猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する“Let the GOOD TIME's ROLL”

SONGS&WORDS



先週のことですが、小坂忠さんのデビュー50周年記念ライヴへ。

バンドのメンバー、そしてゲスト(以下50音順)。

Asiahさん
尾崎亜美さん
小原礼さん
金子マリさん
駒澤裕城さん
佐野元春さん
鈴木茂さん
曽我部恵一さん
中納良恵さん(EGO-WRAPPIN')
西海孝さん
西村浩二さん
林立夫さん
細野晴臣さん
真城めぐみさん
松たか子さん
MONKY(BBBB)さん
YASSY(BBBB)さん
矢野顕子さん
山本拓夫さん
吉田美奈子さん

そして音楽監督がDr.KyOnと佐橋佳幸さん。

なんという贅沢さ、でありました。心地よくて、あたたかくて、楽しかった。

ひとつのことを50年続けることのすごさって、年をとればとるほどわかるものだな、ということもしみじみ思ったりしました(先をゆくあのバンドももちろんですが!)。
そして50周年を祝って一緒にステージに立つ仲間がこんなにいるということの素晴らしさも。

娘のAsiahさんと一緒にステージで歌うのがずっと夢だった、それが叶った、とおっしゃっていた。
そういえば7月の石橋凌さん還暦バースデーライブでも父娘の共演があり、ふたりともとてもうれしそうに歌ってたっけ。
父と娘があんなに仲良しになるんだなーと、素朴に新鮮な気持ちになったりとかもして。

あと、同性目線での年齢の重ね方として、やっぱり吉田美奈子さん、金子マリさんって、かっこいいたらありゃしない。

それぞれの単独ライヴをぜひとも観たい! とすんごく思ったのはあっこちゃんと松さん。

と、いつものことながらレポなどにはまるでなっていない、どうでもいい感想の巻で失礼しましたー。