猫とワタシ

BACK TO BACK

背中合わせのNight&Day

この記事のみを表示するハロウィーン@NYC'02

NYC



今週末はハロウィーンですね!
ということで'02年の初NY旅の時の写真をひっぱり出してきました。
ニューヨークシティ郊外のとある住宅街で撮影したハロウィーンデコレーションです。
(もともとあまりよくない写真を強引にトリミングしているため、
ちょっとお見苦しくて失礼致します)



どの家のお庭も、ほんとはもっと電飾ピカピカでスゴかった!



そして、とってもかわゆかった!



「ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、
精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。」

とウィキペディアの『ハロウィン』にありましたが(リンク貼れずすみませぬ)、
そういう意味合いでは若干、バリ島のオゴオゴに近い部分もあるような気もしたりして……。
と、ちょっと自分の趣味(?)にこじつけてみましたが、
そういう意味とか成り立ちとかあまりよく知らなくても、
こういう世界はただ見ているだけで
かなーり楽しくなってしまうものなのでありました♪ 好きだわー。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

最近あちこちのブログがハロウィン仕様になっているね~。
東京に来てからハロウィンパーリィーに参加することが多くて、東京っぽいな
とひそかに思っていたのでした。地元にはハロウィン文化はなかった気がする。
NYのハロウィン写真はメキシコの死者の祭りの写真かと思いました。笑
言われて見ればオゴオゴもメキシコの死者の祭りもなんとなく根っこが似てるよね~。
でも、空港を閉鎖して本気で居留守を使うバリはやっぱりすごいと思う。

ちゅうことで、東京に戻っております。バリ飯行きましょう!!

No titleNo title

∵ウ子ちゃん
おはよう~!
ウ子ちゃんはハロウィンパーリィーにたくさん参加されてるのねー。いいなぁ~!!
私も仮装がしたいぜ(爆)
NYの人々の仮装(コスプレ?)はかなり素敵で釘付けでしたが、東京もほんと増えたよね、
ハロウィンに仮装する人々(外国の方々がやはり多いようだけどね)。

メキシコの死者の祭りもいつか絶対見てみたいもののひとつなのです~!
しかし確かにバリはすごい。「本気で居留守」というウ子ちゃんの表現も
素晴らしいですわ!!

実はいただいたコメント、今朝拝見しまして……昨日いただいていたことを
知らずにメールしてました~!
夕方いただいたメールもついさっき気がつきました。すみませぬ~
とまた思いっきり私信になってしまいましたが、またメールします!!

No titleNo title

∵カギちゃん
こんばんは~!
そうなのよー!私もちょっとびっくりでした~!
でも確かに、予定が重なる時って重なるよね、なんだかね。
ではでは来週ね♪楽しみで~~~す!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)