猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する物豆奇

TOKYO

1ADSCF4886.jpg

寒すぎた2月の終わりの日曜日、友人と10年以上ぶりに訪れた街をふるえながら散策。
あるアンティーク家具屋さんに入ると(この写真のお店ではありません)
昭和時代の置時計がいくつか飾られていた。

「わあ懐かしい~」とわたし。
「懐かしいったって、子どもの頃こういう時計が
家にあったとかいうわけじゃないでしょ」と友。

「同じのはないけど、似たようなデザインのは家にあったよ」
「ええ~?」

「だって昔はこんな時計ばっかりだったじゃない」
「知らない。うち、時計がなかったもん」

「えっ?」
「だから何時までに何かしろとか親に一度も言われたことがない。
時計の読み方も小学校に入るまで知らなかったし」

「えー、でも幼稚園で時計の読み方は教わるじゃん」
「幼稚園行かなかったから知らない」

「あ、そうなんだ」
「行ったことはあるよ、幼稚園。何度かは行ったよ。
でも行くのをやめた」

「そっか」と応えながら、
また自分の常識が世界の常識みたいなことを言っちゃったなー
という気まずさをちょっと感じつつも。

いい話だなーと思った。


1ADSCF4885.jpg

凍えながら街をうろうろ歩き、
昔からある喫茶店に入ってやっと温まる。

わたしはたぶん15年ぶりくらい。
彼女は初めてのこの喫茶店。

1ADSCF4884.jpg

昼食代わりのケーキ。

1ADSCF4887.jpg

時計がいっぱいあるお店なのに
時間を忘れて過ごせるなり。