猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する8月の終わりに鶯谷で(ネタばれあり)

HARRY



20150830鶯谷・東京キネマ倶楽部にてHARRYのソロライヴ。
1階フロアの後ろのほうで観ていたのだが、ステージに登場した瞬間から客席を見渡して笑顔を見せるHARRY。
なんだか久しぶりにHARRYのそういう屈託のない笑顔を見た気がした
(昨年は1度もHARRYのライヴを観ていないので、実際久しぶりなのだけれども)。

オープニングが『EASY ACTION』。
“かまわず やらせてもらうぜ”と笑顔で力強く歌うHARRYに、「あ、そうなのね今夜のライヴは」と勝手に納得して自分もニヤリとしてしまう。
なんというか、意志が伝わってくるような選曲であり、歌い方だと感じた。
そしてそれは終始一貫していたように思う。

スライダーズの曲も多いライヴだったけれど、どの曲にもすべてHARRYの世界観が垣間見えるというか、HARRYの世界そのものというか。
自分もそれを求めて、それを感じにここにきているんだな、ということをライヴが進むにつれて妙に実感した。
詞の意味を自分自身に引き寄せながら聴きながらも、しかし個人の主観などでは決して揺るがない世界がそこにあることもはっきりとわかる。
HARRYにしか歌えないこと。
その世界にずっと惹かれ続けてきたんだな……今さらだけど。

客席の誰かが「HARRY、元気?」と問いかけたら、「ああ元気だ。みんなは?」といった感じで問い返すHARRY。
「元気ー!」と客席のみんなが応えると、「最高じゃん」と笑うHARRY。
そして一言、「俺も最高だぜ。ライヴがやれてさ」

なーんかちょっと、反芻して胸がつまる。

いろいろ思ったり感じたりしたことが全然まとまらないけれども、とにかくツアーはまだまだ続く!
わたしも来月もまた観に行くよ!
ということで、落ち着いたらまた書くよ~

しかしそれにしてもほんと、ギター1本と声だけというすごさよ。すごいよ。