猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するスッポン鍋

FOODS

画像2+045_convert_20140108174102

昨年いただいた食べ物の中で、最も衝撃的なビジュアルだったde賞なのが
このスッポン鍋。
もちろん甲羅は飾りで、その下にある身はカットされているのですが
ほぼその姿のままで盛り付けられており、
煮込んでバラバラになってからも身体のどのパーツかは
大体見分けがついちゃうんだな、これが。
その生々しさにやや怯んでしまい、
ガツガツいただきまーす!
といういつもの自分の食態勢?に入るのは少々難しかった……

しかしつまりこのスッポンさんは
こうして我々の夕食になるために生まれてきてくれた、
そういうことになるのではないか。
すべてしっかり味わいきらなくては
このスッポンさんが浮かばれないではないか。

とは思っていてもだんだんお腹もいっぱいになり、
3人(内ふたりは男性)でせっせと鍋をつつくも完食前にギブアップ。

画像2+063_convert_20140108174731

が!
幸い、このスッポン鍋をいただいたお宿に一泊したので、
残った鍋は翌朝雑炊にしてもらうことができたのでした。
朝からすごいボリュームではありましたが、
肉体労働をしたその日のエネルギー源になってくれたことは間違いありません。