猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する5月の光と風

TOKYO

1aDSCF5225.jpg

5月頭、上京した両親と叔母、従兄弟と一緒に総武線の電車の中から
開業前のスカイツリーを見る。
わたしはあの上に登りたいとはとくに思わないけれど
母はできれば登ってみたいとのこと。

1aDSCF5230.jpg

全貌が見えてきた東京駅赤れんが駅舎を眺めながら昼ビール。
復元するということについて、意見を交わし合う。

1aDSCF5313.jpg

京急電鉄での通勤、季節が変わったら晴れている日でも
朝の富士山は見えにくくなってしまったけれど
(冬の間はso clearlyだった。となぜか英語で言いたくなるくらいクリアに見えていた)、
帰路は日が長くなったおかげで夕陽がきれいに見えるようになった。

ところで京急の品川-京急蒲田駅間は、羽田に離着陸する飛行機も車窓からよく見えて、
ちょっとワクワクする。
とくに朝のまぶしい光の中、空へと上昇していく飛行機を見るのは気持ちがいい。

しかし!!

1aDSCF5279.jpg

うっかり間違えて羽田空港国際線ターミナル駅まで行ってしまった日には
がっくしきて泣きそうなほどムカついてもうた。
朝、締め切りの原稿書きが終わらず、遅刻して蒲田の仕事先に向かった日のことなんですが
通勤時間帯が過ぎると品川から羽田空港までノンストップの快速特急っていうのが
何本かに1本走ってるんですわ(よく意味のわからない説明で失礼)。
で、それとは知らずに乗ってしまったわけなのですわ。
イヤホンつけて音楽ガンガン聴いていたので車内アナウンスも聞いていなかったのですわ。
あれ~っと思っているうちに自分の降りたい駅は瞬く間に通り過ぎ羽田空港へ!
しかも初めての国際線ターミナル!
初めてここに来るときは海外に行くときじゃなかったのか!
あ―ムカついたー自分にムカついたー
↑の写真は、反対側のホームに行くためすごすごとエスカレーターを降りるの図。
さくっと乗り換えてさっさと仕事さ行きたいのに、
エスカレーターもいちいち長過ぎだっちゅの!(←やつあたり)
あームカついたーおうよ自分にな。

1aDSCF5292.jpg

だげっちょも5月はどこもかしこも緑がきれいで、
緑のバリエーションもいろいろあって、
それがとっても目の保養になって、心もすっと鎮まるなり。

1aDSCF5301.jpg

多摩川駅も緑がこんもりで美しかった。
写真はないけど御茶ノ水駅もこの季節、ホームからの緑がとても鮮やか。

1aDSCF5341.jpg

そして金環日食は自分でも意外なほどに心から盛り上がった。
ちょうど出勤タイムだったので、駅に向かう前に近所の公園にちょろっと寄ったのだが、
公園に集まっているひとたちの盛り上がり方がまずすごかった。
みなさん日食グラス越しに「おおーっ」とか「すごーい」とか歓声を上げており。
しかしわたしは日食グラスを持っていなかった。
だから別にいいやと思っていたのだが、皆の歓声を聞いていると
見てみたい気持ちが高まってきた。
すると「肉眼でもわかる!」という声がどこからか。
なぬっ、ほんまか! と肉眼でぱっと見てみましたらば、
ちょうど雲も切れていて、まさにそこには金の環が!!
肉眼なのでもちろん一瞬しか見ていないけれど、あまりの美しさに衝撃を受けた。
肉眼で見てはいけないといわれていた意味がよくわかる、
まぶしすぎる自然の黄金だった。
すごいすごいこれはすごい!と興奮しながら駅へ向かうと、
その途中にも空を見上げているひとはたくさんいて、
でもまるで興味なさそうに普通に目的地を目指して歩いているひともたくさんいて、
それもなんだかよかったのだ。
地下鉄に乗ったらもう、そんな天文ショーが今起きているということすら信じがたいほど
あまりにも平常の通勤風景で、でもそれもなんだかよかったのだ。
うん、実にいい朝だった。

1aDSCF5348.jpg

金環日食の日の夕陽。

1aDSCF5344.jpg

揺るがない大きなものを感じたりもした。

1aDSCF5358.jpg

そして5月も過ぎてゆく。