猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するさるののうみそ

過去の旅



色褪せすぎな写真ですが、1993年3月、タイのホアヒンでのひとコマです。
約5日間ほどの滞在中、地元の旅行代理店主催のワンデーバスツアーに参加しました。
この写真はそのツアーの目玉のひとつ?で、
猿が椰子の木に登って実をもぎとってくる、というショーをウォッチングしているところ。
椰子の木を見上げているのは、ドイツ人のドクターの方々です
(このツアー、私以外はこのドイツ人のお医者さんチームで固められていたのどす)。

器用に椰子の実をもぎ取る猿を見ながら、
ひとりのドイツ人ドクターが私に話しかけてきました。

「ねえ、日本人って猿の脳みそ、食べるんでしょ?」

「えっ、食べませんよ」

「嘘だぁ~、だって僕はテレビで観ましたよ、
日本人が猿の脳みそを食べているところを」

「それ、日本人じゃありませんよ。日本人は食べませんよ。
っていうか私は食べたことありませんよ」

「いや、だって僕はテレビで観たんだから。
日本人、おいしそうに食べてましたよ」

まわりのドイツ人の皆さんもその言葉にうんうんうなずき、
「日本人ってすごいよねー猿の脳みそ食べちゃうんだからー」と
なんだか少々小馬鹿にしているようなニュアンスを含む笑顔で
私をにやにやと見つめていたのでした。


あまりにもきっぱりそう決めつけられたので、
もしかして私が知らないだけで、
猿の脳みそを食べる日本人もいるのだろうか?
ともやもやした疑問が生まれてきました。

そこで後日、別の街で出会った日本人旅行者に尋ねました。
「日本人って猿の脳みそ食べるでしょ、ってドイツ人に言われたんだけど……」

するとその人は、
「猿の脳みそを食べるのは中国人だよ」
とあっさり即答。


私は実はそれまでそのことを知りませんでした。
今は中国人がさまざまな「食材」を食していることは知っているけれど、
猿の脳みそを食べているところはいまだにテレビでも見たことがありません。
それにしても自分の無知さをいろいろな意味で恥じました。

そして博識なはずのお医者さんでも、遠くドイツからの目線となれば、
日本人も中国人も見分けがつかないのはもちろん、
文化なども全部ひとくくりで把握されている部分もあるのかもしれないなぁ、
という事実?も、その時初めて身をもって知りました。


所変われば常識も認識も変わるものなりね?????



ちなみに個人的な気持ちとしては。
猿の脳みそを食べるという話には最初はびっくりしたけれど、
もしもそれをかの地でおもてなしとして供されるような機会があった際には、
ありがたくいただくことのできる人間でありたいと思います。


コメントの投稿

secret

こちらにもこんばんは!
サルの脳みそだと知らずに出されたら
白子気分で食べれるかもしれないw
でもタガメとかは見た目でお断りすると思います。
断れる自分になっちゃってるのが少々心苦しくもあるんですが(汗)

私もいろんなところで猿の脳みそとまではいかなくても
日常で日本人が思いつかないような食材を
「あなた達って○○も食べるんでしょ?」って言われたことが
多かったんですけど(食事だけでなく習慣に関しても)
あーまた中国人と間違えてるな~って勝手に解釈して
真相は知らないのに 「それ中国だと思うよ」って答えてましたw
食物に関しては多分あたってると思うんですが
バリでNARUTOグッズを見た時は、「それ、中国ちゃーうん」って
本気で思い込んでたし、私が知らないだけで日本発祥なのもある
と知った今、うかつに答えられないなーなんて思ってるんですけど
その点、やまさんは昔から誠実だわーと
これを読んで自分を反省ました。あははw

猿の脳みそ食べる中国人を私もテレビで
見たことあります~
衝撃だったけど鯨を食べる日本人も
他の国からしたら衝撃なんだろうし
そういうこととなんら変わりがないのかなって思ったりしました。
私もgunungさんと同じでおもてなしということでそういったものを出されたら臆することなく食べることが出来る自分でありたいと思っています^^
色んな国があるのだから色んな食べ物が
あって当然なんですよね~。
そういう意味で私西原理恵子さんの
旅に対する姿勢が好きなんです^^
あの人は子連れで虫を出されたら子供と
一緒に虫を食べる(笑)
私はそういう西原さん、すごいなぁと
いつも感心しております^^
自分に出来るかって言ったらそのときに
ならないとわからないけど(爆)

