猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するゆとりじゃないですがなにか

DAILY

P1010012-001_convert_20160602181100.jpg

昨年の「買ってよかったものNo.1」はテレビとブルーレイレコーダーだす、なんといっても。

6年前、今の住居に引っ越しする際に、それまで所有していたテレビとDVDレコーダーを処分したのでした。
当時、強制的に?地デジに切り替えねばならないような状況に抵抗があったのと、持っていたテレビとレコーダーがそもそも地デジ対応の機器ではなかったのと、引っ越し先(現住まい)の室内にテレビのアンテナジャックがないことが主な理由でした。
なので引っ越してからしばらくはテレビなしの生活を送っておりました(2011年の震災時も自宅にテレビがなかったのだけれど、自分にとってはそのおかげでまだ救われていた部分はあったのかも)。

それが3年前くらいにワンセグ付きのスマートフォンを手にしてからテレビ視聴生活復活!
『あまちゃん』が始まる前にスマホを入手したのがまじでラッキーだったなあと思います。
『あまちゃん』をリアルタイムで毎朝楽しめたことは、今となってもほんとうにありがたい。

ワンセグのいいところは、画面は小さいけれども、だからこそ手に持って集中して観れること。
「ながら見」が基本的にできないし、バッテリーの問題もあって一度に長時間の視聴は無理なので、観たい番組だけとにかく集中して観る。
テレビを手にした今は、それができなくなってしまいましたわすっかりと。

その後、NHK朝ドラが『ごちそうさん』を経て『花子とアン』になる頃に、友人が室内アンテナとお古のポータブルテレビをプレゼントしてくれました。
そうだアンテナジャックがなくても、室内アンテナがあるじゃないかー。映りはとてもよい。ありがたやー。
正直、チャンネル切り替えなどなかなか動作が滞りがちなポータブルテレビではあったのだけれども、ほぼNHKの朝ドラ専用テレビとして固定しておく分には何の問題もなく、大活躍してくれました。

しかしこのポータブルテレビが、『まれ』の終盤くらいの時期に壊れたのでしたよ……。
それでもワンセグがあるからいいしーと思っていたのだけれども、スマートフォンも諸事情により機種変しなければならないタイミングが訪れておりました。
ところがスマホの機種変をしようとすると、ワンセグ付きの機種がほぼ絶滅状態だったのでガーン(あるにはあっても品切れになっていたりとか)。

でもいまいち決断できず、壊れかけのスマホでワンセグライフを続けていたのですが、そんな折に、やっぱりテレビとレコーダーを導入するか!とわたしの決意を促す番組が登場。
それは前クールの朝ドラ『あさがきた』であります。
『あさがきた』は始まってからわりと早い段階ではまってしまい、「これは絶対毎日見逃したくないっ」という強く思うようになったのでありました。
で、それならばやはりテレビとレコーダーよねっ!! となったわけでありまする。

……なんだか、かなりどうでもいい話ですね……

ま、そんなこんなでテレビとレコーダーを買ってほんっとによかったなーと最近しみじみ思うのは、日テレの日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』を録画できるからですのね。
1話と2話は録画してなかったのだけど、3話からは録画してますのよね。
観たいときにいつでも観れるって、なんてすばらしいことなんだー。
そしてまだそんなにくり返し観ているわけじゃないけど、2回、3回と同じ話を観てもその度おもしろいんだなこれが。
次の日曜日も今から楽しみでたまらないんだなこれが(日曜は『真田丸』にもかなり夢中)。

もっとドラマの内容について書こうと思っていたのに、テレビの話になってしまったー。
でもほんとクドカンの脚本ってすごいなと思っておりまする。