猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するWitchenkare vol.3

LIFE

WTK vol.3flier20120228


本日4月1日正式発売、Witchenkare vol.3!

今号の寄稿者22名による作品。内容は前号にも増してバラエティに富んだものですが、しかし“不思議なシンクロ”も自然発生しております。小誌は自由な文芸(文を芸とする、の意)創作の場なので、作品のテーマや表現形式はさまざま(エッセイ/小説/評論etc.)...それでも、やはり同時代に生きている人間が集まって表現をしたからか、たとえば“あのこと”について言及している作品がいくつかあったりするわけで。

各々が同種のテーマを他人事じゃなく自分の作品として書き記している。このことが、ウィッチンケアvol.3のおもしろさのひとつかもしれない。すべての編集作業を終えて少し時間が経ち、私はそんなことを思っています。「文芸」という言葉を引き寄せて言えば、寄稿者全員が芸達者で、その芸風も個性的。「ああ、これは20110311を経た人々による、2012の春に発行された作品集なんだな」と、感じていただける本に仕上がりました!


以上、編集発行人・多田さんのブログより無断転載(本書の目次は←このリンク先にあります)。

そう、今は2012年の春なのだ。

読書の愉しみを改めて感じることのできる一冊だと思います。
一篇一篇、いい意味で肩がこらずに読みきれる長さで、
いろんな意味で自由な読み方ができるので
これからのシーズン、旅のお供などにもぜひどうぞ!という感じです。


現時点での取り扱い書店はこちら

アマゾンでも販売中です!


また、4月15日には『インディーズ文芸誌のつくりかた』という
Witchenkare vol.3発刊記念イベントも!
詳細はこちらからどうぞ♪
上記リンク先にあるツイッターもぜひ~!

以上、この場を借りてがっつり宣伝の本日であります。
どうぞよろしくお願いいたします!