猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する184@新宿

TOKYO

1DSCF4381.jpg

青春の思い出(笑)がぎっしり詰まった、元日清パワーステーションの向かいに

1DSCF4378.jpg

バリ発見!!
……って、わたしが今まで知らなかっただけで
いろいろ手広く展開しているホテルのようですね。

1DSCF4380.jpg

ちょっとこの写真では見えにくいのですが、
759417(南国良いな)
759184(南国癒し)
759841(南国は良い)

という電話番号の語呂合わせがツボだったなり。

1DSCF4385.jpg

天からの使いの方々が宙を舞っておりました。

1DSCF4382.jpg

バリ傘とクリスマスツリーが一緒に並んでいる風景って
今の時期のバリ島でもどっかにありそうな……?

1DSCF4386.jpg

そんなこんなのバリっぽい演出、なかなかがんばっちょるの! と
かなり上から目線で思いました(なにさま!?)。

ここからぶらぶら新宿駅東口方面へと歩いて行くとすぐに

1DSCF4388.jpg

ゴールデン街です。

1DSCF4390.jpg

あ~ほっとする。

1DSCF4392.jpg

あ~エセバリディスプレイより何百倍もこっちのほうが183れる~

1DSCF4394.jpg

ゴールデン街で初めて飲んだのは20歳のとき。
会社および取引先のおじさんたちの行きつけの店で朝まで飲みました。
おじさんたちは酔いが進むにつれて自分たちの仕事のポリシーのようなことについて
討論が白熱してゆき、しまいには激しく意見が対立して大げんか。
口だけではおさまらず互いに手を出しもみあった挙句、
おじさんのひとりは2階の狭くて急な階段から階下の路上へと転げ落ち、
額から流血する惨事に。
しかし血を流しながらも怪我自体はたいしたことがなく、
なんだかけろっとした顔ですっかり明るくなった新宿の街を帰っていったよね~、みたいな。
当時に比べるとゴールデン街もずいぶん若返った感じだけど、
ディープな黄金時代のディープな大人(というかおやじ)の飲み方を
目の当たりにさせてもらえたことは貴重な体験だったなーと
今では深く感謝しております、ほんとうに。