猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する反省

DAILY



春雨の ひと日 ひと夜に 暖かく
柳桜も 色づきに けり


先日、久之浜の諏訪神社でひいたおみくじのおことば。

「春雨に柳が色づき桜の蕾がふくらみ初める様にゆっくりと運勢がひらけて参ります
何よりも今が大切な時期です
信神を怠らず十分に励み 特に酒色に溺れ借財に身を崩さない様に注意しなさい


はい神様ーーーーとひれ伏しますです心の中で。

昨年同じ神社でひいたおみくじもあるのですがこれがまた

「春のあわ雪が消えるように憂いも悩み事も消え去って静かに花咲くときが待たれます
真心は必ずや神様に通じます しあわせの時が訪れます
賭け事色事に溺れると禍あり


いや別に何にも溺れていないのですけれどもね。
でも何か見透かされているような気分になるのはなぜなの神様ー

ちなみに昨年のおみくじの裏面に書かれていた「神の教」がまたすごいのですわ。

恨むおもいは炎となって人も己が身もやきつくす
波立たぬ平らかな心の海には、神様の御光りが澄み入って清々しい。
人を恨み、憎む心は、先ず我が胸をこがして、ほのおとなり、刃となって先方をきずつける。
それが又目にこそ見えね 木霊の様に再び自分に返り来つて身をそこなう。

まず恨みの炎を打ち消し、心の波を静めよう。


恨みとか憎しみとかいうほどのことはないと自分では思っているけれども、とにかく心の波が荒れまくり。
でもほんとに、誰かを傷つけたら絶対に自分に返ってくるのだということは経験上わかる。
まさしく木霊のようなものなのだよね。
今日も疲れすぎてもはや自分が何を言っているのかもよくわからなくなり、人様に言いたい放題言ってしまった、疲れていることを言い訳に。そして落ち込む。

今日のノルマ、達成できてないけど、もう今日は寝てしまおうかな。ほんと疲れがとれないよう。
すいません。