猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するHUDSON HOTEL@NYC①パブリックスペースのこと

NYC



↑Lobby@HUDSON HOTEL

今回のNYC旅行では前半3日、後半3日で宿泊するホテルを変えました。
前半はエアライン各社のクルー御用達のお手頃大型老舗ホテル(後日UPします)、
後半はこの『HUDSON HOTEL』に。
まずハード的には気に入った、ハドソンホテルのほうからアップします。

NYCはせまーい土地の中に、お宿もおそらく星の数ほどぎっしりあり、
値段も広さもサービスも当然ピンキリ。
しかし前回(4年前)のNYC旅行の時にプレオープン&パッケージにつきお安く泊まれた
『The Westin New York at Times Square』に滞在して快適に過ごせた記憶があるために、
今回もあんまり宿泊先のランクは落としたくないなーという欲が出てしまいました。
でもウェスティンは今は1泊6万円以上はする高級ホテルなので、今回は予算的にムリ。
そこで毎年コンスタントにNYCに行っているマスコミ系知人に相談したら、
わりに料金的にも手頃で、友達とふたりでもゆったり滞在できそうなホテルを
何軒か教えてくれました。

そのうちの1軒がハドソンホテル。
米国内のいわゆる「風変わり」「お洒落」系(オサレといったほうがしっくりくる)ホテルを手がける
イアン・シュレッガーグループのデザインホテルで、
デザイナーはフィリップ・スタルク
ちなみにフィリップ・スタルクはアサヒビール本社のスーパードライホール
デザインをした人でもあるそうな。妙に納得。
上のロビーからして、さすがなデザインがされてる!感はものすごくあります。




ロビーから少し奥まったところに、椅子やソファが置かれた
くつろぎ(Waiting?)スペースがあります。
蛍光色にライトアップされたエスカレーター脇にあるので、
座る位置によっては上ってくる人と目が合うこともありますが、
ここで過ごしているたいていの人は「家かよ」というくらい、
リラックスしまくり。
照明も薄暗くて、何気に時間を忘れる空間って感じです。




こちらはそのくつろぎスペースからも中が見えるハドソン・バーの一部。
(すみませんがこれしか撮っていないので、
ご興味のある方はリンク先から全体像をご覧下さいませ。サイトの写真のままです)
一度はこの有名(らしい)バーで飲もうと思いつつ、
今回はその時間を作ることができませんでしたが、
間違いなくオシャレなニューヨーカーが集うスポットであります
(何の説明にもなってなくてスミマセン)。
ちなみにロビー及びエレベーターの中は始終ガンガン音楽が流れていて、
日中でもクラブっぽい(どこもかしこも薄暗いし)。
うるさい音楽が苦手な人には、その段階でちょっときつかったりするのかな。
宿泊フロアはもちろん静かだけど。




ロビーと同じフロアにあるライブラリー。
ここもとっても座り心地のいい椅子やソファがゆったり配置されていて、
みんなそれぞれ好きなようにくつろいでいました
(くつろいでいる方が多数なので、あまり写真は撮れず)。
といっても私はチェックインを待つ間に利用しただけなのですが、
その時に猛烈な睡魔に襲われ、このライブラリーの椅子にて爆睡。
寝心地は実によかったけど、すごいアホ面をさらして人々のお目汚しに
なっていたに違いないととても反省しました。

ライブラリー入り口にちょっとしたバーコーナーがあり、ドリンク類は常時いただけるようです。




こちらもライブラリーの中。
ロビーなども含めて、こういうインテリアというかデザインが
好きかどうかは好みが分かれるところかなと思いますが、
個人的には単純におもしろいなぁと思いました。
好き嫌いは別にしても視覚的にはとにかく楽しめる感じ。

そしてこのホテルの表立ったところにいるスタッフは、
基本的にイケメン&きれいどころばかりです。
人当たりもいいです(ただし、その接客に実が伴っているかどうかは別として)。
泊まらずとも、ただ遊びに行くだけで目の保養にはなるかも(本当か?)。
でもロビーやライブラリーで、空間にしっくりなじんだ過ごし方をしている人たちも素敵だし、
そういう意味でもNYCらしさを感じられるホテルだなと思います。




こちらはプライベートパークの一部。
このホテルのサイトを初めてチェックした時に
とても心惹かれたのがこのオープンエアスペースと、
15Fにあるスカイテラスでした。
NYCの建物は全般的にちょっと窮屈で閉塞感がある、というイメージが強かったため、
ホテルのパブリックスペースとしてこういう開放感のある場所があるのはいいなぁと
思ったのです。
でもこの屋外スペースは4月~10月までの期間限定オープンで、
その期間中でも天候によってはクローズされてしまうということで、
今回はここに出る機会はありませんでした。
しかしそれ以上に部屋そのものに十分開放感があり、
ただ部屋にいるだけで気持ちよく過ごせたので、
パブリックスペースでくつろぐ必要性は、あまり今回は感じなかったかな。
(そもそも出歩きまくっていて、ホテルにほとんどいなかったんだけど)
部屋の写真は次回アップします。




このホテルはコロンバスサークルの近くにあり、ミッドタウンの五番街あたりに行くにも、
アッパーウエスト散策するにも徒歩圏内、
地下鉄駅も近いし、どこに行くにも便利なロケーション。
セントラルパークも歩いてすぐ。
NYCでこの近くに行かれてもし気が向いたら、パブリックスペースをのぞきがてら
ちょっとお茶する(写真はないけどダイニングもあります)とかの
使い方もありかな? とも思ったりします。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

gunungさん、こんばんは☆
わー、なんかNYっぽいですね、このホテル!(ていうかNYっぽいてどんなん?ってつっこまれそうですが・・・笑)
以前はNYも行って見たいと思っていた時期もあったんだけど、今はなんだか遠い存在ではあるけど、やっぱワクワクできそうな街だな~と思います。お部屋のUPも楽しみです!

No titleNo title

やまさま、ワタシこの世界好き~。と思ったら
モーガンズやサンフランシスコのクリフトと同じ系列なのね!
NY Morgans は改装前に1度泊まったの。たしか5年くらい前に
改装したよね?いつか改装後のMorgansに泊まりたいって思って
たの~。でも、やまさまが泊まったとこの方が開放感ありそうだね
いやーんNYC宿代(&税金)高いのに、誘惑多すぎ~
お部屋レポ楽しみ。気に入らないわけがない(爆)

No titleNo title

バリバリさん
こんにちはー!
ねっ、NYっぽいですよね♪私もNYっぽさって何なのかはよくわからないけど(笑)、
こういうイメージもありますよね。
私もストーンズがなければNY行きは当分なかっただろうと思うのですが、
いざ行くとなったらやっぱりすごーくいろんな情報が欲しくなったので、
いつかどなたかのお役に立てるようにちょっとアップしていきますね☆
でもレポというものがとても苦手なんですけどにぇ・・・。
私はバリバリさんのバリレポを拝見しているとめちゃワクワクしますー!

No titleNo title

viajeraさん
実はここに滞在中、隊長のことをよく思い出していたんですよー(もち、
イメージ上の隊長のお姿だけど・笑…)。
隊長がお好きな世界のような感じがすごくしたのですー!うれしい♪
部屋のほうはちょっとシンプルすぎるかもしれないけれど(あと、私の
写真がなんかいまいち!スミマセン~)。
このグループのホテルって、雑誌で見たことはあっても今回まであまり
気にとめたことがなかったのですが、モーガンズもよさそうですよねー。
そしてNYCの宿代&税金はホント私には頭の痛いところだったなぁ。
ハドソンはお手頃というより、安いといってもいいと思いましたもん。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)