猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する猫の知性

LIFE

image1_convert_20170523194737.jpg

我が家を時々訪れる、近所の飼い猫・姫ちゃん(仮名)の話。
姫ちゃんの我が家での行動パターンは、①おやつを食べる→②毛づくろいする→③押入れの中で寝る→④数時間後に起きておうちに帰る(絶対に泊まることはない)。

①の「おやつを食べる」のとき、姫ちゃんはいつも2分の1~3分の1くらいおやつを残す。
初めてのときは、おなかがいっぱいでいらないのかなと思って、姫ちゃんが寝ている間に残ったおやつを片付けた。
その後しばらくして眠りから覚めた姫ちゃんは、真っ先におやつが置いてあった場所に向かった。
そしておやつ皿がなくなっていることに気づき、明らかにフリーズした。
「あれっ、せっかく残しておいたのになくなっちゃってる!」
あのときの姫ちゃんの小さく固まった後ろ姿にふきだしをつけるとしたら、中に入るのはこんな台詞だったはずー。

そこで次からは姫ちゃんが残したおやつをそのままにしておくようにした。
姫ちゃんは後から食べるためにわざと残している。これは間違いない。
④の「数時間後に起きておうちに帰る」は、正確には「数時間後に起きて、残しておいたおやつを平らげてからおうちに帰る」なのである。

猫もそんなふうに食べる量をコントロールしているのだなあ。
どんな考えで残しているのかはわからないけれど、起きたときの楽しみにしていたりするのかなあ。
にゃんともかわいいなあ。

ちなみに、わたしが玄関のドアを開けないと、姫ちゃんは出入りすることができない。
姫ちゃんが帰りたいモードになったときは、どんな深夜であってもわたしも気づいて起きて玄関のドアを開けて見送るのだが、昨年の夏、一度だけ爆睡してしまってまったく気づかなかったときがあった。
気がついたのは、腕に何か触れるものを感じたからだった。
目を開けると、姫ちゃんがわたしの枕元にちんまり座り、爪の先でわたしの腕を押していた。
それが肌に跡がまったくつかない絶妙な圧で、力加減をものすごくコントロールしてくれているのがわかった。
(だってもし本気で爪を立てられたら流血の惨事になるものー)
わたしが目を覚ますまで、どのくらい姫ちゃんが待っていたのかわからないけれど、「どうしたらこの人間は起きてくれるだろう」とめちゃくちゃ考えての行動だったんだろうなと思うと、申し訳ないのと同時にいとおしさが募る。
動物の賢さよ。知恵よ。尊さよ。

トップの画像は、冬の頃にベローチェでドリンク3杯につき1匹もらえたふちねこちゃん。
全5匹中4匹しかゲットできずでしたが、ほんとよくできててかわいいのね。