猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するワタシのミタカ

LIFE



今日、出先から地下鉄に乗って帰ろうとしていたら、
偶然知り合いに会った。
かれこれ6~7年くらい会っていなかった幼なじみに。
彼は、このブログの前々回にアップしたロスカボスのラバーズ・ビーチで
一緒にトドのようになって馬鹿みたいに遊んだ人なので、
あの写真をアップしてから結構濃ゆい感じで思い出したりしていたんだけど、
そしたらそんな矢先に突然ばったり会ったので、本当にビックリした。

ついでにもうひとつ彼について、最近思い出していたことがあった。
というか、夏がくるといつも何となく思い出しちゃうんだけど。
ある年の夏、彼も私もそれぞれの恋路だの何だのでかなり悩んでいて、
そういう話をお互いに延々とした日があった。
そして私は彼にいろいろ励ましてもらっていたのだけど、
彼に対しては何と言葉をかけたらいいものか、わからずにいた。
彼のほうがより深刻な状況にあったのである。
すると彼は唐突に言ったんだな。
「俺には嶋大輔がついてるから大丈夫」、と。
「は? 何? 嶋大輔って」
「つっぱることが男のたったひとつの勲章なんだ」
「は、はあー」
「この胸に信じて生きていくんだ」
……*注・彼は横浜銀蝿一家のファンだったわけではありません。
(しかし嶋大輔の『男の勲章』を知らないと全然わからないネタでスミマセン)

その「嶋大輔がついてる」発言を聞いたら、
自分の悩みもなんだかばかばかしいものに思えてきて
精神的には結構救われた。
そしてその後も私がさらに落ち込んでイジイジしていた時に、
また彼は言っちゃってくれたんだな。
「まーとにかく俺はいつでもgunungさんのミタカだからー」、と。
「キミの味方」とかダイレクトに言われてたら、
きっと幼なじみゆえに相当照れくさかったりして
素直に受け入れることはできなかったかも。
でも「ミタカ」と軽いタッチで言ってもらったことで、
あーよかった、私にはミタカがいるんだ~と安心できたのだった、心底。

そんなありがたい記憶とともにある人なのに、
そんな人に超久しぶりに会ったというのに、
ワタシの大事なミタカだというのに、
つい思ったことをそのまま言ってしまった。
「オヤジになったね~」
まぁそれって、彼も私に対して同じ意味のことを
言いたかったことだろうけど。
しかし元気そうでよかった。
8月2日・ティアラこうとう大ホールにて。


会場の外では「エスニック・ナイトマーケット」開催中でしたが、
ナシゴレン&ミーゴレン屋台は大行列で、
並んでいたら開演に間に合いそうにない状況だったので断念。
しっかし、うまそうなにおいが漂ってましたなぁ。



上演中はもちろん撮影禁止です。
ザッツ・エンターテイメント、なステージでした。
打楽器の奥行きの深さというか、スアール・アグンの幅の広さを
かなり感じさせるプログラムで。
スウェントラさんってやっぱり優れた音楽家なんだなーと
今さらのように思いました。なに、この感想。って感じだけど。



終了後は錦糸町のタイ料理屋さんへ。
最初に運ばれてきた料理の量が少なかったので、
全部そういう感じなのかと思ってガンガンに頼んだら、
結果的にとんでもない量になってしまいました。
またも食べすぎな夜。ごちそうさま!

コメントの投稿

secret

No titleNo title

こういう異性の友達って大事(笑)
嶋大輔にウケてしまったわ~。

No titleNo title

b_nomadさん
ふふっ、嶋大輔って、ねぇ(笑)。
ちょっと↑の文では説明が足りなかったのですが、その歌が流行って
からすでに10年以上はたっていたある夏の日の話だったので、
とっても唐突に発せられた名前だったんですよねぇ、私にとっては。
ほんと、おもしろいヤツです(笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)