猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するセンチメンタルジャーニー

過去の旅

もう20年も前のことになるけれど、タイ北部の町のとある有名寺院を訪れたときのこと。
広い敷地の一角で、とてもラフな格好で座りこんで話している2人の男性とひとりの女性がいた。
たぶん、ホームレスの人々。
そのうちのひとりがとても陽気なおっちゃんで、カメラ片手に歩いているわたしたちを見て
「俺たちの写真を撮ってくれよ」と声をかけてきた。
写真を撮るとさらにいろいろ話しかけてきたので、
ちょっとだけ一緒に座りこんで話をした。
そのおっちゃんは英語が堪能だった。

おっちゃんは占いができるという。
手相だったか誕生日だったか忘れてしまったけれど、とにかく占ってもらった。
占いの結果は「コーヒーの飲み過ぎで死ぬ」だのなんだのほとんどよくわからない内容だったが、
同行者とわたしのそれぞれの結婚する年齢や、子どもの人数もその中にあった。
同行者はそれを聞いて、少し悲しそうな顔でわたしに言った。
「俺たち、結婚しないのかな」

同行者は当時おつきあいしていたひとで、この旅を終えて帰国したら結婚するつもりだった。
それがこの占いによればお互い結婚する年齢も子どもの人数も全然違うので、
つまりこれから違う人生を歩むのか!? と彼は思ったらしい。
そもそもインチキくさい占いなのに、そこだけ真に受けたように
彼がそう言ったことは今でもなぜか忘れられない。

彼とは2週間、バンコクからチェンマイまでを旅した。
彼は仕事があるのでひとりで日本に帰国し、
わたしはひとりでチェンマイに残った。

チェンマイの小さな空港で、彼の乗るバンコク行きの飛行機の搭乗時間を待ちながら、
ふたりでお茶を飲んだ。
彼とのタイでの2週間は珍道中ではあったけれども、
ケンカをしたりイヤな雰囲気になったりすることはまったくなかった。
そのひとのことを心から信頼できると感じ続けた日々だった。
彼が日本に帰ってしまうことが寂しくて、空港内のカフェでわたしは泣いた。
だったら一緒に帰ろうよ、と何度も言われたけれど、
しかし「うん」とは言えなかった。
何かあのときは旅を続けなければならないという使命感のようなものを勝手に抱いていた。
寂しくて泣いているくせに、なあ。

その後わたしはひとりで旅を続け、それから約4ヵ月後に日本に帰る頃には
すっかり心変わりをしていた。
帰るなり別れを切り出した。

あの頃、旅先で会った日本人の方々に恋人が日本にいると言うと、
「そんな何ヵ月も待ってくれるひとなんてめったにいないよ」とよく言われたものだった。
でも彼はほんとうに待ってくれていた。
そして彼以外にもわたしの帰国を心待ちにしてくれていたひとがいた。
彼のお父さんである。
長男である彼の結婚を誰よりも待ち望んでいたお父さんは、
ひとりで海外をふらふらしているわたしのことを頼もしいと褒めてくれていると、
彼から聞いていた。
帰国したらお父さんに会うために、彼の実家へ行くことになっていた。

それを全部わたしがだめにした。
彼のお父さんは、翌年ご病気で他界された。

これはわたしが他人に対して行った、最もひどいことのひとつである。
どれほど傷つけたかわからない。


そのひとはそれから何年かして結婚し、
わたしは不毛な恋愛をくり返したりしながら今もひとりでいる。
20年前のおっちゃんの占い、当たってないけど、当たってる。

しかしそれだけのことをしておきながら、
わたしはいまだにそのひとを頼りにしている。
ものすごく困ったとき、誰かの手を借りたいと思ったとき、
最終的に顔が浮かぶのはそのひとなのである。
ほんと身勝手すぎるなと書いていて改めて思うけど……

数年前のことになるけれど、仕事もない、お金もない、困ったよー、という電話をしたことがあった。
そこまでぶっちゃけることのできる相手も、結局そのひとしかいない。
そのひとは奥さんと食事中だったようですぐに電話を切ったのだが、
ほとんど間を開けずに向こうから電話がかかってきた。

「米はあるか?」

電話に出るなりそう言われた。

え? 米はあるけど。

「そうか。お金はうちもないけど米ならあるから送ってやろうかと思ってさ」

そういうふうに、いつも具体的に何かをしてくれる。
お米は送ってもらわなかったけれど、その後、そのひとに仕事を紹介してもらい、
なんとか切り抜けることができたのであった。


だらだらと回想してしまった。
でもあの20年前の旅を思い出すと、ここに行き着く。
それもまた、旅ってものであるのかな(なんのこっちゃ)。

コメントの投稿

secret

よく書いた!えらい(*^^)vよく書いた!えらい(*^^)v

こんばんはー
今まで人にした一番酷いこと、私まだ書けないかもです。
きっとタイミングなんだろうと思いますがw

meroさんmeroさん

どうもありがとうー。
こうして書くまで20年かかりました(笑)
でもなんとなく概要だけさらっと書いた感じで、
やっぱりまだ深くは向き合えないというか。
ちゃんと言葉にしていくのは時間のかかることなのですね…。