猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する結果オーライat仙台

DAILY

P1010067-001_convert_20161225122210.jpg

メリークリスマス! と書きながら、クリスマスとは何の関係もないポテトフライ画像。
こちらをいただいたのは昨日24日の朝。

P1010066-001_convert_20161225122239.jpg

仙台駅構内のキリンシティにて、ブラウマイスターと共に。
前日に仙台に1泊して、新幹線で東京に帰る前の1杯。
ホテルで朝風呂に入ってわりとすぐにチェックアウトしたため喉が渇いていたのでひときわおいしく感じた。
旅先での朝ビーはやっぱ最高やね。

↓は23日夕方の仙台駅前。

image1_(11)_convert_20161225122712.jpg

なぜ仙台に行ったのかというと、

P1010063_convert_20161225122555.jpg

東京公演は観ることができなかった『サンバイザー兄弟』を観るため。しかも大千秋楽だった!

P1010062_convert_20161225122355.jpg

会場でもらった「兄」サンバイザー。青の「弟」サンバイザーもあるんだよ~
兄は増子さん、弟は瑛太さん。ふたりの兄弟ぶり、とてもよかった。
瑛太があんなに笑わせてくれるとはー

image2_(5)_convert_20161225122737.jpg

ちょっと疲れていたせいで、ストーリーや笑いについていかれない面もあったけれども、おもしろかった。
ライヴならではの楽しさ満載であった。
もっとお芝居を観たいなーと思った。大人計画初体験でしたし。
観客みんながお腹を抱えて笑っているのっていいものだ。

そして何より、今年一番はまったドラマ『ゆとりですがなにか』のクドカン作・演出の舞台であり、今年3月まで『あさが来た』の亀助さん役で夢中にさせてくれた三宅さんも大活躍の舞台であり、2017年自分的“時の人”たちの舞台で一年を締めくくれるのはとてもうれしいのであった。まだ実質的には締めくくってはいないけれども、気持ち的には。

しかし別に日帰りできないわけでもないのに宿泊したのは、終演後にこの時期の仙台の風物詩、光のページェントを観に行こうと思っていたからなのだけれども、自分のスケジューリングミスでそこまでたどり着けず……とほほーん。
しかもせっかく仙台にいるというのに、晩御飯を大戸屋で慌しくいただいたのもなんだかとほほ。おいしかったけど。東京だと全然行く機会がない店なのでむしろ貴重か。
それもこれも疲れすぎていたためにホテルのスパのマッサージを予約しており、その予約した時間に間に合わなくなるーという状況になってしまったせいであったのだけれども、結果、マッサージを受けて温泉に入ってゆっくりできたのだからよかった(天然温泉のあるホテルだったのです)。

P1010060-001_convert_20161225122510.jpg

こちらで買ったクリスマス仕様のショートケーキも移動中に崩れてしまってとほほだったけれど、おいしかったから結果オーライなのであります。

交通も。23日お昼前後の東北新幹線は、福島駅での信号トラブル?の影響で大幅に遅れていたのですが、わたしが指定席をとっていた新幹線は30分程度の遅れで済んだのでラッキーだったのであります。
24日午前中は普通に運行してくれていたのでよかったのであります(午後、一時運転見合わせになったらしい……)。

P1010073-001_convert_20161225122319.jpg

福島駅から見えた吾妻連峰、美しや。

P1010078-001_convert_20161225122143.jpg

大宮辺りからは富士山も見えたー!