猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する「また会おう」とミックは言った

ROLLING STONES



2014年2月26日、3月4日、3月6日。
ザ・ローリング・ストーンズ“14 ON FIRE JAPAN TOUR”東京ドーム公演、
3日間堪能しました。

今まで観たストーンズのライブの中で、最もしびれました。
言葉にすると何だか安っぽくなってしまうけれども、
深く感動しました。
すべて観終えた後の余韻はどこまでも温かくて美しく、
憑き物が落ちたような清々しさを自分の中に感じています。

ああ全然うまくいえない。

そんなわけで、3月7日、次の公演地であるマカオへと旅立つ
ローリングストーンズを見送りに。
↑の写真はメンバーが搭乗中のところ?
(隣で双眼鏡をのぞいていた方がそのようなことをおっしゃっていた)

P1010007_convert_20140312141007.jpg

離陸に向けて動き出したベロジェット。

P1010008_convert_20140312141119.jpg

ベロマーク、見えてきましたよ~

P1010012_convert_20140312141211.jpg

わーい!

P1010014-001_convert_20140312141302.jpg

ズームアップ!

P1010018_convert_20140312141444.jpg

ああ行ってしまうー

P1010019_convert_20140312141542.jpg

行ってしまうのねー
飛行機とともに自分も展望デッキ内を移動。

P1010024_convert_20140312141626.jpg

この日、都内の一部では一時的に雪が降ったということを後から知りましたが
確かに激寒だった展望デッキ。
でもストーンズファンの熱気というか自分の熱で寒さなんて吹っ飛んでしまうのね。
ちびっこたちは親御さんにただ連れられてきているわけではなくて
「キースが大好き」とか言っていたりして、
ちゃんと自分たちもファンなのだなあと感心。

P1010026-001_convert_20140312142525.jpg

そしてベロジェットはもうあんなところへー

P1010029-002_convert_20140312150723.jpg


飛び立ったよー
行ってらっしゃーい!!


今回の来日が決まったときから、
これが最後になるのかもしれないという覚悟をしていたのだけれども、
最後じゃないな、とライブを観て感じました。
結果的に最後になったとしても思い残すことはないと言い切れるライブだったけれど、
本人たちがそんなことを意識しながら演っているのではないことは明らかだった。
限界だとか期限だとかはそもそもないのだ、ロックンロールに。

また次の機会、観ている自分がライブの最中に息切れしたりすることがないように
自分なりに身体を鍛えて元気に年齢を重ねていきたいものだと思います。