猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するスーパーでのちょっといい出来事

LIFE

近所のスーパーマーケットでは、通常サイズと小さいサイズの2種類のかごが常備されている。
少ししか買い物をしないときには小さいサイズのかごが断然使いやすいのだが、
スタッキングしてある状態での小さいサイズのかごは、
なぜだかものすごくはずれにくい。
上のかごと下のかごがきつく重なり合っていて、
上のかごを下のかごから引き離すのがなかなか難しいのである。
そのためにスーパーの入口でかごと格闘しているひとをよく見かけるのだけれど、
今日のわたしがまさにそうだった。
ぜんっぜんっ、上のかごと下のかごが離れてくれない。

小さいサイズのかごはスーパーの入口の前方と後方の2列に並べられていて、
わたしは前方の列からかごを取ろうとしていた。
しかしなかなか上のかごが下のかごからはずれてくれないので、
たぶん我ながらかなり恐ろしい形相でかごと格闘していたと思う。
その間に、後方のかごの列にほかのお客さんがきて、かごをすんなり手に取っているのを、
背後の気配でわたしは感じとった。

くう~っ、こっちのかごは全然はずれないのに~~~
と、引き続き必死の形相で、がっちり重なった上下のかごをはずそうとしていると、
後ろから「あのー」という声が。

振り返ると、わたしの背後に立っていた男子が、なななななんと!
「このかご、使います?」とわたしに!!
後方の列からかごを取ったその男子の手には、見事引き離された上のかごと下のかごがあった。
彼は上のかごを自分用に持ち、下のかごのほうをわたしに差し出してくれたのである。
思わず彼が声をかけずにはいられなかったほど、あたしゃ必死の形相だったんだね、と
自意識過剰的には恥ずかしくなったりしたけれども、
その男子はおそらく20代前半くらいでいまどき~な学生風のイケメンくん。
そんな、日常的にはほとんど接点がない男子の(笑)このさりげないやさしさ、
悪い気しないよねー、っていうか、すっかりいい気分になっちゃったわよオバハンは~。

というか、真面目にうれしい出来事だと思う。ちょっとしたことだけれども。
わたしも彼と同じ立場になって、別の列でかごと格闘しているひとを見かけたときには、
同じようにしたいものだなーと思ったど。

しかしわたしが出会う最近の若者は総体的に、よく気の利くやさしいひとが多いな、という印象。
そして「最近の若者は……」とか書いちゃう自分はほんと歳だな、という実感。

しかしなぜにあのスーパーの小さいかごはあんなにはずれにくいのか、という疑問。
わたしがはずせなかったかご、誰かほかのお客さんがうまくはずしてくれたかなー。