グヌンさん、こんにちわ♪
それにしても、そのドイツ人達はお医者さんで高学歴のくせに、
そんな質問するなんてどうかと思いますね~。
純粋な好奇心というより、アジア人は野蛮だと言わんばかりな感じですね。
私だったら食べたことなくても、「ジャガイモより数万倍ウマいのよ~ん♪」って言い返してやりますワ。
(実際、白子っぽくておいしそうだし・・・^^;)
漫画の知識なんで、テキトーですが中国では猿の脳みそって高級食材らしいです。あと熊の手とかも。
ちなみにアタクシ、メヒコで昆虫の揚げ物をいただきました~(間違ってオーダーしたんですがっ)
独特の酸味があって中々おいしゅうございました(笑)

gunungさん、こんにちは♪
勝手にやってきました。

猿の脳みそ、中国人が食べてるところはみたことがありませんが、
インディジョーンズの確か2で食べるシーンがあったような・・・。
うちのダンナは香港の屋台で豚の脳みそは食べたことがあるそうです。
食文化、ほんとにいろいろですよね。
郷に入っては郷に従えで、出されたものはなんでもありがたくいただける人間になりたいとは思うのですが、
いざ、目の前にしたら、自信ないかもです。

勝手にリンクもいただいていきます!

viajeraちゃんviajeraちゃん

こちらにもありがとう!

タイチョのコメントを読んで、自分の不誠実さを思い出したワ(汗)
私もタガメゴレンをかつてOPP家で出していただいたことがあるんだけど、
その時はどうしても食べることができませんでした……
ああ、こんなことを書いておきながら~

そしてNARUTO! 私もバリで初めて知って、
バリの友人たちに「それは日本のマンガじゃないと思うよ」とか
めっちゃ平然と言ってたよ~

まったく厚顔無知なことでお恥ずかしいでごわす。失礼しました~!
私も反省しております。

いやしかし日本も中国も奥深いですね。
海外に行くと日本人として異国の方々と接する場面が
当然のことながら増えるので、やっぱりいろいろと
知識は蓄えておくべきなのねーと改めて思いましたです~。

アパさんアパさん

アパさん、こんばんはー!

アパさんはテレビでご覧になられたことがあるんですね。
当時は想像しただけでもちょっと衝撃でしたが、
アパさんのおっしゃるとおり、他の国から見たら日本の食文化にも
衝撃的な部分はいろいろあるということなんですよね。


しかしタイチョへのレスにも書いたのですが、
こんなことをエラそうに書いている私ですが、
かつてバリで出していただいたタガメが食べられなかったのでありました…。

西原さんはほんとにすごいですねー。素敵です。
旅先ではそのようにありたいものだなぁと憧れてしまいます。
その国で仲良くなった人がごちそうとして出してくれたお料理は
やっぱりありがたくいただきたいですよね、できる限り……。
そのおもてなしの気持ちは本当にうれしいものだと思うし。

と思いながらもタガメがダメだった過去……
ほんと、そのときにならないとわからないものですね(汗)

KotripさんKotripさん

Kotripさん、こんばんはー!

「ジャガイモより数万倍ウマイのよ~ん♪」って、私も言えばよかったぁ(笑)!
でもそうなんですよね、ドイツ人ドクターチーム、みんないい人でしたが、
この件に関しては微妙な偏見の空気を感じてしまいました。
多かれ少なかれ、人類皆野蛮なのに(←って言い過ぎかしら)
でもそれで「もしかして私が知らないだけ?」と思った私も相当阿呆でしたが(恥)

Kotripさん、間違ってオーダーした昆虫の唐揚げも
ちゃんと召し上がったんですねー!素晴らしい!
しかも中々のおいしさだったとは。
食べたからこそ言えることですねー、素敵。
もし私にもそのような機会が訪れたら、Kotripさんの言葉を
ぜひとも思い出して、挑み(?)たいと思いますー。

ジオさんジオさん

ジオさん、こんばんはー!
わ~お越し下さってうれしいです!ありがとうです~!!

