猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する石橋凌SOULFUL CARNIVAL@赤坂BLITZ

LIFE

20160521-ishibasi.jpg
(画像をお借りしました)

人生初のスタンディングライブは、確か中3の夏休みに仙台で観たARB。
NHK仙台のFM番組の公開録音ライブだった。
ものすごい熱気で、客同士もみくちゃになりながら観た。
前の人の髪の毛から飛び散る汗が時に口の中に入ったりするほど、ぎゅうぎゅうの汗まみれだった。
しかしそんなことはどうでもよかった。
ただただ夢中でステージを見つめた。音を、声を聴いた。
こぶしを振り上げたりする度に、生きている実感みたいなものさえ覚えた。
何もかも初めての感覚だった。

あれから30年以上経っても生々しく思い出せるくらいに、強烈な体験だったのだなー。
などと振り返ったりしながら、石橋凌さん60歳のバースデーライブへ。
久しぶりに3時間以上立ちっぱなしだったけれど、実にあっという間の楽しさだった。

以下、ライブとは全然関係ないことなのだけれどもメモ。

・ストーンズの中で、キースのスタイリストだけ京都在住の日本人なのだそうな。ウエケンさんが、そのスタイリストさんからもらったというキース着用のブルーのシャツを着ていたのであった。
・増子さんがクドカンの舞台に出るそうな。なにそれなにそれ絶対みたいー!!
・池畑さん、本日のライブの全40曲すべて演奏。リハも含めると80曲。そして明日からはフジロックで3連チャン。昨日までは苗場でフジロックのリハを行っていたとか。井上富雄さんも共に。なんだか仕事でくたびれ果てた状態になっていたのだけれども、ぬるい!ぬるいよ、わしゃ~と反省。池畑さん超かっこいいー
・以上について知ることができたのは司会の原島さんのおかげである。原島さんのトーク、冴えてたなあ。
・鮎川さんのトークは今日もとてもキュートでユーモラスであった。
・菊さんが69歳という事実にびっくり。『犯罪レベル』という曲が傑作すぎた。俺のあだ名は犯罪レベル~、俺の体は犯罪レベル~(耳の記憶なので間違えて書いていたらすみませぬ)。
・上中さんの歌のうまさにもびっくり。THEイナズマ戦隊、聴いてみよう。
・というか、今日観た方々、みんな歌がうまい。プロに向かって何言ってるのって話ですが、声の個性とか魅力ってすごいなとしみじみ。

欲をいえばARBの曲がもっと聴きたかったなーというところだけれどもARBのライブではないのであった。
しかしゲストの方々が選び凌さんと一緒に歌うARBの一曲がいずれもよかった。
公平さんと凌さんのワイルドローティーンガール、艶っぽかったなー。
それにしてもほんと、10代の頃ガンガンに聴いていた曲が、今聴いてもビシビシ響くのだからね。
こんなライブが観れたこと、心からありがたいなと思う。