猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する記念すべき5つ星ホテルデビューのはずが

過去の旅



香港・『ザ・ペニンシュラ』

また古い話になりますが、1996年のこと。
当時、香港の中国返還直前キャンペーンのようなものがあり、
超高級ホテル・ペニンシュラもわりとお得な価格設定になっていたので、
思いきって1泊だけしたことがありました。
画質が悪くてすみませんが、その時泊まった部屋の写真です↓。



とにかく部屋が広いことにまず感動。
ベッドまわりのシルキーなファブリックの肌触りのよさにもうっとり。



どこをとっても上質&エレガント。



大理石の洗面所。
ここで顔を洗ったら何だかきれいになれそう、
とわけのわからん錯覚まで抱いてしまいそうなほどピカピカ。
バスルームの写真がないのですが、このお風呂の部分だけでいいから住まわせてーと
お願いしたくなるほど、広くてゴージャスでした(いちいち貧乏くさい感想が余計かな)。



デスクや照明も素敵で。
ホテルにこもって締め切りの原稿を執筆中の文豪気分を、束の間満喫?



このソファでは気どったポーズで友達と写真の撮り合いっこ。



もちろんこの椅子でも、おすましポーズで撮影会。

とまぁ、それはもうウキウキ楽しいおのぼりさん状態全開だったわけですが。
チェックインに至るまでに、ちょっとばかりズドンと落とされる出来事もあったのでした。
ペニンシュラに泊まる前はマカオに滞在していたので、
マカオと香港を結ぶフェリーの発着場からタクシーでホテルに向かいました。
タクシーに乗り込み、「ペニンシュラホテルまで」と運転手に告げた時の私は、
きっとものすごーく鼻高々の得意げな顔をしていたはず。
だって私にとっても、一緒に行った友達にとっても
初めて泊まる5つ星ホテルにいざ向かわんという時だったのだから。
そしていよいよ近づいてきました、ペニンシュラ!
しかしタクシーはなぜか、正面玄関ではないほうに向かっていきます。
そして「はい、つきましたよ」と降ろされた場所は
なんとペニンシュラの裏口。

がぁ~~~ん。
もしかして私のルックスがホテルの従業員に見えたとか?
(友達のほうにはまったくそういう疑いはないと思われ)
でも仮にそうだったとしても、断固としてそんなことは認めないぞ。
あの運ちゃんにこれだけは言いたい。
「よくも、よくも私たちの記念すべき5つ星ホテルデビューの瞬間を~!!」

当然のことながら玄関で出迎えてくれるポーターに
バッグやスーツケースを持ってもらえることはなく、
自分たちでずるずると荷物を引きずりながら、
裏口からロビーへと向かったのでした。

ま、なぜここで降ろすの? と疑問に思いながらも
そのまま降りてしまったのも今考えるとアホすぎでしたが、
今でもこの時一緒だった友達とは、この話は笑いながらの語り草。
そろそろまたチャンスがあれば香港にてリベンジも
したいものだけど、いつになることやら。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

うう!私も同じくらいの時代に同じような体験あり@FSJ (笑)
ええ、あのバスタブ泡々にしたいがために泊まったFSジンバランよ!
ギリからフェリー経由プラマの(!)バスでクタ(バリ)に着き、ヨレヨレで
白タクつかまえて「FSJに行って」ってゆったら道中「え?泊まるの?
FSって高いよ。良く似た安いホテルがあるけどそっちにしたら?」
的なことを言われてわざわざその宿に寄り道されて(かなり屈辱)
「つべこべゆわず、行って」と言ったら今度はタク料金ふっかけはじめて
「約束と違うからストップ。降ろして!」って強く言ったら、運ちゃんよりも
同行者の方が、内心"こんなとこで降ろされても、"って焦ったあの日。
結局私たちがFSにチェックイン済ませるまでそのタクの運ちゃんは
ロビーの停車するところで私達の動向を見守っていたぞ
私たちが締め出されて、またタクが必要になると思ってたのかな(笑)
今思えば、いい笑い話というかネタ。
やまさまの今日のお話で、一気にあの時の記憶が蘇ったわ(笑)

No titleNo title

香港ペンは、いかにも、時代がかって、、、マンダリンか○○○のほうが、、、だけど、VIP気分でうよいご経験ですね。地下のアーケードでお買い物だったかな。
  • 2006.10.02 Mon
  • fisheyes
  • URL
  • EDIT
  • top↑

No titleNo title

それはそれは・・・ものすごいオチ付きの5ッ星体験でしたね^^;
それにしても超庶民派な私は、gunungさん曰く“貧乏くさい感想”に毎回大ウケさせられるのです。
いや~オチも最高です!

No titleNo title

viajeraさん
なんだかその運ちゃんの人相や口ぶりまで目に浮かぶようですわー。
まったくこっちにとっては大きなお世話極まりない、ネガティブな想像力を
勝手に働かせてくれる運ちゃんズだよね(笑)。
そう、私がその時感じたのも、まさにかなりの屈辱感(笑)。
でも後々こういうことのほうが笑いのネタになるのも事実で。
隊長にも同じような経験があったと知って、またひとつ救われた気分ですわっ!

No titleNo title

fisheyesさん
そのタクシーの運ちゃんによって自分たちがVIPじゃないということを
思い知らされたというわけで、決してVIPな経験とはいえなかったのです。
でも私は時代がかったホテルが好きなので、ここでの滞在は大満足でした。

No titleNo title

nyaoko_surfさん
まったく失礼しちゃう話でしょ(笑)。
ホテルに入館という始まりの前から、すでにオチているという…。
もう、あまりにも期待してなかった展開すぎ~。
でもでも、ウケていただけたならうれしいです!
しかし実際貧乏くさいなー、自分。とつくづく思うんですけどね(笑)。

No titleNo title

ペニンシュラには、お茶だけしに行きました。
なので、クラシックで素敵なお部屋を拝見できてうれしいです。
しっかし失礼な運ちゃんですね。
でも、なんかこういうハプニング(?)があった旅のほうが、
妙に印象に残っているんですよね。
来年、東京にペニンシュラがオープンするそうなので、ちょっと楽しみです。

No titleNo title

yorakuさん
多分というか確実に今はまたインテリアも変わっていると思うのですが、
ホントに素敵なお部屋でした!これでちゃんとあの正面玄関から入ることが
できれば、何も言うことなしだったんですけどね(笑)。
でも確かにハプニングがあった旅のほうが印象には残っていますね~。
そうそう、東京ペニンシュラのオープンも楽しみですね!
ちなみに2年後くらいにオープンに予定(?)の京都アマンも気になってます。
泊まることはおそらくないと思うけれど(笑)ちょっとワクワクです。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)