猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するいらっしゃいませ

TOKYO

1aaDSCF7230.jpg

とある居酒屋の入り口でニャアニャアと鳴く猫。
ほどなく、店のご主人がサーモンらしきものをのせたトレイを持って出てきました。
店先に置いてあるバイクの陰に猫を誘導して、そのごはんを与えるご主人。
立ち止まって見ているわたしと目が合うと、照れくさそうに笑って話してくれました。

「いつもは別のところでごはんをもらってるみたいなんだけどね、
そこでもらえないときはうちにくるんだよね。
うちも今は飼ってないんだけど、前に17年猫を飼っていたもんでね、
嫌いじゃないからね。
こうやってきたらさ、かわいそうでほっとけないんだよね。
こいつもごはん食べたらすぐどこかに行っちゃうしね。賢いやつなのよ」