猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するわかってる。

ニャーちゃん

1DSCF2651.jpg

肉球、ぷにぷに。
これぞ猫流階級(?)の特権ですね♪
(※ぷよぷよすぎる指は見なかったことにしてくださいにゃ~※)


しかしあまり調子にのってぷにぷにしていると、

1-1nyaa1a2a.jpg

猫パンチが飛んできますので気をつけましょう!

それにしてもニャーちゃんっていつ見てもほんとかわいいわぁ、
と何度も同じ写真をアップしてみるオレ(笑)。

ところで猫や犬と暮らしている方はきっと日常的に感じているのではと思うのですが、
猫や犬って人間の言葉をちゃんと理解していますよね(今さら当たり前すぎ?)。
私は外猫ちゃんと接している時に「絶対、人間語をわかってるよね!」と
確信することが多い今日この頃なのです。
つい先日も、近所の外猫ちゃんに寒い夜道でばったり会いまして、
どうやらおなかをすかせているようすだったので、
「ちょっとここで待ってて! 今すぐ家に戻ってカリカリ持ってくるからね!」
と言ってみたところ、ニャーと返事をしてその場にちょこんと座った外猫ちゃん。
家へと小走りしながら振り返ると、私のほうをじーっと見ていました。
そしてカリカリを手にダッシュで戻ると、外猫ちゃんは行儀よく待っていて、
私と目を合わせるやいなや、ニャーニャーと鳴いたのでした。
ね、わかってる、ぜーったい人間の言葉をわかってるー!!(単純?)

ところでそういえば、まだまったく言葉を話せない人間の赤ちゃんでも、
まわりの大人の言うことをちゃんと理解しているものですよね。
うちの姪(次女)が生後数カ月の頃、ベビーカーに乗って散歩をしていた時に、
どこかのご婦人に「あらぁ丸々して可愛いおぼっちゃんだことー!」と声をかけられたのだそうな。
すると姪はその言葉を聞くなりギャンギャン泣き出したそうで……。
「あのー、女の子なんですよー」と姪の母。
「あらやだ、てっきり男の子だと思ったわーあはははははー」とご婦人。
そのやりとりを聞いてますます声をはりあげて泣いた姪。
5歳になった今もかなり気の強い姪ですが、
この時も男の子に間違えられて相当悔しかったのでしょう。
ね、赤ちゃんもわかってる、ぜーったいわかってるー!!(またもや単純?)

ところでさらにそういえば、日本語をまったく話せない外国人でも
日本人同士の日本語の会話を理解しているということも、よくありますよね。
以前、旅先で、世界のあちこちを回っている日本人バックパッカー男子数名と
安宿の食堂で話をする機会がありました。
隣のテーブルではアメリカ人男性がひとり静かに本を読んでいました。
彼が日本語を解さないということはそれまでのやりとりで本人から聞いていました。
我々はただでさえちょっと周囲に迷惑なうるさい日本人の集団と化していたのですが、
ひときわおしゃべりな日本人男子が欧米諸国の旅の思い出を語っている時に、
「しっかしほんとに毛唐の連中ってさー!!」と
差別用語連発で欧米人に対する悪口を大声で言い始めたのでありました。
あまりにもケトウ、ケトウ、と連呼するので、こちらもやや不快になったのですが、
それ以上にあからさまにムッとした顔で我々のテーブルをにらみつけてきたのが
隣のテーブルの物静かなアメリカ人男性。
しかし「日本語わからないと言っていたけど、今はわかってるみたいですよ……」と
暗に伝えても、その日本人男子のケトウ攻撃はヒートアップする一方。
何かたまっていたものが彼にもあったのかもしれないけれど。
でもさ、もしも逆の立場でさ、自分が旅先でひとり本を読んでいる時に、
隣の席の米国人グループが「ジャップ、ジャップ」って連呼しながら盛り上がってたら、
ちょっといやじゃねーっすか?
ジャップというのはわかりやすすぎかもしれないけど、
まあ、というわけで、ね。わかってる、ぜーったいわかってるのさー!!(しつこいなり)

というかなんというか、
耳って自分にとってよい言葉かよくない言葉か明確に聞き分けることができるもの。
言語がなんであれ、繊細に聞きとっているものなんですよね~

かくいう私もバリ語はまったくわかりませぬが、
バリ人同士がバリ語で私について何か話をしている時はすんごくわかります。
彼らも私にはバリ語はわからないから大丈夫だろうと言いたい放題な場合が結構あるのです。
で、たまにたまりかねて「今、私についてこれこれこういうことを言ってたでしょ!」と指摘すると、
「えっ、どうしてわかったの!?」とビビりまくるバリニーズ。
だからさ、わかってる、わかってるってことなのさー!!

