猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する7月の終わりに

LIFE

エイミー・ワインハウスの死もレイハラカミの死もショックだったけれど、
前途有望な24歳の若者がひき逃げされて他界するという
あまりにも理不尽でやりきれないことがあった7月下旬。
その若者は友人の友人でわたしは直接お会いしたことはなかったけれど
一方的かつ勝手に親しみを感じていた人だった。
ひき逃げ犯は、いまもまだ逃げ続けている。

命のこととか、生きることとか死ぬこととか、
いろいろ考えては心が塞ぐのだけど、
そんなときに↓のブログを読んで、じわん、とした。

「心の中で生まれ変わる」―毎日jogjob日誌by東良美季

「なあ、お前さー、もう死んじゃダメだぞ」
に、おらの涙腺は決壊。


別の意味でも涙が出てしまうのだけど、小西修さんの「タマ猫地蔵」のお話↓。
小西修の動物ドキュメンタリーBLOG

ところでそういえば今月でテレビのアナログ時代は終了したのじゃったな。
わたしは昨秋の引っ越し時にテレビを処分し、以来テレビのない生活をしているので
アナログ時代の最後は見届けられなかったのじゃった。
それはちょっと残念な気もするが、テレビがないこと自体にはとくに不便は感じていない。
というかテレビをムダにつけていてムダにイラつくというストレスがなくなったのは、
自分の精神衛生上いいことじゃ。
なにせあればムダにつけてしまうしムダにイラついてしまうタチじゃからの。
そんなわけでテレビがないくせに書くのもなんだけど
↓これは全国枠でオンエアされるべきことなのでは、とは思う。

http://www.youtube.com/watch?v=C3Gap0QbL_c
(文字起こしをして下さっているブログ↓
明日に向けて(208)放射線の健康への影響について(児玉龍彦教授国会発言)―明日に向けて

この「記録動画が、どうして多くの人の心によく届くのか」ということについて、
ほぼ日刊イトイ新聞の「本日のダーリン」(7.31付)で糸井重里氏が書いている。
「本日のダーリン」はアーカイブがないので一部引用させていただく。

 危険や不安について、どれだけ言っても、
 何が「悪」かについてどれほど説明しても、
 未来への夢をどんなに語っても、この児玉さんのように
 「計るしくみを確実につくる」
 「民間業者を入れて除染作業を進めるべきだ」
 「この法律を変える必要がある」というふうな、
 具体的な「どうする」がないと、残念ながら、
 「もっと怒りましょう」キャンペーンになっちゃいます。
 感情を揺さぶることが目的でなかったことが、
 見ている人や、会場の人たちの感情を揺さぶったのです。
 見て、知って、ほんとうによかったと思っています。


糸井さんの書いていることもそのとおりだと思うけれど、
児玉教授の最後のこの「怒り」に、わたしの感情は揺さぶられた。

「七万人の人が自宅を離れて彷徨っているときに
国会は一体何をやっているのですか」


公の場で、誰かにずっと言ってほしかったこと。

(児玉教授、除染活動ありがとうございます。)

故郷を離れ上京して、故郷の原発から送られる電気を東京でじゃんじゃん使ってきた自分。
物理的にも精神的にもずいぶん故郷に依存していたのだなと
今さらながら気づかされている。何もかもが「今さら」なんだけど。
最近は、福島県に対する心ない言葉を聞きたくなくて(あるいは心ある言葉でさえも)、
その部分においてははっきりと、身近な人にも心を閉ざすようになっている。
結果、自分が傷つきたくないばかりに他人を傷つけることになっていたりする。

そこが故郷である人間としてまだ伝えるべき言葉をもてない自分が、
読んでいて腑に落ちたり救われる気持ちになることが多いのが、↓この方のツイート。

反原発派の藤原敏史(toshi_fujiwara)監督のツイートが正論過ぎて泣ける #genpatsu #原発


それにしても自分のバカさ加減が恥ずかしいとつくづく思う日々。
でも奈良さんの日記↓を読んで少し元気がでてきた。
奈良美智の日々

コメントの投稿

secret

児玉教授児玉教授

お久しぶりです~。
児玉教授の参考人スピーチ、一昨日から何度も聞いています。
理系が全く駄目な私は、何度聞いてもわからない部分があって、、、。
でも、先生の熱き想いに、毎回ジーンと来てしまいます。
私もやっぱり最後の部分に特に揺さぶられます。
あの部分は何度聞いてもジワーッとなってしまいます。
本当に、どうしてこれまでこのような方の意見が放置(というより排除?)されていたのか。
いま、ものすごい勢いでこのスピーチが広まっているはずなので、なんとか、なんとか、国全体が動いてくれるといいですね。

hiyokoさんhiyokoさん

hiyokoさん、こんばんは。お久しぶりです!
わたしも理系がダメなのでよく理解できていない部分は多いです。
でも今どういう状況なのかということはとても具体的に伝わってきますよね。
「補償問題と線引きの問題と子どもの問題はただちに分けてください」
という言葉にも深ーく頷きました。
ほんとうに、なんとかいい方向に動いてほしいですよね。
お願いします、という気持ちです。