらしいのよ…。誰か飲みに行ってあげてー(笑)。



このお店から見える景色は、道路をはさんでこんな感じです。
パタル・キキアンから眺めていたライステラスがすぐそこに。



シーフードとワインが売りのお店ということで、まずはクラブミートスープ(Rp.16,000)を。
これが蟹のだしがよーく出ていて、とても美味!



ワインも各国のものがリーズナブルな値段でそろえてありました。
この日オーダーしたのはオーストラリアのCAWARRA SHIRAZ CABERNET(Rp.150,000)。
この赤ワイン、バランスがよくておいしかったな。
小さいけれどワインセラーっぽいものがあって、ちゃんと管理されているようでした。
ちなみにハッテンワインの白のグラスはRp.28,000。
フライドポテト(Rp.14,000)もほくほく!



プリプリ海老がたっぷりのウダン・ゴレン・サンバル(Rp.49,000)も
パンチのきいた味!
いいですわー、このお店!
メニューはインドネシア料理からパスタやサンドイッチといったものまで
いろいろと幅広くありました。

●ENAKS WARUNG TEL081・239・834・47

(*Rp1=約0.013円、07年3月現在)

次回からは超格安&スーパービューな宿、
『ハイビスカス・コテージ』@UBUDについてアップしていきます~。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

gunungさん、こんばんはー!
わー、ラフティング楽しそう♪私一度もラフティングしたことないわ~。
なかなか機会がなくってね。。。

あとこのワルンというかレストラン、かなりいいわ!お料理もおいしそうだし、ワインもあるし。是非バタル・キキアンに泊まる際には、私も突撃したいな~と思ってますわ。ああ、いつ行けるのかな?

No titleNo title

たびたびお邪魔します。
つい先日見たばかりの景色の写真を載せていただいているので、
勝手に盛り上がっております。
「ENAKS WARUNG」行かれたんですね。
散歩に出たときに前を通りがかり、店の女の子と少しだけ話しました。
オーナーはチャンディダサにもう2軒レストランを持っているとか。
そのときは一人だったんで、食事はしませんでしたが、
あの辺では稀少な食事の選択肢だけに、かなり気になってたんです。
美味しいなら、行ってみれば良かったなあ。

No titleNo title

バリバリさん
こんにちはー!
ラフティング、実はやる前まではそんなに興味がなかったんだけど、
やってみるとホント楽しいんですよねー(でも、あなたはもう漕がなくていい
からただ座ってて、とガイドさんに言われて、とっても楽させてもらったと
いうのもあるんだけど…。すごい使えないヤツでした、私・笑)。
もし機会があったら、バリバリさんならアユン川よりトラガワジャ川のほうが
とっても満喫できるのではという気がします~(勝手なイメージで
すみませんが、でもきっと!)。

そしてこのお店、ぜひぜひその時には突撃してみてね!シーフードと
ワインなんて、この辺りではホント気がきいてるなぁ~って感じがする
お店でしたわ。私もまた行って、他のメニューもチョバしてみたいなー。

No titleNo title

manzaさん
こちらにもコメントありがとうございます!
おお、そうなんだ!チャンディダサにも2軒レストランがあるんですね。
そう考えると、サービスや接客がとてもきちんとしていたというか、
ある意味あか抜けて(!?)いたことが改めて非常に納得できます~!
今回は宿の食事が鶏メインだったこともあり、魚介類メニューが
充実しているこのお店がとっても魅力的に感じました。
次の機会にはmanzaさんもぜひぜひ!
そしてmanzaさんはあの辺りまでお散歩されてたんですねー。
私は敷地の中しか歩いていなかったので(爆)、もっと外も散策して
みればよかったな~と今さら思っております…。

ところでいきなり質問をして申し訳ありませんが、BETTINAにも
かつて滞在されたセレブなゲスト満載のお宿の自慢アルバム(笑)は
ありました?そのアルバムが今回滞在した第一の目的だったりした
もので(ミーハーで恐れ入ります)…。