コメントの投稿

secret

ふんふん=33
鼻息荒く全くの同感です 同感
バリ語全くわかんないけど自分にとって
良くないこと言われてるときって絶対分かるもーん
言霊が放つ独特の空気感じゃないかと思うんですよねー
動物だってそう!人間の言葉はちゃんと
ニュアンスで分かってるんでつよね~

ちょっと話それますが、
うちのオスネコはワシのダンナラブで
どうしようもないファザコンなんすけど
ワシが夫と電話で話しているとき
必ずワシの膝の上に乗って電話に耳を
傾けて話を盗み聞きするんですよ
すごくないですか?
私が他の人と電話してる時はよってこないの
ダンナの時だけなんです どんだけダンナのこと
好きなんだ・・・ってあきれる反面
ワシのこともそのくらい想って欲しいもんだと
クヤチクなるんです~!!

それにしてもニャーちゃん カワユイですこと。
美ニャンコですよね~!

ケトウ攻撃参りました。

ニャーちゃんのこのショット大好き~★
もう何度でもアップしちゃってくださいにゃ。
クイっと軽くスナップきかせてるところも萌え萌え。

ウチのマミーはマメが来て1ヶ月くらい経った頃から、
「今日はいっぱいお話ししたのよ~」って
仕事から帰ってきたアタシに自慢するようになりました・・・
初めはこのオバハン大丈夫か!?と思ったんですが、
ちゃんと目を見て名前呼んだり、話しかけると返事するんですよウチの子!
「にゃ」とか「にゃにゃ」って短いけどちゃんと声に出すんですよーーー

ちょっと親バカ入りましたが、いやぁ~猫恐るべしです。

きゃっ、ニャーちゃん!!
本当に美猫ですよねー。
先日、めちゃめちゃ猫好きの友人と会って、色々話していて、確信しました。
ニャーちゃんはどこかの子になっていて、その飼い主さんが家から出さない主義の人なんだって。
そういうノラ猫の話をその友人から聞いたからです。
かくいう友人も、2匹迷い猫を飼っていて、やっぱり一歩も家から出していないそうです。
出さないくらいの人だから、絶対に溺愛してくれていると思うけれど、、、、。
でも、ニャーちゃんはやっぱりグヌンさんのニャーちゃんなのよ!

犬でも猫でも、こちらが悪口言っている時の表情はシラ~っとしているけど、褒めている時は目を輝かせてますよね。
絶対に人間の話はわかっていると思うなー。

アパさんアパさん

アパさん、こんにちは!

> 言霊が放つ独特の空気感じゃないかと思うんですよねー

これ!そうですわ、まさしくきっとそうなのですわー
的を射た表現、さすがです~!!

ケトウ攻撃はやや特殊?な例でしたが、
相手にはわからないだろうということを前提に、
わかられちゃまずいようなことを表に出しちゃっちゃー、まずいですよね。
自戒をこめて、つくづくそう思いますです……

それにしてもアパさん家のオスネコくん、すごい!!
電話を盗み聞きするだなんてー!!
そんなにもだんなさまの声が聞きたい……というよりも
もっとオスネコくんにしかわからない何かを電話の向こうから
感じ取っているのでしょうね。
ひゃあすごい~~!!
あまりにも素敵すぎるお話で、わたしもなんだかクヤチクなっちゃいますた!

> それにしてもニャーちゃん カワユイですこと。
> 美ニャンコですよね~!

うふっ。ニャーちゃんがいちばん好きなほめ言葉をありがとにゃん!

kotripさんkotripさん

kotripさん、こんにちは!

わ~ありがとうございます!
はい、何度でもアップさせていただきますっ(笑)
この「クイっ」、いいですよね~♪

私もニャーちゃんとはいろんな話をした思い出があるので、
お母様のおっしゃること、わかるー!って思いました~!
ちゃんと会話が成立している実感がすんごくあるんですよねー。
あーそれにしてもマメちゃんが「にゃ」とか「にゃにゃ」と返事をしているところを
想像しただけでめちゃ萌えちゃいます~(笑)
かわいいだろうなぁー。
いいなぁいいなぁ~!

hiyokoさんhiyokoさん

hiyokoさん、こんにちは!

そうですよねー、私もきっとそうなんだろうなぁと思ってます。
だってこれだけかわいいコですもの。しかも性格もほんっとにいいコなのですもの~。
意外とうちから近い場所で、大切にしてもらっていたりするのでしょうね。
ニャーちゃんが幸せに暮らしているなら何よりです…と思いつつも

> でも、ニャーちゃんはやっぱりグヌンさんのニャーちゃんなのよ!

っていっていただけるとやっぱりうれしいですー(涙)
もうその言葉だけで私は強く生きていけますっ!(←大げさ)

> 犬でも猫でも、こちらが悪口言っている時の表情はシラ~っとしているけど、褒めている時は目を輝かせてますよね。
> 絶対に人間の話はわかっていると思うなー。

そうそう、シラ~っとしてますよね(笑)
ワンコはちょっと悲しそうな顔をしたりもするし。
やっぱり絶対わかってますよねー!

カギコメさんカギコメさん

カギコメさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~!
もしかして私、アドレスを打ち間違えちゃったかしらん。ごめんなさい!
こちらからもお知らせいただいたアドレスにメールさせていただきますね!
そして念のため、いただいたコメントはブログ上からは削除させていただきますね。
どうぞよろしくです~!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)