猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するawesome!

ROLLING STONES

1DSCF4297.jpg

先日ついに観ることができた。
The Rolling Stones: Some Girls - Live in Texas'78

ワーナー・マイカル・シネマズでの2週間限定上映期間中には結局足を運ぶことができず、
仕方がない、DVDがあるじゃないか~と気持ちを切り替えていたのだけれど、
シネマライズでも先週末から2週間限定上映が始まってくれた!
渋谷で19:00~なら余裕で行けるしっ!!
ありがとうシネマライズ!!
ポスターもいただきました!!ありがとうありがとう!!


そして映画。
ひゃ~すごいっ。
ほんとうにすごいライブだったんだね、78年のテキサス。
昔はよかったとか、あの頃のほうが勢いがあったとか、まさに全盛期の時代だったのだとか
そういう過去を振り返り的目線ではなく、ただただなんというかすごいっ。かっこいい。
前回の記事でドン様の文章を引用させていただいたが、
やっぱりかっこいいものはかっこいいとしか言えないし、
なんといっても自分の魂がそのかっこよさを理解するのだ、ドン様の書かれているとおり。
アルコールが入っていたせいもあるかとは思うけど
観ている間中、泣いたり笑ったり、感情の動きがひじょーに活発であった。
その感情の動きはすべてポジティブなエネルギーに包まれており、
涙が出るのもそれ以外の言葉にはできないほどかっこいいからなのだすな。
ただかっこいいというだけで、なぜにこんなに泣けるのかー!!

って、まったく映画のレビューにはなってなくてスミマセン(汗)

でもこれは大きなスクリーンで観るからこその脳天のしびれ方なのかもしれないと思う。
そして客席はガラガラで寂しいものはあったが、
ライブ会場にいるときとは違う感じでとことん没頭できた。
これはストーンズのライブのすごさゆえでもあるかもしれない。
シャイン・ア・ライトのときもそうだったけど、
一度観たときの快感を味わいたくて何度も足を運びたくなる。
そう、その気になれば何度も足を運んで観ることができるのが映画の素晴らしさ!!

シャイン・ア・ライトは結局7回しか映画館に足を運べなかったが、
あのときも毎回毎回発見があって、毎回毎回泣いた。かっこいいから。
ライブ・イン・テキサスももっと劇場で観たい!
12月9日まで……がっがんばろー!!

アンド、わたくしけして回し者ではありませんが
映画を観られる状況にあるストーンズ好きな方には
映画館で観ることを強くオススメしますっ!!

1DSCF4296.jpg

話は変わるけどセンター街はセンター街のままでいいよね。
そして渋公は渋公に戻ってくれてほんとうによかったよね。
としみじみ思った久しぶりの渋谷の夜じゃった。