猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する春の山、こけし、そしてねこ

福島

P1010112_convert_20150420180348.jpg

相模屋旅館のお茶請け。しっとりした皮にあんこがサンドしてあります。
温泉宿に泊まるときはお昼を抜いていくことが多いので、夕食までの小腹空きタイムにこういうお菓子がありがたいのよねん(わしだけか?)

さて4回目のアップとなります相模屋旅館のメモも今回で最後です~

P1010058_convert_20150420180232.jpg

過不足ない客室。

P1010060_convert_20150420180446.jpg

部屋の隅にちょっとしたドレッシングルーム?的なスペースもありました。

P1010113_convert_20150420180648.jpg

懐かしいダイヤル式電話。
今の子供ってこれの使い方わかるのだろうか、と友人と以前話したことを思い出しまつ。

P1010225_convert_20150420180813.jpg

ロビーには電話ボックスも。衆の字、象みたいになっておるの。

P1010222_convert_20150420181107.jpg

相模屋旅館のある土湯町はこけしの里でもあります。

さてさて名残おしいけどチェックアウト~
の前に、

P1010182_convert_20150420181613.jpg

客室からの眺め。
このがちがちに固まっている雪が溶け出すのはいつ頃からなのだろう。

P1010180_convert_20150420181412.jpg

廊下からの眺め。
夜は遠くの街灯りがきれいだったなー
山の上って気持ちよい。

福島駅までの無料送迎車の窓からの眺めもとてもとても美しかった。
地上ではけっして見ることのできない景色。
こんな美しさがあったのか、と新鮮な感動を覚えるくらい。
春の光を浴びて、まだ雪の残る山々が生命力たっぷりに輝いていた。

まだ6~7分先ぐらいのソメイヨシノの桜並木なども通りながらふもとへと。

P1010228-001_convert_20150420183317.jpg

桃畑が一面ピンクでとっても華やか。
あの木々から夏にはおいしい桃が収穫されるのね~
楽しみじゃー!

P1010230_convert_20150420183653.jpg

福島駅西口まで送っていただき、降車した足でコラッセふくしまへ。
12階の展望ラウンジから吾妻連峰を望む。
眼下には桜並木も見えてますねー

P1010232_convert_20150420182210.jpg

ちょうど花見山もまさに見頃の時期でありましたが、晴天の日曜日、いったいどれほどの人出の多さであろうか……と思ったらなんとなく怖気づき、温泉で疲れがとれた体をさらにゆっくり休めるために、予定より早く帰ることに。

P1010233_convert_20150420182336.jpg

そんでもって福島駅でこのポスターをはっけーん。
5月10日までにまた行けるかしら福島に。
行きたいのうー、とあれこれ計画を練ってみたりしてリピート熱は高まる一方なのでありまするー