猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する4月の色

LIFE

aP1010015_20140429083356cb5.jpg

誰かの言葉によって、自分を取り巻く世界に対してより自覚的になる。
自覚的という言い方はちょっと違うかもしれないけれど、
今まで言葉をもたなかったものに言葉をもたらされることで
見え方や関わり方がそれまでよりもくっきり鮮やかになったり、
深くなったりするということがある。

この4月は←こちらのブログの「地上にすべての色がある季節」という言葉が
とても腑に落ちました。
近所をちょっと散歩するだけでも
道端の目立たないところにでさえ
実に豊かな色が存在していることに気づいたりして、
心ときめく時間を過ごせたことよ。


ところでリンク先のブログは数年前から愛読しているのですが、

aP1010045.jpg

ストーンズの日本公演(2日目)についての記事()は
しばらくの間、何度も繰り返し読んで、
その度に泣いていました。

とくに最後の3行に。
本当にそうだったと思う。
最終日はさらに。
(ただし初日もそうだったとは個人的にはいえないのだけど)

aP1010059.jpg

今月読んだ本の中では、村上春樹氏の新刊『女のいない男たち』、よかった。
喪失と祈り。

「幸福とまでは言えなくても、少なくとも今日という日を不足なく、
健やかに送っていることを願う。」
(『イエスタデイ』より)

aP1010042_20140429083358d79.jpg

今月観た映画の中で胸に焼き付いたのは『アナと雪の女王』。
まだリピート鑑賞はできていないけれど、次は3Dで観るぞ。
しかし、ストーンズ、村上春樹、ディズニー、って
どんだけミーハーやねん!と先日仕事先の女性と話しているときに
セルフツッコミで笑い合ったのだけど、
「でもそのラインナップはミーハーとは少し違う」と
冷静なツッコミ返し?もいただき。
何がどう違うかはいまいち説明できないけど、確かに少し違う気はする。
ただとにかく超メジャーであることは間違いない。

aP1010049_20140429083400f16.jpg

そして今月の1曲はこちら↓
アルバムも購入。
きっと長く聴く一枚になるだろうなという予感。




コメントの投稿

secret