猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する6月5日

LIFE

1DSCF3650.jpg

先日、仕事先でいただいた中国のおみやげ。
「パンダの牛乳のチョコレート」。

「はて、パンダの牛乳とは……?」
「パンダが出してくれた牛乳とな……?」
「パンダの牛乳で作られたチョコだなんて、すっごく希少価値があるのでは……?」
などなどツッコミ続出でやんした@職場。

それにしてもかわゆすぎるよー、大熊猫たん!

1DSCF3653.jpg

中身のチョコもそれぞれデザインが違うようで、
わたしのは笛吹きパンダさんでした~。
食べるのがもったいないほどかわいい! と買ってきてくれた方に言ったら、
「味はおいしくないんです」とのこと。なんて正直な!
じゃあ食べずに飾っておこうかな~ということで、現在に至るの図。


ところで今日6月5日はかつてこの記事に書いたことのある、
かずひろくんの誕生日ではないですか。
中学時代、かずひろくんを好きで好きでたまらなかったわたしは、
かずひろくんの誕生日にクッキーを焼いて贈ったのですわー。
焼き上がりはガチガチに固くて、絶対に「失敗」の部類に入るクッキーだったけど、
無理やり渡して受け取ってもらったのでした。
「味はおいしくないんです」とわたしもあの時正直に言うべきだったぁ!

もちろん男子に手作りの何かを贈るなんてそれが初めてのことだったわけで、
そんなこんなでいまだに忘れられない日にちです。

高校までは一緒だったけれど、その後のかずひろくんのことは知りません。
でもおそらく地元で家業を継いだのではないのかなーと、帰省する度に思っていました。
移り変わりの激しい町の中で、彼の実家のお店はずーっと健在だったので。

今頃、どうしているのだろうなぁ。
こんなことになっちゃってねぇ。
10代の頃のただ甘酸っぱい思い出だったはずなのに、
この3ヵ月で記憶の色合いまでがらりと変わってしまった。
育った土地が痛めつけられるというのはこういうことなんだ、と
くりかえしくりかえし感じています。

だけど。どこでどうしていても。
よい誕生日でありますように。