No titleNo title

あ、ISEHだっ!私もシュピースゆかりの地であり、ライステラスビューポイントでも
あるというこの村がちょっと気になってたんです。
もうちょっと幻想的なイメージだったんだけど、お天気いいと普通に
きれいなライステラスビューなのですね。(この「普通」っていうのは悪い
意味じゃなくてね)
ラフティングかぁ、やったら楽しいんだろうけどナマった身体には
ちょっとキツそう。でも1回は挑戦してみたいゾ!
おいしそうなワルンもあるし、SIDEMEN、急激に注目エリアになって
きちゃったんですけど~。(まだチャンディダサにさえ行き着けてないのに!)

No titleNo title

BETTINAには、セレブアルバム、なかったんですよ。
AGENGを見学したときに見つけて、
思わずミックの写真を、写真に撮ってしまいました。

そういえばgunungさんストーンズ好きでいらっしゃるんですよね?
昔話ですが、初来日とヴードゥーラウンジツアーはドームに行きました。
また行きたいんですけど、最近の来日公演は高すぎて……。

シドメンの中心部までの散歩は、だいた片道30分だったかな。
景色だけなら、北上するほうがキレイで、
レストランや賑わいを求めるならシドメンまで出るのがよさそうな感じ。
ただあの宿って、散歩に行こうにも、
まず街道に出るまでがひと仕事ですよね。
ベモは上下とも5分間隔くらいで走ってたので、
疲れたら乗ると決めるなど、上手に利用すると便利そうでした。

No titleNo title

ベッティーナさん
うんうん、ISEHって、語感というか響きからして幻想的な感じがしますよね。
でも確かにこの日は爽やかな夏の高原というようなイメージの
風景が広がってましたわん。のびのび~!な気分になれました。
ラフティングは、相当体がなまりきっている私でも何とかなったよ~
(漕いでないからなんだけどね・笑)。なんか、よそのボートと水の
かけ合いしたりとかして、ちょっと童心に帰れちゃったりもして。
ぜひSIDEMENへ行かれたらついでにチョバってみることを
オススメしたいですわ(笑)。
というかホント、ぜひぜひいつかSIDEMEN~ISEHを巡ってみてねっ。
チャンディダサとセットにしてもいいかもだしね(勝手に盛り上がって
スミマセンー)。

No titleNo title

manzaさん
お返事ありがとうございますー!
BETTINAにはアルバムはなかったのですね。その点においては
AGENGでよかったかもと思ってしまいました(笑)。
すみません、ホントにミーハーで。もちろん私もミックの写真を
写真に撮ってきましたよ~(笑)。やっぱりそりゃ撮りますよねっ!
そしてmanzaさんもストーンズのライブに行かれてたんですね!
それはとってもうれしいお話です。でも確かに最近のチケット代ってば
高いですけど、その頃より今のほうがさらにカッコいいのも真実で…と、
また熱くなってしまってスミマセン・汗。

そしてそうそう、あのお宿から街道に出るまでがまず大変そう。
あの坂道を上り下りするだけでもかなりいい運動になりそうですよね。
それにしても片道30分もの散歩をされていたmanzaさんもすごいですわ。
ベモがそんなに頻繁に走っていることも知らずにいたので、
次回再訪した時にはそれも利用したりして行動範囲を広げたいですー。
貴重な情報をありがとうございました!

No titleNo title

即レスでスミマセン。偶然なんです、ホントに……。
ストーンズ、パワーアップしているのですか!
確か8月までヨーロッパ回ってますよね。
キースがまた木から落ちないうちに、観ときべきですかね。
ああ、突然気になってきました。困ったなあ。

No titleNo title

manzaさん
即レスありがとうございます。ストーンズの話、うれしいです(笑)。
そうなんですよ、明らかにパワーアップしてます!
衰えないんじゃなくて、パワーアップ。すごいですよ、ホント。
そしてそうなのですよ、8月までヨーロッパツアー!
でもこれで今回のツアーは終了らしいので(また次のツアーが
数年後にあるとしても)、私もぜひとも観ておきたくて、
でもどうするかとちょっと悩み中なんです…。うーん、どうしよっ!

