猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する大好きなお店で幸せディナー

FOODS



神楽坂・『アルベラータ』にて。
美味しいものが大好きな友人たちと、大好きなお店で今年最後のディナー。
この日の「本日のシェフのおまかせコース」は
・付き出し
・冷前菜の盛り合わせ
・海の幸ハンバーグ、サフラン風味の海味のスープとご一緒に!
・フェデリーニ、釜揚げシラスと水菜和え レモン風味
・カネーデルリ(チロル地方パンとチーズを使ったニョッキ風)、大山鶏レバーのラグー添え、
・蝦夷鹿肉のタリアタータ、茸入り赤ワインソース又は本日のお魚料理
・ドルチェ盛り合わせ
・カフェ
……以上だったのですが、自分でも後であれ?と思うほど、
あまりにも写真を撮っていませんでした。
よっぽど飲んで食べることに没頭していたんだろうな。
とくに大ヒットだった「海の幸ハンバーグ」と「カネーデルリ」の写真がないのには
我ながらちょっとがっかりしました。
この2品、本当に美味しかったのです。

でも↑の前菜盛り合わせもしょっぱなから素晴らしく。
とくにココット皿に入っている野菜のバーニャカウダが絶品。
アンチョビの効いたバーニャカウダのソースが、
いっそ飲んでしまいたいくらいに旨みたっぷりでした。



フェデリーニ、釜揚げシラスと水菜和え レモン風味。

釜揚げシラスと水菜とレモンのパスタ、あっさりしていて大好きー。
しかし写真の色が悪くてスミマセン!(すべてそうなってしまってます。ホントはもっときれい!)
上にふりかけられている焼きパン粉?のようなものもカリカリ香ばしくてうまいっ。
というか実はこれがものすごく好き。
このパスタの味を求めて、このお店に結構頻繁に通っていた時期もありました。



子羊背肉のホイル包み焼き、ロースト仕立て、香草風味
バジリコの香るエシャロットソース。

この「シェフおまかせコース」の肉料理は本当は蝦夷鹿肉だったのですが、
ワガママを言ってこちらのお料理に替えていただきました。
子羊背肉、最高でした。ありがとうございました。



ドルチェ盛り合わせ。



このチョコプリン、激うま。



カフェにも小さなお菓子がついてきました。
左の白い四角いものは自家製のマシュマロだったのですが、
こんなに美味しいマシュマロは初めてだー、
このオレンジの皮もうますぎー、と最後の最後まで盛り上がりました。



そしてこのイタリア料理店ほど、グラスワインをいただくのが楽しいお店は
私にとってはありません。
この夜も6~7種類いただいたのかな。
グラスワインだけれど、すべてのワインについてソムリエさんが
そのワインの生い立ちや作り手のポリシーなどを聞かせてくださるので、超楽しい。
お酒を飲めない友達も、そのお話を聞いているだけで楽しいと言っていたほど、
彼のお話はワインへの熱い思いがこもっていて聞き応えがあるのです。
そしてワインの味自体もかなり個性に富んでいて、
一杯一杯が発見と感動に満ちているという感じ。
さらに無添加のオーガニックワインが中心で、その体へのやさしさも実感。
とにかく添加物(酸化防止剤)の入ってないワインって悪酔いしないものなのね。
たくさん飲んだ後でも体がほんっと楽。



仲良しの友達と、今年の年始第一弾のディナーもこちらでした。
最後もこのお店で〆ることができてうれしかった!
そして「来年もどうぞよろしくお願いします」。
そう心から言いたいお店のひとつなのでした。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

gunungさん、まぁ、なんておいしそうなお料理の数々!
このお店知りませんでしたが、かなり魅力的です。
バーニャカウダやラム肉等、大好きな定番メニューもあり、さらに
海の幸のハンバーグとかカネーデルリっていうのもどんななんだろー?
とすごく気になります。
ステキなお店で、ステキな仲間達とのディナー、さぞ楽しいでしょうね!

No titleNo title

ベッティーナさん
こんばんは!
ああ海の幸のハンバーグとカネーデルリも写真があれば~(悔)。
カネーデルリって小さなニョッキ風のもので、それが鶏レバーのラグーに
とっても合っていました。コース全体としては最終的にはおなかがいっぱい
になる量なのですが、1品1品は抑え目なので、このカネーデルリは
もうちょっと食べたいわ~というかフルで食べてみたい美味しさでしたー。
接客もとても感じがよいので、神楽坂で食事、という場合には
個人的にはこのお店を推すことが多いです♪

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)