猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するおつかれー

BALI

DSCF0208.jpg

ひじょーにつかれているのだが眠るわけにはいかない。
眠くならないからだが欲しい。

ふと思い出すのは今から12、3年前に携わったとある仕事のこと。
その仕事には長時間にわたる会議がつきものだったのだが、
会議が始まるのはいつも夜。
だいたい21時過ぎとか。もっと早く始まるときもあったけど、
23時とか24時に集合とかそんなことのほうが多かった気がするなぁ。
そして会議は朝5時とか6時とか7時まで続くのである。
8時頃までかかったりして、次の仕事の朝10時の約束に間に合わないよこのままじゃ!
というようなときもあったなぁ。

なぜにそんな夜中に会議をしなくてはならないのかというと
各々昼間は別の仕事があり、
夜にならないと全員集まることができないからなのじゃった。
つまり全員朝からぶっ通しで働き続けて
深夜の会議に突入しているわけで、そりゃあ眠くて当然なわけで、
会議中にホワイトアウトしたことも数知れず……

会議室のテーブルの上にはいつもエスタロンモカ内服液の
小さな瓶が何本もずらーっと並んでいた。
会議の中心人物である“監督”が飲むためのものである。
あれを飲めば眠くならないのだろうか? と試してみようかと思ったが
でもわたしのからだにはもともとカフェインはあんまり効かない感じだし
逆に効きすぎてもなんだか怖いしなぁと思って結局飲まなかった。

しかしこのきつい会議が続く中でスタッフのひとりが
「○せい剤(←微妙すぎるぼかし方)が欲しいね」と素で言い出して、
確かに。と自分も素でうなずいてしまったときも怖かったなぁアハハ
まぁそのくらい日々強烈な眠気との闘いだったということで。


というか気分転換にビールのことでも書こうと思っていたのに
エスタロンモカの思い出話になってしまった~


それにしてもこの写真のビールの泡はいまいちすぎる。
たぶん自分で注いだのだろう。
何年か前のバリ写真倉庫からひっぱってきた写真です。
バリさ行ってビンタン飲みて。
それはムリだがせめて週末にはすっきり気分でビールが飲めるようガンバロウー


コメントの投稿

secret