猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するゆとりを思い出しながら

DAILY



もはやテレビに関しては、毎週日曜日の『真田丸』だけが唯一心から楽しみな番組となっている今日この頃。
なぜにそんなに楽しみなのかというと、観ている間は本当に余計なことを考えないというか、完全に集中してその世界にどっぷりつかれるからなのだろうな。
つまりなんというか濃度が高いと思う、ドラマの。
そして登場人物が、それを演じる役者さんが、みんなそれぞれ魅力的で好ましい。
そのように感じることができるのは、やっぱり脚本や演出が考え抜かれているからなのだろうな。

ということを、こちらのクドカンのインタビューを読んで改めて思った。
『ゆとりですがなにか』についての下記のコメント。

初めて一緒に仕事する方が多かったので、役者さんの魅力をどういうふうに自分がまず気が付いて、その魅力をどういうふうに伝えれば面白く伝わるかっていうのと、どういうふうに描いたら本人たちがノッて演じれるかっていうのを考えていました。


ああ、だからあんなに面白かったのかー! みんながみんないとおしかったのかー!
とあまりにも腑に落ちるのであった。
絶対、絶対に伝わるものだなあ、そういうものなのだなあ。とな。

そしてクドカンは役者さんの魅力に気づいて伝える天才なのに違いない。

と、真田丸の話からクドカンの話になってしまいましたが元に戻すと、三谷さんすごいなと毎週感服しております。
ちなみに本当に本当に心から終わらないでほしいと思った人生初のドラマは、三谷さん脚本の『王様のレストラン』だったな。
ものすごく大好きだったな。

忙しくてテレビを観る時間すらもったいないと思う日もそりゃあるのだけれども、楽しみなドラマがあると断然ハリが出るのだよね毎日に。
来期には期待したいなー。とくにNHK朝ドラ。

作り手の思いみたいなところを、結局は観ているのだと思う。なんにしても。