猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する引っ越しバナ

LIFE

1ADSCF2316.jpg

最近、近々引っ越しをするため今その準備で大変なんっす~という
20代半ばの青年と話をする機会があった。
私もちょうど引っ越しを終えたばかりであり、
お互いにタイムリーな話題ということで若干盛り上がる。
そこで、ふと気になることを聞いてみた。

「ダンボールの数って全部でどのくらいになりそうですか?」

青年は即答した。

「中くらいのサイズのが、5つくらいですね」

えっ!!!!!

私がびっくりしているのを見て、青年が問う。

「5箱って、多いですかねー?」

ちゃうっ! 逆じゃ! 少ないのじゃー!!

なんといってもワタクシは、訪問見積りにきてくれた引っ越し業者さんに
「細かい荷物がかなり多い感じですよねー。
それでは一応ちょっと多めに、大・中・小30箱ずつ、
計90箱ご用意させていただきますー」
と言われた荷物持ち人間なり。

きゅ、90箱って、あーた……と思う間もなく、
90箱分のダンボールが宅急便で送られてきたのだけれど、
その90箱を置いておくスペースがそもそもうちにはなかったのであった。
もちろんダンボールを畳んだ状態であっても相当邪魔。
なので40箱分は送り返させてもらった(見積り時にそんなにいらないよというべきじゃった)。
残った50箱もまだ多すぎると思った。
「こんなに使うわけないよなぁ」とブツブツ思いながら荷物を詰めていった。
するとこれがまた結局なんだかんだでほぼ全部使ってしまったのである。
我ながらオーマイガッな荷物の量であったことよ。

片やその青年は5箱。
身軽でうらやましー!! と一瞬思った。
しかしよく考えてみれば彼は20代。
地方から上京してきて最初に住んだアパートから別のアパートへと、
初めて都内で引っ越しをする一人暮らしの若者。
振り返れば私も20代の頃は赤帽の小さなトラック一台で
引っ越しができていたのであった。
それから倍近く生きてるんだから、そりゃ荷物だって増えるってものよねー。
ふむふむそっか、そーゆーことかぁ(なんのこっちゃ)

所有物の量は年齢に比例して増えていく……ものなのだろう、きっと
(その量自体には個人差があれども)。
でもこれから老後に向かって反比例させていきたいなぁという気持ちはとてもある。
そして、老いて死ぬ時には限りなくゼロでありたいなぁと
(誰に自分の遺品を整理してもらうことになるのかもわかりませんしー←切実な問題)。

1ADSCF2313.jpg

ところで今回の引っ越しに関して、私がお願いしてよかったなと思った
業者さんやお店のリンクを自分メモとして貼っておきます。
個人的に結構こういう情報収集に何気に難儀したもので、
物の処分や引っ越しをお考えの方に少しでも参考になれば幸いです
(基本的に関東エリアのことになってしまいますが)。

●本の買取をしてくださったところ
有宝堂

↑こちらは全国対応。メールで無料査定をしてくれます。
買取価格も自分としては納得&満足。入金なども迅速。


●CDの買取をしてくださったところ
ディスクユニオン

↑こちらも全国対応。お願いすれば送付用のダンボール箱も無料で送ってくれるし、
その際にディスクユニオン宛の宅急便の着払いの伝票もつけてくれるし、何かと至れり尽せり。
こちらもメールで査定の結果を送ってくれます。

●家具の買取をしてくださったところ
チェリーズマーケット

↑とは別の家具買取ショップにメールで家具数点の画像を送り査定をしてもらったところ、
「(買い取る価値はないので)3万円で引き取りになります」という返事が。
買取の値段がつかないにしても、なぜ引き取ってもらうのに3万円もかかるの~と
かなりブルーになりながら、一銭にもならないのを覚悟で↑のショップに連絡。
するとちゃんと約束通りの日時に自宅に来て、
ちゃんとひとつひとつの家具をチェックし、買い取ってくれました。
ありがたや。

●家電の引き取りをしてくださったところ
無料回収ドットコム

↑こちらも明朗会計なので安心。
私の都合で夜に引き取りにきてもらったのですが、
さくっと作業していただけたのも助かりました。
ちなみに引き取ってもらったのはアナログテレビ2台、全自動洗濯機、
ビデオデッキ1台、DVDデッキ2台。

●引っ越し業者さん
ムービングエス

↑とにかく速い、安い!
料金に関しては別に見積りをお願いした大手運送会社の約3分の1、
と比較するまでもなく激安だったなぁ。。。
時間に関しては近距離間での引っ越しだったというのもあるけれど
1時間半くらいですべて終了。
だからといって仕事が雑だったりとかいうことはいっさいなく、
まさに迅速かつ丁寧。
感じよくテキパキと作業をして下さり、感謝感謝!!でした。