猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する猫鳴り

ニャーちゃん

1anya3.jpg

ちょっと肌寒い日の多かった今週は、にゃたんぽ(?)が恋しくなったにゃ~
しかしそれにしてもなんて幸福そのものの写真なんだ、これ。

ここしばらくこちらのブログの課長さんに夢中でした。

そして今日は課長さんが無事におうちに帰れた! という記事を読み、
あーよかったよかったと思いました(でももう課長さんの姿を拝めないのは寂しいけど…)。

2ヵ月半も長期出張するんだね、猫も……。


あれからわたしが一日も欠かさず思い出しているのはニャーちゃんのことだけかも。
なんかこの未練がましさ、女々しさ、自分でもオスっぽいな!?と思います、にゃはは(笑い事か?)

去年の今頃まで住んでいた家の、ニャーちゃんがくつろいでいたトタンの庇↓も
もうなくなってしまった。
ちょっと前に近くを通ったときに見てみたら、
かつての住み家は跡形もないくらいにリノベーションされておった。

1DSCF0040.jpg

そんでもって今朝は電車の中で沼田まほかるの『猫鳴り』(双葉文庫)を読んでて
涙をこらえるのが大変になって、
昼休みは久しぶりにカマターのニャンドルとらちゃんに会って
なでなでしてたらとらちゃんの猫鳴りを感じてうれしくなって、
なんだかずっと猫のことを考えています。