猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するRSS

LIFE

P1010025_convert_20161120184116.jpg

来年の多摩猫カレンダーが届きました。

P1010026_convert_20161120184141.jpg

RSSリーダーに登録して拝読している小西さんのブログ、最近とくに印象的だったのがこちらの記事

すべての家のない人と猫がこの冬も無事に過ごせますように。

P1010007-001_convert_20161120184043.jpg

話は変わりますが、こちらのブログもRSSリーダーに登録していて、時々更新されるのを楽しみにしていました。
心を揺さぶられたエッセイもたくさんあるけれど(こちらとか)、このお買い物ブログがなんだかとても好きだった。
文章に品があって、読んでいて心地よかった。素敵だなと思っていました。

今まで読んできたもの以外のことは知らないけれど、あの素敵な人がいなくなってしまったんだな、と思う。
文章を読んでいるうちに心が近くなっていくことがあるというか、書き手に勝手に親しみを覚えたり、知った気になったりしているようなことが自分には多いのではなかろうか、ということにも気づいた。
でもそれが文章の力というものでもあるのだよね……と何を書いているのかわからなくなってきましたが。


こんなにも悲しみが、体中を突き刺すように伝わってくる文章はそうないな、と思いながら、今日、こちらの記事を読みました。
http://nomuch.hatenablog.com/entry/2016/11/19/194147