猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するオレ!オレ!オレ~!

ROLLING STONES

image1 (5)

9月に“一夜限りのプレミア”上映会をやったばかりなのに、11月にまた“一夜限りのプレミア”上映会ですか~
と、上映会のニュースを知ったときには思ってしまいましたっす。
いくら内容が違うといっても、2回続けての“一夜限りのプレミア”にはなんだかモヤっとしてしまったっす。
が、んなこと言ってても行きますよね。そりゃね。これね。

結果、まんまと、行ってよかったー!! となっております。

TOHOシネマズ新宿スクリーン7の大スクリーンと音響はやはり素晴らしいのであった。
そしてそこにいる人がみんな、ストーンズが好きなんだなと思うと、それもやっぱりとても素晴らしいことに感じた。

スクリーンの向こうで、中南米各国のストーンズファンの人たちがそれぞれに歓喜の涙を流していた。
どうしたってもらい泣きしてしまうのだが、その喜びは、自分の想像を超えたものなのだなということがよくわかるような、そんなドキュメンタリーだった。

さらにこのドキュメンタリーはストーンズのメンバー一人ひとりの歩んできた道のりが伝わってくるものでもあり、彼らの仕事に対する考え方や姿勢に深く胸打たれるものでもあった。
「それが仕事なのだから、楽しまなくちゃ」というミックの言葉(正確ではない)、座右の銘にしたいくらいじゃ。

そう、メンバー各々の名言集でもあったな。
本当に知的で聡明な人たちだなーと思う。あえて書くのもどうかと思うけど、真面目で誠実だし。

はー、しかし、なんといってもキースです。
キースの言葉とステージでのまさかのあの姿に大泣きのあっしであった。
キースキースキース。大好きすぎるよキース。

映像も美しかった。
ポール・ダグデイル監督、これからも注目だ。
素晴らしいスタッフがそれぞれに素晴らしい仕事をしているのだなー
単純に、自分ももっとがんばらなきゃと素直に思う。

ファンのみならず全人類が観るべき映画だ!とさえ最後には強く思うに至り、だからこそ一夜限りとかいわないでもっとジャンジャン上映してほしいものだなーと切実に願うのでありました。いろいろ難しいのかもしれないけれど。