猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示する後方不注意

LIFE

1le3.jpg

かつて大好きだったノートの表紙(劣化激しい画像でスミマセヌ)。

そうなのだよねー、人間、うしろには目がついてないからねー。

うしろ! うしろ!

と結構マメに自分に言い聞かせなくてはならんとです。

後方不注意は大変危険どす。

あれは忘れもしない……まだ日曜日の原宿でホコ天が盛大に行われていた頃のことじゃった。
グヌンは友だちとふたりでホコ天バンドの演奏をぼーっと見ておったのじゃった。
芝生みたいなところに体育座りして、ぼーっとな。
その間、グヌンはバッグを自分のおしりの辺りに置いていたのじゃった。
ぼーっとな。
そのバンドを観ているのは我々だけだったので座っているスペースも広々、
リラックスしていたのじゃった。
ぼーっとな。

バンドの演奏が終わり、さてほんじゃま我々もほかのとこに行くべか。
と立ち上がろうとしたその時に気づいたのじゃった。
自分のおしりの辺りに置いていたはずのバッグがないことを。

えっ。

青ざめるグヌン。

バッグはあった。
ちょっと離れたところに無造作に投げ捨ててあったのじゃった。
バッグの中身もあった。財布もあった。

じゃが!

財布の中身はなくなっていたのじゃった。

じゃが!

クレジットカードはなぜか残されていたのじゃった(それは助かったよぉまじで)。

じゃが!

とにかくほとんどその月の全財産だったともいえる現金は
きれいさっぱり消えていたわけで。

真っ昼間だったけど、目の前真っ暗~

でもさ、そりゃそういうことも十分起こりうる状況だったということなのじゃ。
手荷物を自分の後ろに置いとくって、どんだけぼーっとしているのじゃー!!!!!!
そりゃ狙われますわな、あれだけぼーっとしてたらのう。

そんなこともありまして、

うしろ! うしろ!

これが大事なのじゃよう~~実にね。

それにしてもいくらぼーっとバンドの演奏に聴き入っていたとはいえ、
背後に忍び寄る盗っ人の気配にはまーったく気づかなかったのじゃった。
感心することじゃあないけど、すごいよなぁ、ぬすっと。

ほかにもいろいろと後方不注意ゆえのお恥ずかし話はあるのじゃけれど
もちろんそんなことはなんの自慢にもなりまへん。

うしろ! うしろ!

とこれからも言い聞かせていく所存であります。
はああ。

1le4.jpg

花くまさん、大好きっす。