猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する和食バンザイ

FOODS

P1010007-001_convert_20161102181317.jpg

先日、こちらのお店でいただいたおまかせコース。

まず八寸。栗の姿揚げ、銀杏、栗の白和え、穴子寿司、くちこ、れんこん、秋刀魚の燻製。
どれもおいしいのですが、とくに穴子寿司と秋刀魚の燻製に舌が大喜び。

P1010010-001_convert_20161102181451.jpg

きのこと焼きなすの白味噌椀。甘くて、香ばしくて、一口ひとくち、ものすごい多幸感。

P1010012-001_convert_20161102181517.jpg

お造り。
カボスを絞って、塩でいただく。わさび醤油もよいけれど、塩もかなりよいー。
そして手前のイカのわたの旨みのすごさよ。イカにつけてももちろん絶品。

P1010013-001_convert_20161102181539.jpg

最初はビールをいただいておりましたが、このお料理にはやっぱり日本酒でしょーということで、会津中将純米吟醸ひやおろし。
他にもいろんな日本酒がメニューにありましたが、私の一存で友人たちにも会津のお酒につきあってもらいました。
クセのない、とても飲みやすいお酒でありましたよ。

P1010015-001_convert_20161102181613.jpg

鱧と松茸のお吸い物。

P1010016-001_convert_20161102181637.jpg

鰤の西京焼き。
トマトの煮込みを万願寺唐辛子にのせた付け合わせもおいしかったー

P1010020-001_convert_20161102181706.jpg

里芋のきのこ餡かけ。
温度とか口当たりとか味わいとか、すべてがやさしい。

P1010023-001_convert_20161102181732.jpg

そしてこちらのお店の真骨頂はおくどさん(かまど)で炊いたご飯。
炊き上がる直前の“煮えばな”をまず少し出してくださいます。
ちょっと芯が残っているご飯の、その味わいに意識が集中。

P1010030-001_convert_20161102181837.jpg

炊き上がったご飯は、赤だし、めざし、お新香、明太子、いわしの甘露煮とともにいただきます。

P1010032-001_convert_20161102181906.jpg

さらにおこげの部分を取り分けてくださいます(おこげの写真を撮っていなかったー)。
このちりめんじゃこもおいしかったなー
そしてわたしはさらにこの後もう一膳いってしまいましたよ……

P1010036-001_convert_20161102182014.jpg

デザートのセッティングも美しい。

P1010038-001_convert_20161102182112_20161102184827a2a.jpg

いちじくのワイン煮。

P1010042-001_convert_20161102182246.jpg

一口ぜんざい。器がかわいい。

P1010046-001_convert_20161102182146.jpg

はあー堪能いたしました~。

個人的にすごく思ったのは、こんな上質な料理を自分で作ることは当然できないのだけれども、しかしやっぱりもうちょっと手をかけた食事を普段からするようにしよう……ということでした。
おいしいものをおいしく味わうことの大事さを改めて思う、そんなコースでありました。