猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するCan you speak English?

過去の旅


↑本日もロスカボスby古いポジフィルム


"Can you speak English?"

と外国人に聞かれたら、

"a little"

と答えます。

もちろん、誇張も謙遜もいっさいしておりませぬ。
まったく話せないとはいわないけれど、
あくまでも"a little"な私の英会話レベル。
どのくらいの"a little"っぷりなのかといいますと……


あれはロスカボス(カボサンルーカス)のカフェで
ひとりコロナビールを飲んでいた時じゃった。
その店の常連客らしい双子のメキシコ人男子が私のテーブルにやってきて、
やはりこの質問を投げかけてきたのじゃった。
"Can you speak English?"

私はもちろんいつものようにこう答えたのじゃ。
"a little"

そんなやりとりの後、なぜか彼らと一緒に飲むことになったのじゃった。

その双子はあまりにも端正な顔立ちの美形メンズで、
しかもものすごく知的な青年たちなのじゃった。
会話の運び方もとても上手で、笑いのセンスも冴えまくり。
私はすっかりテンションが上がり、ゲラゲラ大笑い。
彼らの英語はスペイン語なまりがあって所々聞き取りにくいのだけど、
そして私の英語も日本語なまりがあって聞き取りにくいようなのだけど、
でもとりあえずこんなに英語で会話が楽しめてるってことは、
私の英会話能力も案外捨てたものじゃないのでわ!?
なーんて内心ちょこっとうぬぼれたりもしたほどじゃったよ。
なにせすぐに調子に乗るタチなもんでの。ワッショイ!

しばしそんなふうに歓談していると、我々のテーブルに
金髪のきれいなおねえさんがやってきたのじゃった。
彼女もそのお店の常連さんらしく、双子とも親しげな様子。
「その女性は?」と初対面の私のことを双子に尋ねるおねえさん。
「日本からきたツーリストだよ」と双子。
「あら、そう。英語は話せるの?」とおねえさん。

え、ええ、ほんの少しですケド……と私が控えめに答えようとしたその瞬間。
な、なんと双子のやつらが先に!!

"a little"

と私に代わって速攻で即答(爆)
しかもふたりで声を合わせてハモリやがったじぇ!!
ひい~っ

オ……オイッ
セ、セメテ、ソレハワタシニイワセテクレヨ~~~~(グヌン ココロノサケビ)

かくして外国人からもめでたく認定された私の英会話レベル……"a little”。
もしも英検に"a little"級があるならば確実に一発で合格じゃ。

ね。
決して誇張でも謙遜でもありませんことよ。

でも自慢にもなりませんことよ。
オホホホホホホ~(←笑い事でもありませんことよ)

コメントの投稿

secret

No titleNo title

gunungさん、おはようございます。
 a little認定おめでとう★(笑)
 いや~、でも、そこだけは自分で言いたかったですよね。

 思い出しました。
 コスのibuとほんの少しの会話を聞きつけた近所のibu
「bisa bhs indonesi?」ととても興味津々に聞いてきました
 ええ、私の目を見て、私に向かって。
 なのに即答でコスのイブが「sedikit aja~」
  そこだけは答えさせてくれぃ!
 たしかにsedikit aja かもしれんが・・
 それはそれでbenarなのですが・・・
 

No titleNo title

∵pipiちゃん
こんにちは~!
えへへ、ありがとう(笑)
でもそうなのよねー、ホントのことでも他人様に言われると
ビミョーな気分になってしまう複雑な人間心理なりよ(爆)。
そしてpipiちゃんもバリでそんなことが! その時の胸中お察し致します。。。
でも私も同じようなことがあったかも~というかいっぱいありすぎて思い出せない(笑)
でも逆に、bisa~、とか、pintar~、とかお世辞を言われるのも
ちょっと恥ずかしかったりするんだよねえ。
ほんと複雑すぎな人間心理なりよ~(笑)

No titleNo title

グヌンさん、久々のじゃったシリーズ!ウケル!!!(≧m≦)ぷっ!
調子に乗りやすいもんで、ワッショイ←これもかなりきました!!!(≧m≦)ぷっ!

a littleじゃないじゃん。
会話できてるんだから充分!
私もlittleって答えるよ。たまに単語がわかる程度だけど(* ̄m ̄)プッ

いや~じゃったシリーズ。笑った笑った♪また頼むね!!(^з^)-☆Chu!!

No titleNo title

∵えこさん
こんばんは~!
ウケてもらえてめちゃウレシイっす!!!
自分でもこの時のことを思い出すとおかしくてさ~。
だってホント、この時は自分にしてはよくしゃべってたつもりだったのよ、慣れない英語で~
それなのにヤツらにはキッパリとa little認定されちったんだから!
どんだけlittleなのじゃぁ~!と自分で自分を笑うしかないのじゃったよ、トホホ~(爆)

でも笑ってもらえてほんとうれしい~!こちらこそまたよろしくネ、うふ☆

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)