猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するたまもの

LIFE

仕事先で新聞各紙を読むことができる日々、ほんとうにありがたいなと思っています。
現在自宅では新聞をとっていないのですが、一紙だけ選ぶとしたら、今は毎日新聞かなー。
余裕があれば東京新聞もとりたいけど。
そしてそんなことができるのであれば、夕刊と土曜日だけ日経をとりたいな。

以前は朝日新聞を購読していました。
その頃から好きだったのが求人情報特集に掲載されているインタビュー記事。
今ウェブで読むことのできる「仕事力」シリーズも好き。
最近、新聞の切り抜きを読み返していて、再び琴線に触れたのが下の記事。

「自分は、何を幸せと考えるか」鴻上尚史が語る仕事-2:望みには、早く踏み出そう

考え、迷っているばかりで答えが出ないなら、
この辺りはどうかという場へ自分の体を持っていく。
それは、具体的な体験をしてみると感じ取れることがあるからです。


これはほんとそう思うし、そうしたいなあと今とても思っていることでもあります。

朝日新聞つながり?でもうひとつ、朝日出版社第二編集部のブログも読みごたえあり。
直近の記事はこちら↓
http://asahi2nd.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

ウェブで読む文章としてはかなり長めなのだけれども、
ぐいぐい引き込まれて息もつかずに読み終えた…的な。
そういう感じでがっと入り込んで読めるものを読んだ後の満足感ってハンパない。
末井さん、ありがとう。
そしてこの記事中の美子さんの手紙がすごいとも思う。

私が残念に思うのは、私があなたにとって
「大切なものになる」こともなかったということです。
何かを選ぶということは、他のすべてを選ばないということで、
人から少々うらまれたりしたって、そんなことあたり前です。
それが恐い人は「選ぶ」ことができない。
あなたは私のことも結局選べなかったんじゃないでしょうか。



美子さんの撮った写真集『たまもの』にも、
かつてかなりガツンとやられたものでした。

コメントの投稿

secret