No titleNo title

数年後のツアー、あるんでしょうか……。
初来日の時も、「最初で最後かも」みたいな雰囲気ありましたよね。
そのわりにいつまでも健在。うーむ。罪作り。

そういえば、パタルキキアンについてひとつお訊きしたいことが。
ホテルサービスの説明、もしくは説明書きってありました?
こちらは、知りたいこと、お願いしたいことはすべて自分から尋ねるのが基本で、
ホテルというより、敷地内の一軒家を借りているみたいな感覚でした。

No titleNo title

manzaさん
パタルキキアン、とくにホテルサービスの説明といったものはなかったんですけど、
チェックアウトの清算時に各部屋のルームレートの一覧表を持ってきてくれて(遅っ)、
その紙に12歳以下の子どもは50%チャージとか、トランスポート可、
長期滞在の場合はスペシャルプライス、といったようなことが書いて
ありました。でもその程度(笑)。FACILITIES INCLUDE A SMALL SPA
 POOL、という一文にはちょっと微妙な感情を覚えたりしました(笑)。
私たちも基本的にはこちらから尋ねてましたねー。ちなみに聞いてみたら
ランドリーサービスもあったので、お願いしたら翌朝仕上げで、しかも
お安かったのでほっとしました。あとフロントオフィスで国際電話&
国際FAXも使わせてもらったりもしましたです…。

ストーンズは、これが最後とか勝手に言って、いつも罪作りなことを
しているのはメディアのほうだと思うんですよ(笑)。でもやっぱり先の
ことってわからないし、今観られるチャンスは大切にしたいなぁと思って
はいるのですけどね(ヨーロッパツアーのことはまだ検討中どす…)。

No titleNo title

なるほど。一応インフォあるんですね。教えてくれないだけで(笑)。
フロントがもうちょっとホテルっぽかったら、だいぶ印象が違うんでしょうね。
なにか頼むときも、ひとの家にお願いするみたいで、面白かったですが。
そういえば、うちもランドリー利用しました。
で、いつ何を頼んでも、ほとんどおんなじ女の子(マデちゃん)が来るんで、
「働き者過ぎる!」と感心しておりました。

確かにストーンズの「これが最後かも」はメディアの煽り文句ですね。
ジャンルは違えど、似た業種に関わっているのでわかります……。
個人的には、ストーンズの合間に、キースにソロを出して欲しい。
以前のままのメンバーをそろえて。
それでライブやるなら、たぶんアメリカに行ってしまうと思います。
でもキースのソロ用のメンバーたち、最近は売れっ子になりすぎて、
スケジュール調整とかムリそうですけど。

No titleNo title

manzaさん
ランドリーは私のところもマデちゃんがきてくれました~。
でもそれ以外はほとんど男子2名でしたわ。
部屋ごとに担当が決まってたりするんでしょうかね。あ、でもALITに
きているマデちゃんも結構見かけました…やっぱり働き者!
パタル・キキアンもやっぱり宿のカテゴリーとしては「ホームステイ」に
なるんでしょうね。あのフロントには最初はちょっと戸惑ったけど(笑)、
なんだか確かにいろいろと面白かったなぁと思います~!

そして、キースのソロですかー!しばらくすっかり頭になかったけれど(爆)、
それ、実現してくれたらいいですねー!
今回のツアー後のメンバー個々の活動だとかは気になるところです。
とりあえず今は3作目のパイレーツ・オブ・カリビアンの公開が待ち遠しい
けど(笑)、でも生キースもやっぱり観たいな……(またまた激しく煩悩中
で失礼します…)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)