FC2ブログ
猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する”AIN'T NO GRAVE” @下北沢GARDEN,20120526

HARRY

最初から最後まで飛ばしっぱなし。
音のうねりにただ身をまかせて乗っかっていく。
とても楽しかった。
バンドでのHARRYのライブ。

ライブを観ている間は頭の中がさまざまな言葉であふれかえる。
とても理屈っぽいことも考えていたりするのだが、
結局はかっこいいかっこいい、すごいすごい、楽しい楽しい、
ああ生きててよかったな、と極めて単純な喜びに満たされる。
言葉にするとバカみたいにシンプルだけれど、
とにかくとてもいいライブだったな@下北沢GARDEN。

ライブそのものとはまったく関係ないことになるけれど、
『雨ざらし』が終わった後に、
「HARRY~今の曲なんていうの~?」的な質問をした男性客あり。
それに対しHARRY、
「おまえ、帰りたいの? 隣のアホに聞きな」と一蹴。
質問した男は間違いなくアホだと思うが、隣にいるひともアホなのか?と
思わず心の中でつっこんでいると、まったく別のところにいる男性客が声を上げたのだった。

『酒びたし!』

この回答(?)にはHARRYも納得したのか(?)
その男性客のことを指差して笑顔で大きくうなずいていた。

当意即妙、という四字熟語が頭に浮かぶ。
「酒びたし」。
ものすごくセンスがあると思う、言ったひと。


しかしさらにその後「HARRY、もっと話してくれよ」などと言い出す客も。
それに対してHARRY、「おまえも帰りたいの?」
そして「こんばんは、のび太です」。
HARRYの切り返しのセンスも見事だと思った。

しかしほんとうにライブとは関係なさすぎな話である。

「HARRY、もっと来い!」
「まだ足りねえってか。今夜はまだまだ飛ばすからついてこいよ」
(↑すみませんうろ覚えです、もっとHARRYらしい言い方をしていた)
……というようなHARRYと客とのやりとりはこっちもがっとスイッチ入る感じになるのだが。

つか『雨ざらし』がものすごくよくて、
曲の世界にどっぷり入り込んでいたのであった。
それが終わったとたん、あれっ、あれれ~、みたいな。うむ。

まあ、そんなことまるでどうでもいいさと、ライブは疾走し続けたのだが。

最後の最後、『Hyena』はぶっちぎりのかっこよさだった。


次はソロツアー!
楽しみです。