おお、インディジョーンズ2にそんなシーンがあるのですね。
今度観てみたいと思います。
そして香港の屋台で豚の脳みそ料理を出しているところがあるんですねー。
歌舞伎町の中国料理店でも出しているところがあるんですよね。
私も豚の脳みそはバビグリンでいただいたことがあるのですが、
まさに白子な感じで美味しかったです。

でもほんと、いざ目の前にしてみないとわからない部分はありますねー。
私もかつてタガメはダメだったし……
でもでもなんというか他国の食文化を否定するような言動とか態度には
ほんと気をつけたいと思います。
ありがたくいただくということとはまた別の話ですが(汗)

リンクありがとうございます。
これからもどうぞよろしくです~!

私もインディージョーンズ2で観て衝撃的でしたが、その後、私の友人のお友達が出張で中国の僻地に行った際、最高のおもてなしということで、猿の脳みそが出されたそうです。
それは、まさに映画さながらの光景だったようで、、、。
その方、やはりここは食べなきゃいけないと思って、何も考えないようにしていただいたそうです。
私に出来るかなー。たぶん、出来ないかも、、、。

gunungさん、こんばんわぁ♪
猿ののうみそ、ぽめも聞いたことあります。中国人は食べたことあるって。
中国人は椅子とテーブル以外の4本足は全部食べちゃうってギャグ?も聞いたことあります。
そのお国によって食文化も違ったりしますからね。
でも、私もkotripさんの意見に賛同ですね!アジア人は野蛮だと言わんばかりな感じですよね。
やっぱり欧米人ってそういう偏見がまだまだ残っているんですかね、なんだか悲しくなっちゃう。
ぽめの実家だっていなご食べるし。くま(岐阜)地方はへぼ(蜂の子)食べるし。おいしいんだよ!
最初は、バリの食べ物も、げぇ~!って思ってた時期もあったんですが、今はマサカン・バリ、大好きです!
げぇ~!って思ってた時期は損だったなぁって今になったら思えます。

グヌンさん、よくその場をしのぎましたね。
わたしなら37564です。

アジアをひとまとめに蛮族の地と嘲笑し、攻撃してくるクズ毛〇どもが問題なのであって、
猿の脳みそや鯨を食べるのがいいか悪いかのことではないでしょう。

グヌンさんてすごく真面目で思慮深くて、記事を読んでると切なくなります(←鬼の目に涙)
あ、「~じゃった」シリーズでは笑ってるけどね!

hiyokoさんhiyokoさん

hiyokoさん、こんばんはー!

うわぁ、身近にそのおもてなしを受けられた方がいらっしゃったのですねー。
「最高のおもてなし」という響きにはとてもときめくものを感じますが、
しかし実際目の前にしたら自分もほんとにどういう気分になるのかなぁ……。
「ありがたくいただきたい」という気持ちはありますが、
「私に出来るかなー」という想像力が自分には足りなかったなぁと思いました。
とりあえずインディジョーンズ2、観てみます~!

ぽめちゃんぽめちゃん

ぽめちゃん、こんばんはー!

うんうん、私も今はその中国の食文化にまつわるギャグは何となくわかります~。
ごく一部しか知らないけれど、でも知れば知るほど、
食べられないものって実は世の中にないのかもという気持ちになります。
食文化的にもかなり興味深い国ですねー。

欧米人のアジア人に対する偏見っていまだに結構ありそうですよね。
もちろん人によるとは思うのですが。
でもそれをあからさまに表現されるのはちょっとね!

いなごは私も子供の頃よく河原にとりにいったわー。
それを母親が佃煮にしてくれてね。甘くて香ばしくて好きだったなぁ。
しかしバリのタガメはダメじゃった(←しつこいでつが)
ぽめちゃんはいけそうですね!?

そういえば逆にバリ人に「日本人は生の魚を食べるなんて、げぇ~っ」と
言われたこともあるけど、それはそれで面白かったです(笑)

yoyatoraさんyoyatoraさん

yoyatoraさん、こんばんは~!

いえいえ、この時は37564にしたいと思うほど
状況を理解していなかっただけなんですよ~。
だって「もしや日本人って猿を食べるの?」っていう疑問で
逆に頭がいっぱいになっちゃってましたから(笑)
思慮深いのではなくただの物知らずのアフォです、とほほー。
なのでぜひとも笑っていただけると幸いです(←真面目)

でも、

>猿の脳みそや鯨を食べるのがいいか悪いかのことではないでしょう。

これはほんとそうですよね。
このことに関してはいつももや~っとした感情が湧き上がってきてしまいます。
いつか「じゃった」調で語ってみたいのじゃった(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)